太陽光発電は新築と既築どちらに付けたほうがいいの?注意点は?

太陽光発電は出来れば新築に設置しましょう

私は基本的に太陽光発電は良い物だと思っています。

『基本的』になんて、思わせぶりな書き方をしてしまいましたが、要はその家に一番合った太陽光発電を設置する事ができれば良い物となるし、家にミスマッチな太陽光発電を設置したらメリットの少ない高価な物となるということです。

太陽光発電を設置したらその月から屋根で電気を作ってくれて自己消費または売電によって恩恵を得る事ができます。

家に合ったメーカーの太陽光発電をなるべく早く設置すれば、システムにかかった費用も15年〜17年で回収も可能です。

そしたらいよいよ光熱費0円住宅の恩恵を受ける事ができます。

そうゆう意味で、新築から太陽光発電を設置することおすすめします

また余談ですが、太陽光発電の良さは経済的なメリットだけでなく、小さいお子さんにとっては天候と言うものを身近に考える子へと成長させる影響もあります。

家族にとっても『今月ウチでこれだけ発電したよ。』『うわぁ!今日晴れているから凄く発電してるね。』などの、コミュニケーションツールにも一役買ってくれます。

『太陽光発電』というと、イメージ的に『価格が高い』『いくら売電できるの?』などと、お金の話しにいきがちですが、家族が一つになってエコに取り組む事ができる素晴らしい商品だと言う認識を持つと、もっと心が豊かになるかもしれませんよ^^

新築時に太陽光発電を設置する時の注意点

2014年度の注文住宅の4割に太陽光発電が設置される
国土交通省の調べによると2014年度に注文住宅を建てた方は4割を越えて太陽光発電を設置したようです。

太陽光発電というものが私達一般レベルにまで浸透してきた事を表すデータですね。

この流れは更に高まる事が予想されますし、新築のお宅だけでなく既築住宅にもこれからは太陽光発電はどんどん普及していくでしょう。

小さな工務店から全国的に知名度のある住宅メーカーまでありとあらゆる所が太陽光発電を扱っている状態ですね。

ただ、ここで注意点ですが工務店や住宅メーカーの扱っているメーカーは太陽光発電専門業者に比べて少なくだいたいの所が1〜3メーカーになります。

当サイトでは20のメーカーの特徴やシュミレーションをご紹介していますが、メーカーによって価格や特徴、発電量、保障などが変わります。

言い換えると、工務店や住宅メーカーで太陽光発電を設置するというのは、選択肢の少ない太陽光発電の中から選び、その中で最適なプランを強引に設置していると言うわけです

あまりに強引な考え方ですよね?

なので、私は『餅は餅屋』という言葉もある通り、太陽光発電は太陽光発電専門業者にお願いするべきだと唱えています。

太陽光発電は太陽光発電販売店がおすすめ

家の建築と同時に、若しくは家を建てる際にお世話になった住宅メーカーで太陽光発電を扱っているから、太陽光発電も住宅メーカーで設置してしまったほうがよいのではないかと考える方が多いです。

結論からお話しすると、太陽光発電は太陽光発電専門の販売店で設置から施工まで行ったほうがよいというのが私の持論です

というのも、これだけ太陽光発電が出回っているにもかかわらず住宅メーカーの営業マンは太陽光発電に関しては素人に毛が生えた程度の知識しか持ち合わせていない人が実に多いからです。

中にはきちんと勉強されて知識を持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも専門的な施工に関しての知識やメンテナンスの重要性を理解している方は少ないですね。

住宅メーカーでは太陽光発電はあくまでもオプションの一つという考え方ですし、細かく言うと支払いも住宅ローンに加味されてしまいますので、住宅に回せる資金が乏しくなる可能性もあります。

私のおすすめは、新築のお宅を建てた後に(だいたい1〜2ヶ月後)に複数の太陽光発電業者から見積もりをとって一番、シュミレーション結果の良い販売店で太陽光発電を設置するというものです。

太陽光発電の支払いは国でも優遇されている低金利のソーラーローンを活用出来ますし、与信も住宅で使ったものではない枠の外で審査してもらえます。

要は、資金を気にせずに家や周辺環境に最適な太陽光発電が設置できるというわけです。

住宅メーカーでは取り扱いメーカーが少ない

また私が太陽光発電の設置には太陽光発電専門の販売店をおすすめしているもう一つの理由は、扱っているメーカーが必ずしもあなたのお宅に一番合った太陽光発電とは言えないからです。

