太陽光発電・蓄電池の補助金都道府県別一覧【令和4年最新版】

令和4年度における太陽光発電と蓄電池の補助金情報を都道府県別に一覧化してまとめました。

県からの補助金があれば各市区町村の補助金とも併用して使う事ができますのでさらにお得に太陽光発電・蓄電池が設置できます。

なお残念ながら補助金自体がない自治体もありますが、住宅ローンの借り換えを使えば実質的な負担がなく太陽光発電を設置する事ができる建物もあります。(詳細は各ページに記載)

補助金は各自治体の予算の範囲内で支給されていますので、予算が尽きてしまえばその年の補助金は受けることができません。

各都道府県の補助金情報は随時更新しています。

ページ後半は、補助金がもらえないケースと補助金の申請方法についてご紹介しています。

▼60万円以内で設置可能!

【無料/60秒】概算見積もりする

https://www.solar-partners.jp/

太陽光発電・蓄電池の補助金一覧

国から太陽光発電への補助金は2014年に廃止されています。

現在は県、および各自治体からのみ太陽光発電への補助金が受けられる地域があります。

なお、県からの補助金がある場合、自治体からの補助金と併用して補助金が受けられて大変お得に太陽光発電が設置できる可能性があります。

北海道

北海道

北海道で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している179の市町村をまとめました。

北海道は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には札幌市、函館市、旭川市、芦別市、網走市、小樽市、帯広市、北見市、などで支給されています。(その他多数)

北海道の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 北海道の太陽光発電・蓄電池補助金

青森県

青森県

青森県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している40の市町村をまとめました。

青森県は県からの補助金はなく、自治体からの補助金の支給も他県と比較すると少ない傾向にあります。

具体的には三沢市、むつ市、おいらせ町、六ヶ所村、深浦町、などで支給されています。

青森県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 青森県の太陽光発電・蓄電池補助金

岩手県

岩手県

岩手県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している岩手県の市町村をまとめました。

岩手県は県からの補助金もあり(1kWあたり20,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては盛岡市、一関市、大船渡市、釜石市、北上市、久慈市、遠野市、などで支給されています。(その他多数)

岩手県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 岩手県の太陽光発電・蓄電池補助金

宮城県

宮城県

宮城県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している35の市町村をまとめました。

宮城県は県からの補助金もあり(太陽光発電4万円、蓄電池6万円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては気仙沼市、石巻市、岩沼市、大崎市、などで支給されています。(その他多数)

宮城県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 宮城県の太陽光発電・蓄電池補助金

秋田県

秋田県

秋田県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している25の市町村をまとめました。

秋田県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には秋田市、仙北市、大仙市、にかほ市、由利本荘市、横手市、などで支給されています。(その他多数)

秋田県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 秋田県の太陽光発電・蓄電池補助金

山形県

山形県

山形県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している35の市町村をまとめました。

山形県は県からの補助金もあり、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては山形市、尾花沢市、寒河江市、鶴岡市、天童市、長井市、南陽市、東根市、村山市、などで支給されています。(その他多数)

山形県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 山形県の太陽光発電・蓄電池補助金

福島県

福島県

福島県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している59の市町村をまとめました。

福島県は県からの補助金もあり(1kWあたり60,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては会津若松市、福島市、いわき市、喜多方市、郡山市、須賀川市、相馬市、伊達市、田村市、などで支給されています。(その他多数)

福島県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 福島県の太陽光発電・蓄電池補助金

茨城県

茨城県

茨城県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している44の市町村をまとめました。

茨城県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には水戸市、下妻市、つくば市、潮来市、稲敷市、牛久市、かすみがうら市、神栖市、北茨城市、古河市、桜川市、などで支給されています。(その他多数)

茨城県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 茨城県の太陽光発電・蓄電池補助金

栃木県

栃木県

栃木県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している25の市町村をまとめました。

栃木県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には宇都宮市、栃木市、足利市、鹿沼市、さくら市、下野市、日光市、矢板市、などで支給されています。(その他多数)

