三菱太陽光発電の口コミ

三菱の口コミ

良い口コミ

1月の売電は10,528円でした

この投稿をInstagramで見る

今回の売電結果が来ました😃 ちなみに、ウチは三菱の太陽光パネルを4.9キロ載せています。 ¥28/kWhの計算になりますね(*^_^*) 年間を通して、電気代が賄えるとイィなぁと思います✨ ちなみに、九電のキレイライフプラスっていうアプリで、電気代のチェックができます!←最近知ったばかりという🤣 #売電 #売電価格 #売電収入 #売電単価 #三菱太陽光発電システム #mitsubishi #三菱#九州電力 #九電#太陽光発電#余剰買取 #太陽光パネル #太陽光売電 #太陽光発電 #太陽光発電システム#キレイライフプラス#web版 #検針票 #28円#スマートメーター#昭和建設

morimohouseさん(@morimo.house)がシェアした投稿 -

寄棟屋根にも美しく設置できたので三菱を選びました

4人家族で5.0kWのシステムを設置しました。

寄棟屋根にも美しく、かつ効率よく載せられる台形モジュールがあったため、三菱製品に決めました

太陽光発電は今のところ、最も身近な接続可能なエネルギー。
初期費用はかかりますが、それ以上のメリットがあると思っています。

販売店のシミュレーションを大幅に上回りました

太陽光発電導入の翌朝には嬉しくて日が昇る前に目が覚めました。
初日からよく発電してくれて、メーターを見ては感動しました。
2013年の1年間で4,600kWhも発電。

販売店のシミュレーション値3,300kWhを大幅に上回りました

大変満足しています

50kWの太陽光を設置しました。たいへん効率もよく、見積もり時の年間発電量を10%もオーバー大変満足しています

知人もPRし検討を開始しましたが、買取価額が年々下がるのが・・・・

悪い口コミ

発電量に不満


 2019年における太陽光発電のメーカーを価格や性能、特徴などの面からランキング形式で比較しました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。

三菱の最新相場は1kW248,000円

※2019年1月時点での相場になります。
※大手販売会社4社の平均価格で算出しています。

1kWあたり248,000円(税別)

太陽光発電の価格推移に関しては別ページにてまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

最新パネル【マルチルーフシリーズ】

三菱最新パネル【マルチルーフシリーズ】
三菱は2013年6月にマルチリーフシリーズとして、高性能な台形パネルや正方形パネルの発売を開始しています。

これまでの三菱はパネルのサイズが大きくシステムを組む際にメリットの出るお宅は限られていましたが、マルチリーフシリーズの登場で、限られた屋根スペースをフルに生かせるようになり、一気にメリットの出るお宅が増えました。

特に台形モジュールと言われる、三角形パネルの性能は他のメーカーと比べても性能の良いパネルです。

寄棟屋根をお持ちの方は三菱のマルチリーフでシステムを検討してもよいでしょう。

マルチルーフシリーズ性能比較

三菱の新パネルマルチルーフシリーズの台形モジュールPV-MA1220NLがどの程度優れているのか、性能が近いシャープ社のパネル(NQ-103LG/RG)と比較してみましょう。

※スマートフォンで閲覧する時には横にスクロールしてご覧下さい。

メーカー メーカー小売り価格(1枚あたり) セル種類 最大モジュール変換効率 公称最大出力 寸法 質量
三菱
PV-MA1220NL
56,100円 単結晶 14.6% 122W 1,297×858×46mm 10.0kg
シャープ
NQ-103LG/RG
63,800円 単結晶 14.2% 103W 1,092×990×46㎜ 10.0㎏

シャープの台形モジュールも性能が低いものではありませんが、大きさや質量はほぼ同じにも関わらずそれを三菱PV-MA1220NLが全ての数値で上回ってますね。

寄棟屋根をお持ちで今まではメリットがでなかったようなお宅でも三菱のマルチルーフシリーズではメリットが出るかもしれませんね。

パネル一覧

※スマートフォンで閲覧する時には横にスクロールしてご覧下さい。

型式 小売り価格 セル種類 最大モジュール変換効率 公称最大出力 寸法(mm) 質量 保証
PV-MB3040PF 188,500円 単結晶 18.5% 304W 1657×994×46 19.0kg 25年
PV-MB3040PFS 194,600円 単結晶 18.5% 304W 1657×994×46 19.0kg 25年
PV-MA1220NH 56,100円 単結晶 16.9% 122W 843×858×46 8.5kg 25年
PV-MA1220NL 56,100円 単結晶 14.6% 122W 1297×858×46 10.0kg 25年
PV-MA1220NR 56,100円 単結晶 14.6% 122W 1297×858×46 10.0kg 25年
PV-MA0980NV 45,100円 単結晶 16.7% 98W 843×698×46 7.0kg 25年
PV-MA2410PF 149,400円 単結晶 18.2% 241W 1337×990×46 15.5kg 25年
PV-MA2300N 82,800円 単結晶 16.2% 230W 1657×858×46 16.0kg 25年
PV-MA2300NS 87,400円 単結晶 16.2% 230W 1657×858×46 16.5kg 25年
PV-MA2530N 161,900円 単結晶 17.8% 253W 1,657×858×46 16.0kg 25年
PV-MA2530NS 167,000円 単結晶 17.8% 253W 1,657×858×46 16.0kg 25年
PV-MA2500N 150,000円 単結晶 17.6% 250W 1,657×858×46 16.0kg 25年
PV-MA2500NS 155,000円 単結晶 17.6% 250W 1,657×858×46 16.0kg 25年
PV-MA1970NW 90,600円 単結晶 17.0% 197W 1,657×698×46 13.0kg 25年
PV-MA1970NV 45,100円 単結晶 16.7% 98W 843×698×46 7.0kg 25年

