新電力とは、大手電力会社以外の電力小売り事業を行っている会社になります

2016年4月に電力が自由化されたことをきっかけに大手企業から中小企業まで全国には300以上の新電力会社が存在しています。

価格競争によって、基本料金0円のプランやポイントや特典などが魅力的なプランも登場しています。

しかしその反面、新電力ならでは『縛り』のようなものを設ける企業や、それによる単価は大手電力会社よりも高く設定されていて、一人暮らし世帯などのように電気料金が低い世帯では新電力に切り替えるメリットがなかったりもします。

それぞれの電力会社の特徴やプランを比較できるように比較表にてまとめましたので、電力会社選びの参考にしていただければと思います。

全国600社の新電力から最適な会社が見つかる!

新電力と呼ばれる電気の小売り事業を営む会社は全国に600社以上あります。
その会社ごとに特徴やプランなどが違ってきますので家庭にとって最適なプランを探すのはかなり困難状況です。

そこで、家庭の電気使用量やライフスタイルなどから、電気の専門アドバイザーが全国の新電力の中から最適な会社とプランを選んでくれるサービスがおすすめです。

面倒な切り替え手続きもサポートしてくれたり、料金の交渉も代行してもらえます。

無料で相談することができ、今だとキャンペーンで3万円のキャッシュバックも受けられます

電気料金の相談にも乗ってもらえるので、気軽に使ってみるとよいでしょう。

\3万円のキャッシュバックあり!/

新電力比較表

※電力会社を選択するとその会社利用者の口コミや詳しい特徴ページがご覧になれます。

※基本料金は30A

電力会社 プラン 特典 地域
東京ガスの電気 従量電灯 電気代3ヵ月10%オフ 東京電力管内
Looopでんき 基本料金0円 特になし 全国
あしたでんき 従量電灯 Amazonギフト券2,000円 東京/東北/中部/関西/中国/九州電力管内
ミツウロコでんき 従量電灯 特になし 全国
HTBエナジー 従量電灯 特になし 全国
楽天でんき 基本料金0円 楽天ポイント2,000P 全国
ENEOSでんき 従量電灯 基本3か月分無料 東京/関西電力管内
auでんき 従量電灯 auウォレット10,000P
(抽選)
全国
(一部対象外地域アリ)
ソフトバンク電気 従量電灯 電気代初月0円
(ソフトバンクモバイルユーザー限定)
全国
ピタでん 基本料金0円 特になし 全国
ジェイコム電気 従量電灯 特になし 関東/関西/福岡/熊本/大分/下関/札幌/仙台
大阪ガスの電気 従量電灯 特になし 京都/大阪/滋賀/兵庫/奈良/和歌山/福井/三重/岐阜

一番安い新電力はミツウロコでんき

ミツウロコでんきの口コミ(※月に1,000円以上安くなった)

ミツウロコでんき auでんき 東京ガス
ENEOSでんき
120kWhまで 21円43銭 20円67銭 19円49銭 19円52銭
120kWh~300kWh 22円63銭 25円07銭 24円89銭 24円09銭
300kWh~ 25円24銭 27円96銭 26円99銭 25円75銭

ミツウロコでんきは基本料金ありの3段階料金制の従量電灯プランになりますが、他の新電力と比較しても料金は安いです。

特筆すべきは2段目、3段目の料金が格安に設定されています。

1段目の料金(120kWhまで)で済んでしまうような電気の使い方では、他新電力の方が安くなりますが120kWh以上使っている世帯であれば電気の切り替えによる節約メリットは享受できるでしょう。

また太陽光発電とのセット買取プランも用意されているので、太陽光発電を設置している建物であれば売電によるメリットも受けられます。

電気料金の節約を一番に考えるのであればミツウロコでんきをおすすめします。

⇒ ミツウロコでんき利用者の口コミ・詳しいプランを見る

特典(ポイント)重視は楽天でんき

楽天でんきの口コミ(※ポイントで払えるからお得感がある)
楽天でんきは基本料金0円プランで使ったら使った分だけ電気料金がかかりますが(東京電力エリアは26円)、まず電気の切り替えで楽天ポイントが2,000円もらえます。

また、楽天カードで電気料金を支払うと100円ごとに1ポイントが付与されます。

そして、貯まった楽天ポイントは電気代に使う事ができます。

私も楽天市場をよく利用していますが、期間限定ポイントって結構失効しちゃうことがありますが、毎月の電気代にあてることができれば効率よくポイントを使う事ができます。

楽天ユーザーであれば楽天でんきをおすすめします。

⇒ 楽天でんき利用者の口コミ・詳しいプランを見る

一人暮らし世帯にはHTBエナジー

HTBエナジーの口コミ(※電話繋がらないしメール返答なし)
新電力のデメリットとして一人暮らし世帯のように電気料金がそれほどかかっていないと、電気の切り替えメリットがあまり受けられないことがあります。

ただ、HTBエナジーの東京大江戸プラン従量電灯B5であれば一人暮らし用のプランで『基本・従量料金一律5%オフ』で使用電力量が少ない世帯でもメリットが受けられます。

また1段目の料金単価は18円46銭と一番安い価格になっています。

一人暮らし世帯にはHTBエナジーをおすすめします。

⇒ HTBエナジー利用者の口コミ・詳しいプランを見る

6人以上の大家族にはピタでん

ピタでんの口コミ(※プランを間違えて高額請求があった)
毎月の電気代が1万円を超えてくるようなお宅であれば、ピタでんの使いたい放題プランがおすすめです。

使いたい放題プランとは、毎月500kWhまでが定額の安い電気代を使う事ができるプランです。(東京電力管内で12,000円)

ちなみに、500kWh以上使う際には従来の単価が請求されます。

ピタでんは、基本料金0円の使った分だけ支払うプランですが、他の新電力と比較しても単価は安いです。

6人以上の大家族であれば電気代も1万円を超えて来ることもあるかと思いますのでピタでんの使いたい放題プランを検討してみるとよいでしょう。

⇒ ピタでん利用者の口コミ・詳しいプランを見る

おすすめ新電力比較サイト
当サイトでは、手っ取り早く最もオトクな電力会社を探したい方に電気料金比較サイト『電気チョイス』をおすすめしています。

電気チョイスでは、家庭の電気使用量やエリアに応じて、最もオトクな電力会社を選んで紹介してくれます。

また面倒な交渉や見積もりのやり取りも全て代行してもらえます。

7月中に利用すると最大で3万円のキャッシュバックも受けられます!

無料で使えますので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の電力会社を見ておきましょう。

⇒ 電気チョイス公式ホームページ

新電力比較の記事一覧
大阪ガスの電気の口コミ(※アマゾンプライム無料になるプランは得じゃない)
ピタでんの口コミ(※プランを間違えて高額請求があった)
ソフトバンクショップに電気の申し込みに行ったら東京ガス電気を勧められた件
ENEOSでんきの口コミ(※東電からの切り替えで月2,000円安くなりました)