栃木県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 栃木県の太陽光発電・蓄電池補助金

群馬県

群馬県

群馬県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している35の市町村をまとめました。

群馬県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には高崎市、前橋市、安中市、太田市、桐生市、渋川市、沼田市、藤岡市、みどり市、などで支給されています。(その他多数)

群馬県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 群馬県の太陽光発電・蓄電池補助金

埼玉県

埼玉県

埼玉県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している63の市町村をまとめました。

埼玉県は県からの補助金もあり(一律50,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としてはさいたま市、川越市、所沢市、上尾市、朝霞市、入間市、桶川市、川口市、などで支給されています。(その他多数)

埼玉県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 埼玉県の太陽光発電・蓄電池補助金

千葉県

千葉県

千葉県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している54の市町村をまとめました。

千葉県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には千葉市、旭市、市川市、市原市、浦安市、柏市、鎌ケ谷市、君津市、などで支給されています。(その他多数)

千葉県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 千葉県の太陽光発電・蓄電池補助金

東京都

東京都

東京都で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している62の市町村をまとめました。

東京都は県からの補助金もあり(蓄電池1kWh当たり70,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては足立区、荒川区、葛飾区、江東区、品川区、新宿区、世田谷区、台東区、千代田区、などで支給されています。(その他多数)

東京都の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 東京都の太陽光発電・蓄電池補助金

神奈川県

神奈川県

神奈川県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している33の市町村をまとめました。

神奈川県は県からの補助金もあり(太陽光発電・蓄電池ともにあります)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては川崎市、綾瀬市、海老名市、小田原市、鎌倉市、藤沢市、大和市、などで支給されています。(その他多数)

神奈川県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 神奈川県の太陽光発電・蓄電池補助金

山梨県

山梨県

山梨県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している27の市町村をまとめました。

山梨県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には山梨市、甲府市、韮崎市、大月市、都留市、北杜市、富士吉田市、などで支給されています。(その他多数)

山梨県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 山梨県の太陽光発電・蓄電池補助金

新潟県

新潟県

新潟県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している30の市町村をまとめました。

新潟県は県からの補助金もあり(補助対象経費の3分の1)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては阿賀野市、糸魚川市、魚沼市、小千谷市、柏崎市、五泉市、佐渡市、新発田市、妙高市、などで支給されています。(その他多数)

新潟県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 新潟県の太陽光発電・蓄電池補助金

富山県

富山県

富山県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している15の市町村をまとめました。

富山県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には高岡市、富山市、南砺市、などで支給されています。(その他多数)

富山県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 富山県の太陽光発電・蓄電池補助金

石川県

石川県

石川県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している19の市町村をまとめました。

石川県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には加賀市、金沢市、かほく市、珠洲市、能美市、羽咋市、などで支給されています。(その他多数)

石川県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 石川県の太陽光発電・蓄電池補助金

福井県

福井県

福井県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している17の市町村をまとめました。

福井県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には越前市、鯖江市、敦賀市、などで支給されています。(その他多数)

福井県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 福井県の太陽光発電・蓄電池補助金

長野県

長野県

長野県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している77の市町村をまとめました。

長野県は県からの補助金もあり(蓄電池一律150,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては松本市、安曇野市、飯田市、上田市、駒ヶ根市、佐久市、塩尻市、東御市、などで支給されています。(その他多数)

長野県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 長野県の太陽光発電・蓄電池補助金

岐阜県

岐阜県

岐阜県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している42の市町村をまとめました。

岐阜県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には岐阜市、大垣市、多治見市、中津川市、飛騨市、本巣市、瑞浪市、などで支給されています。(その他多数)

岐阜県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 岐阜県の太陽光発電・蓄電池補助金

静岡県

静岡県

静岡県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している35の市町村をまとめました。

静岡県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には熱海市、磐田市、掛川市、沼津市、浜松市、富士宮市、などで支給されています。(その他多数)

