陸屋根ですが太陽光発電は設置できますか?費用は?

陸屋根にも太陽光発電は設置可能

大抵の屋根には傾斜が付いていて、その傾斜に太陽電池モジュールを設置します。

しかし、オシャレな屋根で平らな屋根も存在し、その屋根の事を陸屋根(ろくやね)と言います。

陸屋根の太陽電池モジュールの設置も特別なものではなく、通常の施工でも用いられる架台で固定します。

そして、陸屋根には傾斜がありませんから太陽電池モジュールが一番発電されると言われている真南の方角に30度の角度に架台を設定して固定します。

という風に陸屋根にも太陽光発電は設置できますが、普通の傾斜がある屋根に比べて陸屋根への設置には架台を多く使うのでそのぶん費用が若干高くなります。

費用は若干高くなりますが、太陽電池モジュールが一番効率よく発電する角度へ設置できるので、陸屋根への設置は良い面と悪い面の両方がありますね。

陸屋根に太陽光発電を設置する際に注意点

陸屋根に太陽光発電を設置する時には2つの注意点があります。

一つは、影による影響を加味することです。

勾配屋根にモジュールを設置する場合には屋根傾斜にあわせて取り付けるためモジュール間の影の心配はありませんが、陸屋根の場合は他のモジュールに影の影響が及ばない間隔を取る必要があります。

二つ目は、材質に軽量気泡コンクリートパネルのALCボードを使っている陸屋根では吸水性が高いため穴を開けることによって雨漏りのリスクもあります。

ALCボードへの設置に関しては、すでにクラック(ひび割れ)が起きていないかなどの劣化具合をよく確認したうえで太陽光発電を設置する事をおすすめします。

陸屋根に適した施工法『重石工法』

屋根に設置する際には、直接屋根に太陽光発電を設置するのでパネルが吹き飛ばされるリスクはほぼゼロですが、陸屋根への施工に関して考えなければいけないことの一つに、強風によるパネルの吹き飛ばしリスクです。

もちろん通常の強風であれば問題ありませんが、大型の台風や突風によってパネルが飛ばされる事がありました。

しかし、このパネルの吹き飛ばしリスクを軽減させる重石工法があります。

重石工法では、コンクリート製のブロック(ブロック自体は一つ150kg程度)を太陽光発電の下に敷き、そのブロックに金属を取り付けて太陽光発電を挟んで設置すると言う施工法になります。

コンクリートの重さを利用してパネルの吹き飛ばしリスクを軽減させる方法ですね。

通常の施工に比べると若干費用は上がりますが、リスクを考えると重石工法はおすすめの施工法です。

陸屋根用コンクリートブロックによる重石工法

重石工法
今回、陸屋根に穴を空けずに太陽光発電を設置する施工法を陸屋根用コンクリートブロックによる重石工法と言います。

重石工法では、コンクリート製のブロックを太陽光発電の下に敷き、そのブロックに金属を取り付けて太陽光発電を挟んで設置すると言う施工法になります。

ブロック自体は一つ150kgもあることから耐風対策としても十分に機能すると考えられています。

また、従来の陸屋根への施工には2週間ほどかかっていましたが、今回の重石工法を使えば、1〜2日ほどで施工期間も短くなります。

重石工法は施工費も安い

従来の陸屋根での太陽光発電の施工は期間も長くなりがちで費用もその分かさむ傾向にありました。

しかし、重石工法では施工が簡便で工期を短縮できることから、費用が安く抑えられるようになりました

また、撤去時には原状復帰が容易に可能なので、引っ越しの際の太陽光発電の移設に関しても問題はありません。

重石工法の問題点

今までの陸屋根の太陽光発電設置のデメリットを解消した重石工法ですが、問題点もあります。

それは、当然ですが実績としては不十分な点にあります。

一番懸念しなかればいけない点としては、耐風対策ではないでしょうか?

確かに1つ150kgのブロックで固定するのでちょっとやそっとの風ではぶくともしませんが、これが台風や突風などの場合ではどうでしょうか?

太陽光発電の設置では発電量を最大にする為に傾斜を付ける必要があります。

重石工法でも傾斜角4度を付ける事になりますが、どうしても地面と太陽光発電の間にスペースが生じる事になります。

このスペースに風が舞い込んだら?

現に産業用ではありますが、群馬県にて大規模な突風によって吹き飛ばされるといったことがありました。

ただ、今まで陸屋根で太陽光発電が設置したくても出来なかったお宅では、重石工法を一つの検討材料にはしてもよいかと思います。

陸屋根に太陽光発電まとめ

太陽光発電というと、一般的な角度のついた屋根を想像してしまいますが、陸屋根にも設置は可能です。

一般的な屋根に比べると架台を少々多く使うので、その分施工費は高くなりますが、それでも収益的には十分にメリットのあるものです。

それだけでなく、陸屋根への設置は架台で角度を太陽光発電にとって最適な角度と方角(真南30度設置)に設置できるので長い目で見たときにはメリットは大きくなる傾向にあります。

実は陸屋根への太陽光発電の設置はおすすめなんです。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【ナコウド】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる一括見積もりサイト『ナコウド』をオススメしています。

ナコウドでは専門のアドバイザーが無料で顧客の要望に合った業者を数社紹介してくれます。

また、見積りだけでなく補助金や現在の太陽光発電の事情などの相談もできますので、自分で色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

利用は無料(土日祝も対応してくれます)ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ ナコウド公式ホームページ
太陽光