設置工事の方法

太陽光発電の工事内容をまとめたカテゴリーになります。最新の屋根に穴を空けない工事方法もご紹介していますので参考にどうぞ。

太陽光発電施工業者ランキング【2018年最新版】

太陽光発電のトラブルの大半は施工によるもの 2015年の7月から太陽光発電を安心して設置できるように、県が各条件を満たした施工業者に優良施工業者として認定して公表されます。 県の優良施工業者認定制度の狙いは、これか住宅用などの小規模な太陽光発電の普及が目的です。 これは凄く素晴らしい制度ですね。 太陽光発電メーカーもたくさんありますが、それ以上に施工業者はたくさんあります。 今までは施工業者によっ […]

私が自分で作る(DIY)太陽光発電をおすすめしないワケ

DIY型太陽光発電ってどうなの? 最近になって流行っているのが自分で太陽光発電を設置するDIY型(Do It Yourself)の太陽光発電です。 太陽光発電と聞くとまだまだ『価格が高い』というイメージがありますが、少しでも価格を削減しようと自分で太陽光発電を設置する人が増えています。 しかし、この自分で太陽光発電を設置するDIY型の太陽光発電はまだ一般的でないため、誤った認識が多いのが実際のとこ […]

太陽光発電の発火原因と対策

太陽光発電からの発火原因 2016年10月31日に消費者安全調査委員会(消費者事故調)から太陽光発電に関する発火事故に関するデータが公表されました。 それによると、2008年3月から2016年10月までに太陽光発電を設置した住宅から発火や発熱、発煙などの事故が102件あったというものです。(太陽光発電設置世帯は約193万件です) その事故の中には、民家が半焼し隣家にも延焼したなどの最悪のケースまで […]

ZEH(ゼッチ)のキモは太陽光発電であるワケ

ZEHとは 最近よく耳にするのがネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House以下ZEH)なるワード。 ゼロハウスとか呼ばれていますね。 このゼロハウスの考え方が最近の主流で、私的にもエコ的にも経済的にもとても良いと思います。 ZEHとはいかなるものなのか見てみましょう。 簡単にZEHの事を言ってしまえば、自分の家で作った電気を自分の家で使って1年間の消費電力をゼロに […]

シンプル・レイ工法とは?設置者の口コミ・施工方法まとめ

シンプル・レイ工法で太陽光発電を設置した方の口コミ 我が家は、寄棟2面設置5.4Kwパナソニックパネルで架台をシンプルレイで2013年12月より発電開始しています。 確かに架台の価格は高いですね。 ただ、選んだ理由としては屋根に穴をあけないこともありましたが、それ以外に屋根ギリギリまでより多くのパネルを設置できるのでこの工法を選びました。(2013年はまだ国の補助金があり10年で回収可能であったこ […]

太陽光発電を設置する前に屋根塗装の必要性

太陽光発電を設置する前の屋根の塗装がおすすめ 太陽光発電を一度設置すると、それからなにか事故でもないかぎり(屋根が飛ばされるや隕石が降ってくるなど)20~30年は太陽光発電を屋根から取り除く事はしません。 太陽光パネルが設置してあるお宅の場合、屋根の塗装の方法は2つあります。 太陽光パネルをそのままで屋根のフチだけ塗装する 太陽光パネルを外して塗装してから再配置する 出来れば太陽光発電を設置する前 […]

太陽光発電の電圧上昇抑制回避まとめ

電圧上昇抑制とは 太陽光発電の目玉の一つに余剰電力が売れる事があります。 少しでも節電して、余剰電力を増やす事が太陽光発電における攻略法(なんの?。)であったりもします。 しかし、時にこの余剰電力が売れない現象が発生します。 『どうしよ!太陽光発電が壊れたぁぁぁ!!!』と、一瞬頭が真っ白になりそうなこの現象ですが、きちんと理由があり、決して故障ではありません。 電圧(電気を流そうとする圧力)は高い […]

太陽光発電を屋根以外に設置する場所

屋根が狭くてもメリットがでる家はある 住宅用太陽光発電は通常の場合、屋根に太陽電池モジュールを設置します。 なので屋根の面積がキモだということになります。 そして、どれくらいの屋根面積があればメリットが出るかと言えば、これは各メーカーが定める最低モジュール(パネル)枚数が乗る面積が必要だということになります。 また、各メーカーには保証が付与されていますが、このメーカー保証を受ける為にはメーカーが定 […]