静岡県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 静岡県の太陽光発電・蓄電池補助金

愛知県

愛知県

愛知県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している54の市町村をまとめました。

愛知県は県からの補助金もあり(戸建住宅:162,800円、集合住宅:242,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては名古屋市、愛西市、稲沢市、岡崎市、刈谷市、豊田市、などで支給されています。(その他多数)

愛知県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 愛知県の太陽光発電・蓄電池補助金

三重県

三重県

三重県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している29の市町村をまとめました。

三重県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には津市、多気町、四日市市、などで支給されています。(その他多数)

三重県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 三重県の太陽光発電・蓄電池補助金

滋賀県

滋賀県

滋賀県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している19の市町村をまとめました。

滋賀県は県からの補助金もあり(太陽光発電40,000円、蓄電池50,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては甲賀市、高島市、長浜市、東近江市、彦根市、などで支給されています。(その他多数)

滋賀県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 滋賀県の太陽光発電・蓄電池補助金

京都府

京都府

京都府で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している26の市町村をまとめました。

京都府は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には京都市、宇治市、亀岡市、京田辺市、南丹市、などで支給されています。(その他多数)

京都府の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 京都府の太陽光発電・蓄電池補助金

大阪府

大阪府

大阪府で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している43の市町村をまとめました。

大阪府は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には池田市、茨木市、岸和田市、高槻市、豊中市、富田林市、などで支給されています。(その他多数)

大阪府の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 大阪府の太陽光発電・蓄電池補助金

兵庫県

兵庫県

兵庫県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している41の市町村をまとめました。

兵庫県は県からの補助金もあり(太陽光発電60,000円・蓄電池40,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては明石市、芦屋市、淡路市、加西市、加東市、宍粟市、洲本市、などで支給されています。(その他多数)

兵庫県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 兵庫県の太陽光発電・蓄電池補助金

奈良県

奈良県

奈良県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している39の市町村をまとめました。

奈良県は県からの補助金もあり(南部・東部地域:130,000円、それ以外の地域:100,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては奈良市、大和高田市、生駒市、宇陀市、橿原市、などで支給されています。(その他多数)

奈良県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 奈良県の太陽光発電・蓄電池補助金

和歌山県

和歌山県

和歌山県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している30の市町村をまとめました。

和歌山県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には美野町、湯浅町、有田川町で支給されています。

和歌山県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 和歌山県の太陽光発電・蓄電池補助金

鳥取県

鳥取県

鳥取県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している19の市町村をまとめました。

鳥取県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には鳥取市、境港市、若桜町、などで支給されています。(その他多数)

鳥取県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 鳥取県の太陽光発電・蓄電池補助金

島根県

島根県

島根県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している21の市町村をまとめました。

島根県は県からの補助金もあり(1kWあたり10,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては出雲市、大田市、雲南市、浜田市、益田市、などで支給されています。(その他多数)

島根県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 島根県の太陽光発電・蓄電池補助金

岡山県

岡山県

岡山県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している27の市町村をまとめました。

岡山県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には岡山市、赤磐市、井原市、笠岡市、倉敷市、などで支給されています。(その他多数)

岡山県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 岡山県の太陽光発電・蓄電池補助金

広島県

広島県

広島県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している23の市町村をまとめました。

広島県は県からの補助金もあり(広島県内の幼稚園が対象)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては広島市、江田島市、廿日市市、東広島市、などで支給されています。(その他多数)

広島県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 広島県の太陽光発電・蓄電池補助金

山口県

山口県

山口県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している19の市町村をまとめました。

山口県は県からの補助金もあり(定額20万円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては宇部市、下関市、長門市、などで支給されています。(その他多数)

山口県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 山口県の太陽光発電・蓄電池補助金

徳島県

徳島県

徳島県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している24の市町村をまとめました。

徳島県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には阿南市、阿波市、美波町、などで支給されています。(その他多数)

