公開日: 更新日:

太陽光発電の普及率が年々上昇している理由

太陽光発電の普及率が上昇

総務省が5年ごとに行っている主要耐久消費材の平成26年における結果が発表されました。

総務省のデータによると太陽光発電の普及率は6.6%にまで上昇し、これは平成21年の1.6%から5%も上昇した結果となりました。

ちなみに太陽熱温水器の普及率は平成21年には6.2%でしたが、平成26年データでは3.4%と大幅に低下しました。

国が環境製品の中でも太陽光発電に重きを置いた結果が現れた結果となりますね。

現在では、注文住宅の4割に太陽光発電が設置される時代になり、この普及率増加の流れはこれから更に加速するものと思われます。

普及率が高い県、低い県

総務省の発表では同時に太陽光発電の普及率が高い県の発表もありました。

普及率の上位5県

  1. 宮崎県
  2. 佐賀県
  3. 山梨県
  4. 鹿児島県
  5. 栃木県or熊本県

普及率の低い5県

  1. 北海道
  2. 青森県
  3. 新潟県
  4. 秋田県
  5. 石川県

この結果を見るとまだ太陽光発電のイメージで暑い場所のほうが発電するんじゃないか?というイメージが強いのかな。

確かに雪が太陽電池の上に積もってしまうと発電は停止してしまいますが、純粋に気温で言えば太陽光発電は寒ければ寒いほど発電効率が高くなり、反対に暑いと発電効率は下がってしまいます。

これからの日本の普及率を考えると東北地方への普及が欠かせないように感じます。

太陽光発電のメリット

故障がない

一個一個の太陽電池セルは、いってみれば医師や陶器のようなものです。

したがって、太陽電池そのものの故障というのはあまり考える必要がありません。
パネルの構造ですが、機械になっているわけではなく、可動部分もありません。

ですので、一度設置してしまえば25年~35年は使い続けられると考えられています。
20年経過しても初期性能の90%の発電能力あったとのデータもあるくらいです。

しかし、その間放っておいてもよいというものではなく、定期的に点検し、物理的な原因で割れたら交換し、汚れて光の透過性が悪くなったら掃除するなどのメンテナンスは必要になってきます。

また、パワーコンディショナーなどの付帯設備は電気部品ですので、定期検査や修理などは必要になります。

設置場所を選ばない

太陽電池一個の大きさは10cm四方、厚さ1cmほどのものです。実際には、これを数十枚並べてモジュールとして設置します。

しかし、要請があれば10cm四方ほどのスペースでも設置することが可能です。

このように、太陽電池のメリットは設置場所にこだわらない点が挙げられます。
広い面積があれば、そこにモジュールを並べればよいだけですし、屋上はもちろんはもちろん、壁面に設置する事も可能です。

発伝場所と消費場所が近い

太陽電池は電力の使用場所で発電できるので、電力損失が少なく効率的に使用することができます。

これが原子力発電の場合であれば、例えば日本海側で発電した電気を、変電所、送電塔、送電線という膨大な設備投資と膨大な送電ロスを伴う事になります。

『地産地消』型の太陽光発電は優れていると言ってよいでしょう。

地球に優しい

電気を作るのに太陽の光だけで発電することができるので二酸化炭素の排出もなく地球においてとてもエコであると言えます。

確かに太陽光発電を作るのに二酸化炭素は排出しますが、これは太陽光発電が可能しだいたい2~3年するとプラスマイナスゼロになり(この状態をエネルギーペイバックと言う、それ以降は地球に優しいエコ商品になります。

太陽光発電はクリーンエネルギーの筆頭と言ってもよいでしょう。

太陽光発電のデメリット

効率が悪い

太陽エネルギーの特徴として、総量は膨大である反面、密度が薄い点が挙げられます。

すなわち、太陽電池で発電する為には広い面積が必要であり、既設の発電所のように、限られた敷地内で多くの電力を発生させることは原理的に不可能です。

また、発電できる時間は日光が当たっている時間に限られてしまいます。したがって、1日の半分は発電することができず、1年を通じて考えれば、半年分は発電も何もせずにいることになります。

また、同じような観点になりますが、発電量は天気にお任せということになります。

いくら高効率の太陽電池を開発しても、くもりや雨の日には多くの電気は発電できません。

したがって、主発電装置として単独で使うには、少々、不安が残るというわけです。

発電コストが高い

太陽光発電の一番の問題は、コストと考えてもよいでしょう。

変換効率を上げることも大切ですが、太陽光発電が安ければたくさん並べて発電量を稼ぐことができます。

現在の太陽光発電が高価なのは、原料であるシリコンの価格によるもので、シリコンは医師や砂の原料であり、埋蔵量は無尽蔵です。

しかし、太陽光発電に使われるのは、高純度シリコンですので、貴重で高価になります。

太陽光発電の普及率まとめ

これからは新築のお宅には太陽光発電が設置されるお宅がもっと増えてくるだろうし、既築のお宅でも後付けで太陽光がどんどん設置されていくことで太陽光発電はどんどん日本に普及していくことでしょう。

これは日本での太陽光発電の実績による安心感と太陽光発電システムの低価格化によって加速していくことでしょう。
また、年々パネル自体も小さくなり、発電量はパワーアップしてきています

以前に太陽光発電のシミュレーションしてもらって屋根が小さくてメリットが出なかったお宅やメリットに物足りなさを覚えていた人もこれからは設置に踏み切ることでしょう。

ただ、太陽光発電はどんな環境でもメリットが出る商品ではありません。
それは一軒一軒屋根の形や大きさ、環境、電気を使うライフスタイルが違うからですね。

設置を検討する前にまずは自分の家でどれだけの電気が作れて、どれだけの電気が売れるのかシミュレーションしてもらうことをおすすめします。

もしもメリットが出るようであれば前向きに検討しみてください。

おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『5社からの見積もりを希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ公式ホームページ