太陽光発電を設置する時の屋根は瓦がいいの?トタンがいいの?

瓦でもトタンでも太陽光発電はメリットがでる

太陽光発電を設置する上で屋根の材質は発電にさほど関係ありません。

しかし、一般家庭ではあまりありませんが8kWとか9kWのシステムが乗るような広くて大きな屋根の場合、瓦の重さだけでも数百kgにもなります。

その上に大量のモジュール(パネル)と架台を設置するとなると屋根にかなりの負担がかかることになります。

それでも今の日本の家屋はしっかりしているので建設されて10年前後であれば問題ないかと思いますが、10年以上経過しているような家屋だと瓦屋根のお宅に大量の太陽光発電発電システムを設置するには少々心配な部分があります。

しかし、太陽光発電設置の前には必ず施工業者が実際に屋根に登って現地調査と言われるものを行います。

問題があるような屋根や家の作りであればここの部分で発覚しますのでそれほど心配もありません。

ということで、瓦屋根でもトタン屋根でも太陽光発電が設置できる屋根であれば発電メリットに大差はありませんが、瓦屋根の場合には、太陽光発電の重量も気にする必要があります

施工方法を確認しましょう

屋根の材質によって太陽光発電は施工方法が変わってきます。

太陽光発電の施工で最もポピュラーなものはアンカー工法(垂木固定方式)と言われる、屋根の垂木にアンカーと言われる架台を固定する為の金具を設置するやりかたですが、屋根に穴を開けて金具を設置するので少なからず屋根が痛みます。

屋根をなるべく痛めずに太陽光発電を設置することを希望するのであれば、瓦屋根であれば支持瓦工法、トタン屋根であればキャッチ工法やシンプル・レイなどがおすすめです。

ただこれらの施工方法はまだポピュラーではないので施工業者のスキル不足などが懸念される部分ではあります。

特に最近話題になっているシンプル・レイ工法は架台の重さを利用して太陽光発電を設置する施工方法ですが、行える施工業者がまだ少ない点や本当に安全面はクリアされているかなどが課題となっています。

当サイトでも各都道府県の販売店をご紹介していますが、シンプル・レイ工法を行える所は下記だけになります。

私は、トタン屋根に施工実績豊富な業者でシンプル・レイ工法で設置することをおすすめしています^^

メンテナンスも楽ですし、雨漏りリスクもありません^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事