徳島県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 徳島県の太陽光発電・蓄電池補助金

香川県

香川県

香川県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している17の市町村をまとめました。

香川県は県からの補助金もあり(1kWあたり13,000円)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては高松市、さぬき市、観音寺市、坂出市、善通寺市、などで支給されています。(その他多数)

香川県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 香川県の太陽光発電・蓄電池補助金

愛媛県

愛媛県

愛媛県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している20の市町村をまとめました。

愛媛県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には松山市、今治市、伊予市、宇和島市、大洲市、西条市、四国中央市、などで支給されています。(その他多数)

愛媛県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 愛媛県の太陽光発電・蓄電池補助金

高知県

高知県

高知県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している34の市町村をまとめました。

高知県は県からの補助金もあり(福祉避難所に指定されている福祉施設や医療施設が対象)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては高知市、安芸市、香美市、香南市、四万十市、須崎市、などで支給されています。(その他多数)

高知県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 高知県の太陽光発電・蓄電池補助金

福岡県

福岡県

福岡県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している60の市町村をまとめました。

福岡県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には北九州市、糸島市、大野城市、嘉麻市、那珂川市、などで支給されています。(その他多数)

福岡県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 福岡県の太陽光発電・蓄電池補助金

佐賀県

佐賀県

佐賀県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している20の市町村をまとめました。

佐賀県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には鹿島市、上峰町などで支給されています。

佐賀県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 佐賀県の太陽光発電・蓄電池補助金

長崎県

長崎県

長崎県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している25の市町村をまとめました。

長崎県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には平戸市、東彼杵町、などで支給されています。

長崎県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 長崎県の太陽光発電・蓄電池補助金

熊本県

熊本県

熊本県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している45の市町村をまとめました。

熊本県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には熊本市、天草市、上天草市、水俣市、などで支給されています。(その他多数)

熊本県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 熊本県の太陽光発電・蓄電池補助金

大分県

大分県

大分県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している18の市町村をまとめました。

大分県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には大分市などで支給されています。

大分県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 大分県の太陽光発電・蓄電池補助金

宮崎県

宮崎県

宮崎県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している26の市町村をまとめました。

宮崎県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には串間市、宮崎市などで支給されています。(その他多数)

宮崎県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 宮崎県の太陽光発電・蓄電池補助金

鹿児島県

鹿児島県

鹿児島県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している43の市町村をまとめました。

鹿児島県は県からの補助金はありませんが、他県と比較して比較的多くの市町村で補助金を支給しているのが特徴です。

具体的には鹿児島市、奄美市、薩摩川内市、南さつま市、などで支給されています。(その他多数)

鹿児島県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 鹿児島県の太陽光発電・蓄電池補助金

沖縄県

沖縄県

沖縄県で太陽光発電・蓄電池の設置に補助金を支給している41の市町村をまとめました。

沖縄県は県からの補助金もあり(本島:補助対象経費の3分の1、離島:補助対象経費の2分の1)、他県と比較して補助金環境は恵まれています。

県以外の自治体としては沖縄市、名護市、与那原町、東村、などで支給されています。(その他多数)

沖縄県の太陽光発電・蓄電池補助金一覧ページに全ての市町村の補助金情報が掲載されていますので、是非ともご覧ください。

⇒ 沖縄県の太陽光発電・蓄電池補助金

令和4年度蓄電池補助金が6月1日よりスタート

DER補助金事業イメージ
DER補助金事業イメージ

国から家庭用蓄電池への補助金としてDER補助金が令和4年6月1日よりスタートします。

DERとは、分散型エネルギー資源の意味で、比較的小規模で地域内に分散しているエネルギー源の総称です。

名称
令和4年度蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金
公募期間
令和4年6月1日~令和4年12月31日
補助額
1kWあたり3.7万円
問い合わせ先
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギーシステム課
東京都千代田区霞が関一丁目3番1号
https://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/2021/20220209_004.html

