太陽光発電は3階建ての家にも設置できるの?

3階建て物件にも太陽光発電は設置できる

太陽光発電は3階建ての物件にでも設置することは可能です。

しかし、通常の物件よりも足場代が多くかさむ場合があります

また、施工業者によっては3階建の物件には乗り気ではない所もあります。

それは、太陽光発電の施工は太陽電池モジュールをはしごで人が担いで持って上がる為、3階まで行くとなると施工業者にとって負担となったり、それだけリスクが大きくなるからです。

このように、3階建て物件の施工には乗り気ではない業者もありますが、施工自体は可能なので契約前にきちんと施工してくれる所か了承をとった上でお願いすればよいでしょう。

ただ、3階建て物件の場合屋根が小さい物件が多いので、不安な方は最低システム枚数が屋根に乗るかどうかという現地調査とメリットがでるかどうかシュミレーションを先に販売業者に行ってもらってください。

大概の業者はシュミレーションを無料で行ってくれるので悩む前に見てもらってください^^

3階建ての家は屋根が狭い?

3階建てのお宅の特徴として屋根が狭いお宅が多いですね。

なので、単純に施工自体は3階建てのお宅にも設置は可能ですが、あまりに狭い屋根では発電メリットが出ません。

これはコストパフォーマンスという意味ですが、パワーコンディショナと設置する太陽光発電の兼ね合いによって決まってきます。

例えば、ソーラーフロンティアのKP40K3-SS-A(パワーコンディショナ)の定格出力は4.0kW、価格は106,000(オープン価格)ですが、屋根が狭くて太陽光発電を3kWまでしか設置できなかったとしたら、もっと大きなシステムに耐えられるパワーコンディショナなのに性能を持て余せている状態ですね。

こうゆう観点から、あまりに狭い屋根には太陽光発電はおすすめしません。

メーカーにもよりますが、2kW程度のシステムが載らない屋根だとメリットが出ないお宅がほとんどでしょうね。

ちなみに、現在(2016年)時点の売電の価格は33円(出力制御設置義務あり地区)で、買電価格は東京電力圏内で32円(夜トクプラン)で売電代の方が大きいです。

自分の家で作った電気を自分の家で消費するよりも節電して少しでも電力会社に売ったほうがオトクだということです

自家消費分を稼ぐだけのシステムではメリットが小さく、あまりおすすめはできません。

3階建て物件にお住まいの方は慎重に設置検討をしましょう。

【2017年】都道府県別補助金