冒頭でもあるように最近の住宅には太陽光発電を望む人が増えた影響もあり、ほぼ全ての住宅メーカーで太陽光発電も扱っています。

しかし、住宅メーカーで扱っているメーカーは1つ多くて2つと言ったところなんです

確かに住宅メーカーでお願いすればローンの計算などが住宅ローンと一括になったりと言った利点もありますが、それでも長い目で見た場合、住宅環境にマッチした太陽光発電を設置するのとそうではない太陽光発電を設置するのでは生涯に受けられるメリットには雲泥の差になることでしょう。

一日に50円の差があったとして、一年で365日×50円で18,250円、太陽光発電の寿命は30年程度だと言われているので30年×18,250円で実に547,500円も受けられるメリットに差がある事になります。

これでもこの額はかなり少なく計算しています。

確かに太陽光発電を設置すればしないよりは経済的メリットは受けられます。

しかし、どうせ設置するならあなたのお宅に一番合った太陽光発電を設置してあげてください。

住宅メーカーの営業マンに相談したらあれやこれや言って『住宅メーカーが一番論』をかざすことだと思いますが、私は太陽光発電は太陽光発電専門の販売店にお願いする事をおすすめしています。

住宅メーカー側からの意見

それでも住宅メーカー側はこう主張するでしょう。

我々は太陽光発電に最適な住宅を造れる

ただこれも、数少ない種類(住宅メーカーで扱っている太陽光発電は多くて3種類)の中から選び、その太陽光発電に最適な家を作っているのであって、地域の特性や周辺環境に最適化と問われれば疑問な所です。

今は、小さな工務店でも太陽光発電を扱っています。

太陽光発電って、パネルや周辺機器に関してはメーカーから仕入れいているのでどこも同じ代物なんですが、扱っている販売店によって価格はもちろん保障、サポート、点検などが変わってきます。

総合的に見ても『餅は餅屋』、『太陽光発電は太陽光発電専門店』というのが現時点の住宅メーカー、太陽光発電専門店を比較しての私の結論です。

住宅メーカーの担当者は太陽光発電に関して無知?

例えば、住宅メーカーで太陽光発電を設置するとなったら、窓口となってくれるのは担当営業マンになりますよね。

住宅メーカーの営業マンは住宅に関してのプロではあると思いますが、太陽光発電のプロではありません
例えば、太陽光発電に何か不具合が生じた時、分からないことがでた時、災害時などの万が一の時に住宅メーカーの営業マンに問い合わせてもたらい回しにされることがあります。
または、施工担当者から連絡が来る。

これでは、窓口業務を営業マンがしてくれているだけで、たいして役にたっていないわけです。

担当営業マンと気心が知れて、気軽に分からないことが質問出来て、その質問の答えが迅速に帰ってくることを望むはずでよね?

住宅ローンの範囲外でソーラーローン組める

住宅を建築するとはった方のほぼ全ての方が住宅ローンを使うことになるかと思いますが、太陽光発電を住宅メーカーでお願いしたらこの住宅ローン内の与信枠でのローン組みなります。

与信枠とは、金融機関からの借り入れる際の限度額のことです。

例えば、与信枠が3,000万円方であれば、住宅に2,800万円、太陽光発電に200万円というのが限度になります。

太陽光発電の専門業者は太陽光発電専門のソーラーローンという特別な融資制度を使いますので、この個人の与信枠とは別の所でお金を借りることができます

与信枠3,000万円の方であれば、住宅に3,000万円分の設備を設置でき、なおかつソーラーローンで太陽光発電を設置するというのが住宅の快適性の観点からはおすすめです。

ただ、ソーラーローンは住宅ローンよりも金利が高くなる傾向がありますので、金利による返済額の計算は必要になります。

住宅メーカーで太陽光発電を設置する際の注意点まとめ

太陽光発電は決して安い買い物ではりませんし、太陽光発電の寿命が30年程度だと言われていることからも住宅の資産となります。

高い買い物であるならば、きちんと比較するのは当然のはずなのに、住宅メーカーではメーカーの比較はほとんど行われません。これは上記で説明したように住宅メーカーで扱っているメーカーが単純に少ないからですね。

金額が大きくなればなるほど、金銭感覚がマヒして何十万単位の数字が疎かになります。

住宅の購入も太陽光発電の購入に関しても最後の最後まで財布の紐を意識しましょう。