ZEH補助金も上手に使う

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕組みイメージ
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス:略称ゼッチとも呼ばれています)とは、太陽光発電や蓄電池などの再生可能エネルギーを使って年間の一次エネルギーをゼロにすることを目標にした住宅を指します。

現在、国はこのZEHを普及させようと条件をクリアした住宅に補助金(ZEH支援事業)を付与しています。

以下、ZEH補助金の概要です。

対象となる住宅
Nearly ZEH(寒冷地、低日射地域、多雪地域に限る)
ZEH Oriented(都市部狭小地の二階建以上及び多雪地域に限る)
交付要件の主なポイント
  1. ZEHロードマップにおける『ZEH』の定義を満たしていること
  2. SIIに登録されているZEHビルダー/プランナーが関与(設計、建築、改修又は販売)する住宅であること
補助額
定額60万円/戸
補助対象住宅に蓄電システム(定置型)を導入する場合は2万円/kWh、補助対象経費の1/3又は20万円のいずれか低い額を加算

※ZEH+(ゼッチプラス:ZEHをさらに高性能化し、再生可能エネルギーの自家消費を拡大したもの)の場合は定額105万円/戸
問い合わせ先
一般社団法人 環境共創イニシアチブ
東京都中央区銀座2-16-7 恒産第3ビル7階
https://sii.or.jp/

住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業(令和4年9月30日まで)

住宅用(10kWh以下)システムに限りますが、1kWあたり10万円の補助金が受けられる『住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業』も行われています。

住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業とは、太陽光発電を購入せずに自宅屋根に太陽光発電を設置することで受けられる補助金制度です。

太陽光発電を購入しないので初期費用はゼロです。

その代わり売電収入は受けられず自宅消費のみ太陽光発電の恩恵を受けられるサービスです。

プランは、『リース』『電力販売』『屋根借り』の3つになります。

リースとは、発電された電気は住宅所有者が利用し、使いきれない分は電力会社に売電されます。このプランはリース料を事業者に支払う必要があります。

電力販売とは、事業者の負担で太陽光発電を設置し、発電された電気を住宅所有者が購入するというものです。

最後に屋根借りとは、事業者の負担で太陽光発電を設置し、発電された電気は電力会社に事業者が売電するというものです。

住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業は、この3つのプランの中から好きなプランを選びシステム数に応じて補助金を受け取ることができます。

住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業は、当初令和4年3月31日までの事業でしたが昨今の中国における大規模停電による生産量低下、世界的な電子部品の需給逼迫により、期間が延長され令和4年9月30日までとなりました。

初期費用を抑えて主に自家消費や緊急時に備えるなどの目的で太陽光発電を検討している方は、住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業も視野に入れて考えることをおすすめします。

ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

事業用太陽光発電システム(10kW以上のシステム)の補助金は『ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業』という名目で募集されています。

ストレージパリティとは、蓄電池を導入しないよりも、蓄電池を導入したほうが経済的メリットがある状態、という意味になります。

以下、詳細です。

公募期間

一次公募:令和4年3月31日(木)~令和4年5月9日(月)正午まで【厳守】

二次公募:令和4年5月16日(月)~令和4年6月15日(水)正午まで【厳守】

三次公募:令和4年6月20日(月)~令和4年7月29日(金)正午まで【厳守】

補助事業の要件
  • 平時において対象施設(オンサイト)で自家消費することを目的としたものであり、平時に使用するエネルギー量を考慮した適正な導入規模であること
  • 太陽光発電設備の発電電力量などの計測機器を導入し、CO2削減量の実績値を正確に把握できるものであること(計測機器を導入しない申請は不可)
  • 停電時に対象施設で必要な電力を供給できる機能を有すること(ただし、蓄電池または非常用発電設備を併設し、停電時に対象施設で必要な電力を供給できる場合はその限りではない)
  • FIT(固定価格買い取り制度)による売電は不可。また、令和4年度に運用開始が予定されている FIP (Feed inPremium) 制度の認定を取得しないこと
  • 戸建て住宅を除き、太陽電池出力が10kW以上であること(戸建て住宅は10kW未満でも10kW以上でも可)
  • 実証段階、中古、リユースの製品でないこと
補助額
太陽光発電設備:定額4万円/kW
定置用蓄電池(産業用):定額6万円/kWh
定置用蓄電池(家庭用):定額2万円/kWh
問い合わせ先
一般財団法人 環境イノベーション情報機構
東京都千代田区神田東松下町38 鳥本鋼業ビル3階
https://www.eic.or.jp/eic/topics/2022/st_r03c/001/

