近頃話題のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の考え方がとてもスマート

最近よく耳にするのがネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House以下ZEH)なるワード。

ゼロハウスとか呼ばれていますね。

このゼロハウスの考え方が最近の主流で、私的にもエコ的にも経済的にもとても良いと思います^^

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとはいかなるものなのか見てみましょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは省エネではなく創エネ

簡単にネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの事を言ってしまえば、自分の家で作った電気を自分の家で使って1年間の消費電力をゼロにしましょう!という考え方です。

そして消費電力ゼロの主力としては以下があります。

  • 太陽光発電
  • オール電化
  • 電気自動車
  • 家庭用蓄電池

今までの考え方は、太陽光発電で作った電気で節電しましょう(省エネ)というものでしたが、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの考え方から省エネではなく創る電気(創エネ)に力を入れましょうが主流になりつつあります。

日本政府も2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを日本の標準的な住宅にするという政策も打ち出されています。

これによって、ますますネット・ゼロ・エネルギー・ハウスが増えて、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの増加とともに太陽光発電も普及していく流れとなるでしょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのキモは太陽光発電

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの一番のキモはなんと言っても太陽光発電です。

これの理由は明快で、いくら家庭で省エネ製品を意識的に使ったとしても創り出される電気が少なかったら元も子もありません。

太陽光発電の業界も大量生産の動きとともに価格の下落が毎年起こっていて、さらなら性能が期待できる時代ですが、それとともにどこが一番良いのか分かりづらい時代にもなってきました。

つい住宅メーカーで太陽光発電を扱っているからと言って、お願いしてしまいがちですが、住宅メーカーで扱っているメーカーは基本的に数が少なく日本のオシャレな屋根には不向きなパターンが多いです。

『餅は餅屋』という言葉があるとおり、太陽光発電は太陽光発電屋さんにお願いするのが一番です。

それはやっぱり太陽光発電においての実績だったりアフターサポートが住宅メーカーとは段違いだからですね。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの為にも自分の家に合った太陽光発電を設置するようにしましょうね^^