住宅用太陽光発電が強風でも飛ばされないたった一つの理由

強風対策済みの施工を施しているので飛ばされる心配はない! 太陽光発電は屋根に野ざらしになっている事から、強風によって飛ばされてしまうんじゃないかと心配になるかたもいらっしゃるようです。 また、日本という国は台風が多いという特徴もあり強風には敏感になっているのかもしれません。 最初に結論から申し上げますと、強風によって太陽光発電が飛ばされる事はほぼないと言っていいです。 その理由は、各メーカーによっ […]

施工ID(太陽光発電)確認の重要性

施工IDとは 太陽光発電における施工IDとは、太陽光発電の施工、販売を行う為に各メーカーが付与した資格のことです。 太陽光発電のメーカーは国内だけも10以上、国外をあわせると20以上にもなります。 太陽光発電の施工、販売を行う為には各メーカーが行う研修に参加し実技試験、座学に参加し合格する必要があります。 各メーカーが行う研修に合格するとめでたく施工IDが付与されて太陽光発電の施工が可能になります […]

太陽光発電を3階建てに設置する際の注意点

3階建て物件にも太陽光発電は設置できる 太陽光発電は3階建ての物件にでも設置することは可能です。 しかし、通常の物件よりも足場代が多くかさむ場合があります。 また、施工業者によっては3階建の物件には乗り気ではない所もあります。 それは、太陽光発電の施工は太陽電池モジュールをはしごで人が担いで持って上がる為、3階まで行くとなると施工業者にとって負担となったり、それだけリスクが大きくなるからです。 こ […]

太陽光発電は引っ越しの際、移設可能ですが絶対におすすめしない理由

太陽光発電は引っ越しの時移設も可能だけど、、、 現在お住まいの家から引っ越しを考えている方や家の建て替えを検討している方などは太陽光発電を一度設置しても移設できるかどうかが、気になる所だと思います。 しかしご安心ください!移設は可能です。 ただ移設にかかる費用は50万円〜100万円というのが相場になっています。 この費用の中には、パネルや配線、パワーコンディショナなどのシステムの移設施工費費用、取 […]

木造住宅にも太陽光発電を設置する事は可能ですか?雨漏りは?

木造住宅にも太陽光発電は設置できる 太陽光発電は木造の住宅屋根にも設置は可能です。 太陽光発電において大切なのは、木造なのか鉄筋なのかではなく屋根の作りになります。 太陽光発電の施工方法は色々ありますが、施工業者によって扱える工法などが変わります。 一般的な施工方法では、屋根の垂木(たるき)と言われる屋根の骨組のような木にビスを打ち込んで架台を設置していきます。 現代の住宅ではこの垂木のない家はほ […]

陸屋根ですが太陽光発電は設置できますか?費用は?

陸屋根にも太陽光発電は設置可能 大抵の屋根には傾斜が付いていて、その傾斜に太陽電池モジュールを設置します。 しかし、オシャレな屋根で平らな屋根も存在し、その屋根の事を陸屋根(ろくやね)と言います。 陸屋根の太陽電池モジュールの設置も特別なものではなく、通常の施工でも用いられる架台で固定します。 そして、陸屋根には傾斜がありませんから太陽電池モジュールが一番発電されると言われている真南の方角に30度 […]

太陽光発電は落雷しやすい?対策は?

太陽光発電システムは落雷対策済み まず、太陽光発電システムを設置すると落雷しやすくなるかというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、断じてそんなことはありません! 太陽光発電システムを導入しているお宅、導入していないお宅ともに落雷する可能性は同程度のものとなります。 一応、建築基準法で高さ20メートルを越える建物には避雷針を設置しなければいけないという穂率があり、日本では避雷針の設置義務があり […]

太陽光発電をHEMSと連携させることで得られる3つの事

HEMS(ヘムス)とは HEMS(ヘムス)とは、Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)の略になり家庭の使用電力、太陽光発電で現在作っている電気、売っている電気などをインターネットで連携させて家庭の電気を見える化するシステムの事です。 パナソニック公式ホームページにHEMESとはなにかの動画が掲載されていたので、転載させていただきます […]

太陽光発電は新築と既築どちらに付けたほうがいいの?注意点は?

