太陽光発電を設置したらオール電化にしなければいけないの?

太陽光発電+オール電化が最強

太陽光発電を自宅に導入したら必ずしもオール電化にしなければいけないわけではありませんが、オール電化にすることでメリットが大きくなるご家庭が多いのは事実です。

太陽光発電に関して聞いてみると、下記のようなお言葉をいただくことがありました。

  • オール電化じゃないから太陽光発電を設置しても意味ないんじゃない?
  • 太陽光発電を設置したらオール電化にしなければいけないんじゃない?
  • ガスを使っている家に太陽光発電を設置して意味あるの?

結論から言ってしまうと、太陽光発電を設置したからと言ってオール電化にしなければいけないわけではありませんが、一緒にオール電化にしてしまったほうがメリットが大きい家がほとんどです

それは太陽光発電の導入によって将来的な光熱費ゼロ住宅を目指せるからです。

⇒ 一日の発電リズムを理解して光熱費ゼロを目指しましょう

太陽光発電を設置してもガスを使うお宅

当たり前ですが、ガスをお使いのお宅はいつまで経ってもガス代を支払う必要があります。

しかし、稀にガスを使ったまま太陽光発電を設置される方がいらっしゃいました。

理由を聞くと、自分の子供に火を使った生活を体験させたいという親心からという方もいらっしゃいました。

太陽光発電やオール電化のメリットと聞くとつい経済的メリットを思い浮かべてしまいますが、それだけがメリットではありませんよね^^

上記のようなお宅は子供が小さい頃にはガスと太陽光発電を併用して使って、子供が成長したらオール電化に切り替えるとおっしゃていました。

なんにしても経済的メリットを考えるのであればオール電化にして将来的な光熱費ゼロ住宅を目指すほうが得策であると言えます。

シュミレーション方法

太陽光発電とオール電化を自宅に導入したらどのような経済的なメリットがあるのかというシュミレーションをしてみます。

ガスや電気の使い方は各家庭によって違いますので、あくまでも参考程度にしてください。

ガスをお使いのお宅

毎月のガス代+毎月の電気代=光熱費(/月)・・・①

太陽光発電+オール電化のお宅

毎月の電気代+太陽光発電の月々のお支払い額+オール電化設備への月々のお支払い額=光熱費(/月)・・・②

単純に①と②比べる事が現状の生活にとってメリットがあるかどうかの比較になります。

もっと言いますと、①の代金が20,000円(ガス代10,000円、電気代10,000円)と②の代金が25,000円(電気代15,000円、太陽光発電の支払額5,000円、オール電化の支払額5,000円)を比較して、現在の生活に5,000円をプラスすることで将来的な光熱費ゼロ住宅が目指せれば良くないですか?という話しです^^

これにメリットを感じないのあれば、無理に太陽光発電もオール電化も導入する必要はありません。

ただ、太陽光発電の支払いもオール電化の支払いもゆくゆくは無くなるものですよね?

それを考えると長い目で見るとどちらが家にとってメリットがあるかは明白です。

もっと詳しいシュミレーションはこちらを参考にしてください^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト

当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