ZEH(ゼッチ)のキモは太陽光発電であるワケ

ZEHとは

最近よく耳にするのがネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House以下ZEH)なるワード。

ゼロハウスとか呼ばれていますね。

このゼロハウスの考え方が最近の主流で、私的にもエコ的にも経済的にもとても良いと思います。

ZEHとはいかなるものなのか見てみましょう。

簡単にZEHの事を言ってしまえば、自分の家で作った電気を自分の家で使って1年間の消費電力をゼロにしましょう!という考え方です。

そして消費電力ゼロの主力としては以下があります。

  • 太陽光発電
  • オール電化
  • 電気自動車
  • 家庭用蓄電池

今までの考え方は、太陽光発電で作った電気で節電しましょう(省エネ)というものでしたが、ZEHの考え方から省エネではなく創る電気(創エネ)に力を入れましょうが主流になりつつあります。

日本政府も2020年までにZEHを日本の標準的な住宅にするという政策も打ち出されています。

これによって、ZEHの増加とともに太陽光発電も普及していく流れとなるでしょう。

ZEHのキモは太陽光発電

ZEHの一番のキモはなんと言っても太陽光発電です。

これの理由は明快で、いくら家庭で省エネ製品を意識的に使ったとしても創り出される電気が少なかったら元も子もありません。

太陽光発電の業界も大量生産の動きとともに価格の下落が毎年起こっていて、さらなら性能が期待できる時代ですが、それとともにどこが一番良いのか分かりづらい時代にもなってきました。

つい住宅メーカーで太陽光発電を扱っているからと言って、お願いしてしまいがちですが、住宅メーカーで扱っているメーカーは基本的に数が少なく日本のオシャレな屋根には不向きなパターンが多いです。

『餅は餅屋』という言葉があるとおり、太陽光発電は太陽光発電屋さんにお願いするのが一番です。

それはやっぱり太陽光発電においての実績だったりアフターサポートが住宅メーカーとは段違いだからですね。

ZEHの為にも自分の家に合った太陽光発電を設置するようにしましょうね。

スマートハウスとは

最近『スマートハウス』というワードをテレビや雑誌などで目にする機会が増えたように感じます。

なんだか響きの良いフレーズですが、その意味をご存知でしょうか?

そもそもスマートハウスという概念は1980年代にアメリカで流行った考え方で、住宅に最新家電を備え付けた住みやすい家というのがそもそもの意味になります。

そして最近では、スマートハウスの概念も様変わりし太陽光発電を設置して住宅をHEMS化することを意味するようになりました。

太陽光発電がもたらしてくれるスマートハウスライフをご紹介します。

太陽光発電がもたらすスマートハウスライフ

クリーンなエネルギーで暮らす

太陽光発電によってCO2を排出しない地球に優しいクリーンなエネルギーの中で暮らす事ができます。

低炭素社会の実現に向けて一軒一軒のスマートハウスライフが一番の効果があります。

ライフスタイルに合わせて家電が進化する

各家庭によってライフスタイルが変わり、電力ピークの時間帯も変わってきます。

そんな各家庭に合わせて稼動時間などを変更してくれる家電の中で暮らせます。

具体的には人感センサーが搭載されている照明やプラズマクラスターなどの空気清浄機の風量も最適なものに切り替わります。

電気自動車でガソリン代節約

プラグインを搭載した電気自動車は家庭用のコンセントで充電が可能です。

これによって太陽光発電で作った電気を蓄電装置に貯めておき、その電気を充電すればガソリン代の節約ばかりでなく、低酸素社会への取り組みにもなります。

蓄電がもたらす安心

昼間に太陽光発電によって作った電気を蓄電します。

そうすることによって、太陽が出ていない夜間も電気を買う事なくまかなう事ができます。

また、震災時などの万が一の時にも蓄電しておけば電力会社に頼らずに生活することができます。

外出先から遠隔で電気のコントロール

スマートフォンなどで、リアルタイムの電気の使用状況が確認できます。

そして、使いすぎていればエアコンの温度の調節や電気の消し忘れなどにも一役買ってくれます。

確かに、スマートハウスでは最初に投資する部分はありますが、長い目で見れば経済的にもメリットのある経済的にも環境的にも優しいライフスタイルと言えるでしょう。

しかし、環境的には良いと分かっていても経済的に無理をして太陽光発電を導入するのでは本末転倒です。

まずはメリットが出るかどうか自分の家に合った太陽光発電を見つける所から始めましょう。

スマートメーターによる管理

スマートメーター太陽光発電の設置によって、、今までのアナログのメーターからデジタル式のスマートメーターへと変わります。

スマートメーターでは、自動的にデータ計測しを遠隔地に送ることができるという特徴を持ちます。
その為、検針の必要がありません。

またスマートメーターでは30分単位でのデータ計測が可能なので、より細かく電気の使用量を確認できます。

ZEHまとめ

太陽光発電の普及が2017年時点で10%になっていことを考えると、これからますますZEHは増えていくことが予想されます。

いきなり全ての設備をZEH使用にしてしまうのは金銭的にもかなりの額がかかりますし、家族も慣れるのに時間がかかることでしょう。

そこで住宅を少しづつZEHに近づけていくことで金銭的にも大きな額はかからず、徐々に移行することができます。

ZEHの主役が太陽光発電であることを考えると太陽光発電からの設置をおすすめします

太陽光発電の設置は省エネではなく創エネと言われていて、節約ではなく電気を作ってくれて電気を売ることができるため、設置前よりも豊になるお宅もあります。

もちろん全てのお宅でそのようなメリットが得られるわけではないので、まずはZEHの検討も踏まえて太陽光発電のシミュレーションをおすすめします。

メリットが出るようであれば前向きに検討するようにしましょう。
おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『5社からの見積もりを希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ公式ホームページ