太陽光発電は出来れば新築に設置しましょう 私は基本的に太陽光発電は良い物だと思っています。 『基本的』になんて、思わせぶりな書き方をしてしまいましたが、要はその家に一番合った太陽光発電を設置する事ができれば良い物となるし、家にミスマッチな太陽光発電を設置したらメリットの少ない高価な物となるということです。 太陽光発電を設置したらその月から屋根で電気を作ってくれて自己消費または売電によって恩恵を得る […]

太陽光発電が設置できない屋根があるって知ってた?

全ての屋根に太陽光発電が設置できるわけではない 最近は新築住宅の4割に太陽光発電が設置されるなど、日本でも太陽光発電というものがだいぶ普及してきました。 そんな社会的な風潮からわが家も太陽光発電検討してみようかな?という方も増えてらっしゃいますが、その前に一つ確認しておきましょう。 あなたの家は太陽光発電が設置できるお宅ですか? 残念ながらどんな家にも太陽光発電が設置できるわけではありません。 取 […]

太陽光発電の直列と回路の関係性【解説イラスト付き】

直列と並列 太陽光発電についてのカタログを見ていると『直列』とか『回路』という文字がよく出てきます。 これは太陽電池モジュールから生み出された電気をどのようにしてパワーコンディショナに送るかと言うことを表しています。 どのメーカーのカタログにもよく出てくるので、その構造を理解しましょう。 理科の授業なんかで直列、並列という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、その直列です。 簡単に直列と並列をご […]

屋根が狭くてもメリットがでるルーフィット設計とは?

ルーフィット設計を使えば効果的に太陽光発電が設置できる ルーフィット設計とは屋根の大きさに合わせてサイズが違うモジュール(パネル)を組み合わせて配置させる仕組みのことです。 ルーフィット設計によって、より多くのモジュールが配置できますので発電量もアップさせる事が可能です。 例えば、下記のようなモジュールの配置だと屋根をフルに活用できていません。 ルーフィット設計であれば、サイズが違うモジュールを組 […]

太陽光発電を構成する5つのシステムと仕組み

太陽光発電というと屋根の上にあるモジュール(パネル)にばかり目がいきがちですが、モジュールだけでは太陽光発電は作動しません。 太陽電池が太陽の光を受けて家で電気を自家消費し余った電気は電力会社に売る、その一連の仕組みの事を太陽光発電システムと言います。 太陽光発電システムを構成する装置一式をご説明します。 モジュール(パネル) 住宅用であれば屋根の上にある黒っぽいパネルが太陽電池です。 モジュール […]

太陽光発電を設置する時の屋根は瓦がいいの?トタンがいいの?

瓦でもトタンでも太陽光発電はメリットがでる 太陽光発電を設置する上で屋根の材質は発電にさほど関係ありません。 しかし、一般家庭ではあまりありませんが8kWとか9kWのシステムが乗るような広くて大きな屋根の場合、瓦の重さだけでも数百kgにもなります。 その上に大量のモジュール(パネル)と架台を設置するとなると屋根にかなりの負担がかかることになります。 それでも今の日本の家屋はしっかりしているので建設 […]

太陽光発電の施工方法【画像あり】

太陽光発電の営業マンに多いのがモジュール(パネル)やパワーコンディショナーなどの周辺設備に関しては詳しいけど、それを設置する施工法に関しては無知な人です。 このようなタイプの営業マンは商品を売る事しか頭にないので、施工に関して興味が沸きません。 家もそうですが、実際に買うってなった時にあなたの一番近くにいるのは営業マンになります。 その営業マンが商品を売る事しか頭にないような人間だったら、商品購入 […]

太陽光発電の契約から設置、発電するまでの流れ

実際に太陽光発電を設置すると決めたら太陽光発電の販売店と契約という流れになりますが、ここでは実際に契約から発電するまでの流れを順を追って簡単に説明します。 煩わしい作業などはないので安心してください。 各メーカーの見積もりを取る まずは各メーカーから見積もりを取りましょう。 それは一軒一軒屋根の形と大きさが違うため、お隣で良いとされている太陽光発電があなたのお宅ではメリットがでないメーカーだったり […]