太陽光発電の補助金がもらえない3つのケース

太陽光発電の補助金がもらえない3つのケース

今年こそは屋根のリフォームも済んだし太陽光発電設置するぞ!と希望に胸を抱いている方もいらっしゃるかと思います。

そしてどうせ設置するなら補助金をもらって設置したいと誰もが思いますが、残念ながら補助金がもらえないケースというのもあります

助成の要件を確認していたらもらえていたであろう補助金がもらえないのはもったいないの一言です。

補助金がもらえないケースとして3つの事例をご紹介します。

予算に達してしまった

結構多いのが、助成の申請をすれば補助金が100%もらえると思っている方です。

しかし、補助金は各市区町村で予算が決められていて、その予算に達してしまったらいくら申請受付期間が残っていても助成は受けられません。

これには設置検討の前に、太陽光発電を設置する予定の住所の市区町村のホームページ上で現在の申請状況が公表されている所もありますが、公表されていない場合には太陽光発電の助成担当の部署に電話で確認しましょう。

毎年太陽光発電にも駆け込み需要があり、各市区町村の補助金締め切り間際になると補助金申請の数も多くなる傾向にあります。

私のお客様でも毎年一定数は予算に達していたため、補助金を受け取れなった方がいらっしゃいました。

補助金締め切り間際での申し込みはあまりおすすめしません。

設置要件を満たしていなかった

これもよくあることですが、各市区町村のホームページ上に記されている、その年の設置要件を満たしていないケースです。

代表的なものでいうと以下のような設置要件があります。

  • 市内の業者による販売、施工でないと助成が受けられない
  • 市税の滞納がある方
  • 過去に太陽光発電の助成を受けた事がある方
  • 中古のシステムでない事

この点に関しては、市区町村事に条件が違いますので詳しくは太陽光発電を設置するお宅の市区町村のホームページをご覧下さい。

そもそも補助金自体がなかった

とても残念な事ですが、全ての市区町村で太陽光発電による助成が受けられるわけではありません。

また、今年度に助成があったとしても来年度に助成がまたあるとも限りません。

現に国からの補助金は平成26年3月31日で終了しています。

このように補助金は必ず受けられるわけではありませんが、気をつけていればかなり高い確率で受けられるものでもあります。

なんにしても、現在の状況を市区町村の問い合わせ窓口に電話かメールをして確認しましょう。

ちなみに、県からも助成があって市からも助成が出ている場合には、県と市の両方の助成を受けられます。

この助成に関しては、かなりまとまった金額になりますのでどん欲にリサーチして取りこぼしのないようにしましょう!

補助金は現金、商品券などで受け取れる

国が再生エネルギー普及に力を入れている事から、太陽光発電設置者には様々な形で助成が受けられます

市区町村によって助成は変わりますが、おおむね現金による口座への振込か商店街活性化を目的として商店街専用の商品券などで補助金や助成が受けられます。

補助が受けられるタイミングは、太陽光発電を設置完了からだいたい一か月に指定の口座に一括で振り込みがあります。

補助金の額や各種助成については県、市区町村単位で変わってくるため現在お住まいの市区町村に確認してください。

補助金申請の方法

練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度
練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度
補助金提出書類
  • 補助金交付申請書
  • 補助金交付申請設備内訳書
  • 領収書
  • 住民票(申請日から3か月以内に発行されたもの)
  • 設備の形式・性能を示すもの(製品カタログ、製品仕様書、性能証明書等)
  • 設備の設置状況および設置した建築物の外観のカラー写真
  • 出力対比表※1
  • 再生可能エネルギー発電事業計画の認定について(通知)のコピー
  • 太陽光発電モジュールの 配置図
  • 単線結線図※2
  • 申請基準日が確認できる書類

