テスラ蓄電池の口コミ・評判

テスラ蓄電池の口コミ・評判

電気代が半分以下になった(取付後2か月経過)

7月の電気代(2021/6/6~7/5)1,339円 !

7月の電気代(2021/6/6~7/5)1,339円でした。

食洗機・衣類乾燥機を毎日稼働させてこの料金は神!

テスラのパワーウォールは日本メーカーの蓄電池に比べると容量の割に安いし、ユーザーインターフェースも便利でさすがという感じ。

晴れた日は太陽光&蓄電池で一日の電力をカバーできそうです。

4月26日~5月1日 の稼働状況(パワーウォール)

テスラ蓄電池(パワーウォール)稼働状況
テスラ蓄電池(パワーウォール)稼働状況

太陽光発電:63.4kWh

パワーウォールからの電力供給量:26.6kWh

系統からの購入電力量:19.4kWh

系統への送電量:4.1

正直、雨の日は厳しい。

 2021年における蓄電池のメーカーを価格や性能、特徴などの面から比較しました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。

⇒ 太陽光発電に合う蓄電池メーカー比較ランキング【2021年最新版】

テスラ蓄電池の価格は99万円

蓄電容量:13.5kwh

最高出力:5kW(連続運転)/7kW(ピーク)

放電深度:100%

充放電効率:90%

動作温度:-20~50℃

寸法:H1150 mm x W755 mm x D155 mm

重量:114kg

拡張:10台

保証:10年

Tesla Powerwallデータシート

テスラの蓄電池Powerwallの本体価格は82万5000円です。

これに充放電管理、計測、そしてモニタリング機能を担当するBackup Gatewayが16万5000円ですので、システム全体で99万円(税抜/工事費用は施工店によって変動します)になります。

1kWh当たりの価格に換算すると約7万3000円です。

この価格は同容量の他メーカーと比較すると、およそ3分の1程度の価格です。

テスラの蓄電池の価格が安い理由は、卸業者や商社を介さずに販売する直販モデルという販売方法を採用しているためです。

最初の設置日から70%の蓄電容量を10年間保証してくれます。

容量・保証内容を見ても他メーカーよりもかなりお得感があると言えます。

テスラ蓄電池のサイズ

テスラ蓄電池Powerwallサイズ感
テスラ蓄電池Powerwall施工例

テスラ蓄電池のサイズは高さ1150mm x 幅755 mm x 奥行155 mmです。

他メーカーの蓄電池と比較すると高さはありますが、施工するとかなりスタイリッシュになるのが特徴です。

蓄電池と聞くとボックス型が多い中、テスラの蓄電池はボードの様なイメージです。

都心部の日本の住宅特有の非常に狭いスペースにも設置できるサイズとなっています。

施工は床置きだけでなく、壁掛け設置も可能です。(木造家屋には壁面設置できません)

ちなみに推奨されている設置方法は床置きです。

蓄電池の寿命(サイクル数)は13年~19年程度

テスラの蓄電池Powerwallの寿命(サイクル数)は公表されていません。

ただ 最初の設置日から70%の蓄電容量を10年間保証してくれる点や海外仕様で作られている点などを考慮するとだいたいサイクル数は5,000~7,000あたりだと推測されます。

サイクルとは、蓄電池が満充電から空になるまでを1サイクルと呼びます。

Powerwallのサイクル数が5,000~7,000で1日1サイクルで計算すると、寿命は13年~19年程度になります。

ただもちろんこれは蓄電池の使用状況によって伸びたり縮んだりするので一概には言えません。

蓄電池の電気をたくさん使う家庭であればサイクルが増えるので寿命は短くなりますし、節電に努める家庭であれば蓄電池の寿命は長くなります。

サイクル回数はあくまでも目安となります。

ちなみに Powerwallで使用されているバッテリーは小型のリチウムイオンバッテリーですが、リチウムイオンバッテリーの平均的な寿命は6,000~12,000サイクル・15~20年程度です。

気になるのはJET認証が未確認な点

JET認証制度の業務フロー
JET認証制度の業務フロー

テスラ蓄電池の唯一の欠点とも言えるのが、JET(電気安全環境研究所)認証が未確認な点です。

JET認証とは、 電力設備の安全性を評価する第三者認証機関『電気安全環境研究所(通称JET)』が系統連系技術要件ガイドラインを満たした設備に関して認証する制度です。

2021年8月時点では海外メーカーであるテスラはJET認証が取得できておらず、地方自治体からの補助金を受けることができません。

なお、JET認証されたメーカーはJETのホームページ上で公表されていますので、最新のJET認証に関してはJETのホームページで確認しましょう。

⇒ JET登録リスト

認定施工店は全国に11店舗(2021年8月時点)

テスラの蓄電池を販売・施工できるのはテスラに認定された施工店のみとなります。

2021年8月時点ではテスラの認定施工店は全国に11店舗です。

今後は徐々に増えていくと思いますが、現状はテスラの蓄電池を取り扱っている販売店は少ないです。

認定施工店は別ページに一覧でまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

⇒ テスラの蓄電池(パワーウォール)の認定施工店一覧

テスラ以外の蓄電池も視野に入れて検討しよう

テスラ蓄電池まとめ
  • 価格は99万円(税別/工事費別)
  • JET認証は未確認
  • 認定施工店は全国に11店舗
  • 日本での実績は不十分

2020年の春よりテスラの蓄電池Powerwallが日本での販売を開始し、現状口コミ・評判も良いです。

一点、JET認証の問題がありますが、それでも現在日本で太陽光発電と連携している他メーカーと同じリチウムイオン電池で保証面も遜色ありません。

これからテスラの電気自動車も日本で普及すると、さらに Powerwallのメリットは大きくなることが予想されます。

テスラの蓄電池は現在設置されている太陽光発電とも連携可能です。

テスラの蓄電池を他メーカーと比較するとコストパフォーマンスではダントツにテスラに分がありますが、日本での実績や万が一の不具合時の対応、施工店が少ないなど気になる所もあります。

価格だけでなく総合的に他メーカーと比較して導入する蓄電池を選ぶようにしましょう。

おすすめ蓄電池比較サイト『タイナビ蓄電池』
当サイトでは蓄電池をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビ蓄電池をオススメしています。

タイナビ蓄電池を利用の際は『ご意見・ご要望』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

また、相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場や販売店ごとのサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ蓄電池公式ホームページ
タイナビ蓄電池