※1、太陽光発電モジュールの製造番号と出力を記載したうえで、申請者名、作成者(発行者)名、公称最大出力数および作成日を記載したもの。

※2、設備を設置した建築物全体の状況について記載しているもの。

太陽光発電・蓄電池の補助金申請はシステム設置完了後に必要書類を揃えて受付期間内に各自治体に提出します。

大抵の業者は補助金申請の代行も行ってくれますので心配ありません。

しかし、中には太陽光発電の販売だけして申請などは各家庭でお願いしまうという所もあります。

太陽光発電の価格というのは、一概にシステムだけの事をさすわけではなく、このような各種申請手続きの代行だったりのサービス面も含まれていることを理解しましょう。

業者が代行して補助金申請する場合は、代行申請確認書の提出も必要となります。

※現在(平成29年度)は国からの補助金は停止しています。

太陽光発電・蓄電池の補助金に対するよくある質問

補助金はいくらもらえますか

各自治体によって補助金の額は変わりますが、1kWあたり1万円~2万円でもらえることが多いです。

一律で10万円などまとまった補助金を受け取れる自治体もあります。

補助金はどこから支給されますか?

太陽光発電・蓄電池の補助金は県と市区町村から支給されています。

国からの補助金は2014年に廃止されました。

新築ではなく後付けでも補助金はもらえますか

後付けでも補助金はもらえます。

自治体によって新築と後付けの補助金額が変わる所があります。

補助金の申請はどうやりますか

各自治体の必要書類(印鑑証明書、工事前の写真、登記簿謄本)を受付期間内に提出します。

工事後には、住民票、工事完了写真、電力会社からの電力受給契約書、領収書などが必要になります。

大抵の業者が補助金の申請を代行してくれなす。

補助金申請したらいつもらえますか

おおむね補助金が受理されたら、2~3ヵ月後に指定の振込先に補助金が振り込まれます。

年度末や受付終了間際などの駆け込み需要などの兼ね合いで遅れる場合もあります。

蓄電池も補助金がもらえますか

自治体によりますがもらえます。

太陽光発電の補助金よりも高く支給している自治体が多いです。

補助金は翌年以降も支給されますか

翌年以降は各自治体の予算との兼ね合いになるため不明です。

ただ、太陽光発電は現在日本で10%ほど普及してきたということもあって補助金額は減少傾向にあります。

反対に蓄電池はこれからの普及を狙って補助金予算が拡大傾向にあります。

DER補助金とはなんですか

DERとは、分散型エネルギー資源の意味で、比較的小規模で地域内に分散しているエネルギー源の総称です。

具体的には、蓄電池・エネファーム・V2H充放電設備(EVと家庭をつなぐ給電システム)の設置に対する補助金です。

太陽光発電・蓄電池補助金まとめ

ちなみに、補助金は太陽光発電・蓄電池の工事が完了してから2~3ヵ月後に自宅に郵送にて補助金交付決定通知書が届きます。

そして、その1か月後くらいに指定された口座に補助金が振り込まれるという流れです。

各自治体によって補助金の締め切り時期は変わってきますが、どこの市区町村でも駆け込み需要の関係から締め切り間際に申請が集中することが多いです。

確実に補助金をもらうために、自分が住んでいる地区の締め切り時期を確認し、余裕を持って申請するようにしましょう。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【ソーラーパートナーズ】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか60秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる『ソーラーパートナーズ』をオススメしています。

販売店だけでなく地域の補助金の有無(残り予算)も確認できますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスです

利用は無料(土日祝も対応)ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ ソーラーパートナーズ公式ホームページ
ソーラーパートナーズ

▼外壁塗装の助成金一覧はこちら!