三菱のパワーコンディショナは国内NO.1

三菱の太陽光発電の特徴
三菱の一番のウリはパワーコンディショナー電力変換効率が98.0%と極めて高い点にあります

太陽光発電は決してモジュールだけで作動するわけではありません。

屋根の上で作った電気をパワーコンディショナーで自宅で使える電気に変換して配電盤を通って各家電に電力が配給されます。

そして余った電気は再度配電盤を通って売電用メーターを通って電力会社へ流されます。

ここまでに必要となる一式(システム)を太陽光発電システムと言います。

それゆえ屋根で作った電気がそのまま自宅で使えると思っている方もたくさんいらっしゃいましたが、パワーコンディショナーで電気を変換する際などに若干ながら電気が消失します。

その点、三菱のパワーコンディショナーの電力変換効率は国内各メーカーの中でNO.1です

また三菱は、パワーコンディショナーやカラーモニタ(リアルタイムで発電状況が確認できる液晶画面)の耐久性などの信頼度が高い点も見逃せません。

パワーコンディショナーに関しては−10°〜40°の耐久テストにクリアしています。

他メーカーにない取り組みとして電気自動車を視野に入れた商品の開発に取り組んでいる点も他メーカーにはない取り組みです。

ただ三菱の場合、モジュールの力不足は否めません

三菱の太陽光発電の中で一番発電量が大きいもので225W(PV-MA2250K)になりますが、これは東芝の太陽光発電の250W(SPR-250NE-WHT-J)に大きく劣っています。

そしてサイズも大きめなので発電量を第一に考えるお宅には向かないかもしれません

保証内容は他メーカーを圧倒している

  • モジュール出力保証20年(無料)
  • 機器保証10年(無料)
  • 接続箱1年間(無料)
  • 4年ごとの定期点検制度(有料)
  • 沿岸補償(有料)
  • 延長保証(有料)

三菱太陽光発電システムの出力保証は、公称最大出力の80%を下回った場合には引き渡し日から20年間無料で修理、交換をしてくれます。

また、通常の保証内容では心配な方には、有料になりますが延長保証が用意されています。

延長保証では太陽電池モジュールは20年、パワーコンディショナ・接続箱(マルチアレイコンバータ含む)・架台・取付金具は10年間無料で修理してくれます。

パワーコンディショナの変換効率がカタログ数値から90%を下回った場合は10年間(延長保証の場合には15年間)無料で修理、交換をしてくれます。

こちらは有料にはなりますが、自然災害(火災・落雷・風災・雪災・水災・飛来物)によるリスクをお考え方には災害にも補償が付けられます。

三菱の補償面の厚さは口コミでも定評があります。

シミュレーション例

三菱都道府県別発電シミュレーション
画像参照元:三菱電機

太陽光発電選びの一つの指標として発電量があげられますが、パネルの公称最大出力よりも大切なのは実発電量になります。

公称最大出力とは、JIS(日本工業標準調査会)で 、AM(エアマス)1.5、放射照度1000W/†、モジュール温度25度で定められた出力数値になります。

当然、地域によって放射照度も違いますし気温も違います。

太陽光発電は熱に弱いという性質を持っていることから、真夏日が長く続くような地域では発電ロスが大きくなります。

自然環境の中に太陽光発電を設置した時に、一年間でどれだけ発電したかという実発電量が大切になってくるわけです。

《5.06kWシステムを設置した場合の発電シミュレーション条件》
250Wモジュール(PV-MA2530N)20枚
パワーコンディショナ(PV-PN44KX2)1台
真南設置
屋根傾斜30°
  • 札幌(北海道)5,760kwh
  • 仙台市(宮城県)5,853kwh
  • 東京都5,667kwh
  • 金沢市(石川県)5,320kwh
  • 大阪府5,912wh
  • 広島市(広島県)6,307kwh
  • 福岡県5,925kwh

なお、詳しい発電メリットの計算方法に関しては別ページにまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

三菱は沿岸地方の方におすすめ

三菱は太陽光発電のみならず、蓄電池や電気自動車にも力を入れている事もあって、他のエコ商品との相性が良く将来、電気自動車の購入を検討されている方などは特に大きな工事など必要なく家で充電ができます。

また、サイズが大きいのは否めませんが、それは性能の低さを表しているわけではありません。

広い屋根をお持ちのお宅であれば単結晶モジュールとNO.1パワーコンディショナーによって効率よく発電してくれます。

さらに三菱は海から最高50m離れていればメーカー保証が受けられるので、潮風の影響が考えられる沿岸地方では特に重宝されるメーカーです。

パワーコンディショナも屋外設置用があったり、各部材が潮風にも対応しています。(沿岸対応)

三菱は太陽光発電を使ってスマートライフを送りたい方、沿岸地方の方ににおすすめしたいメーカーですね

三菱口コミまとめ

三菱の口コミをまとめると

  • 台形パネルの性能が高い
  • 発電結果に満足している人が多い

と言った感じです。

三菱は総合的に見て設置候補(メーカー比較)には入れてほしいメーカーです

一枚一枚のモジュールの発電量は確かに他メーカーには劣りますが、広い切り妻屋根をお持ちのお宅だと他メーカーを圧倒するパフォーマンスをたたき出すお宅もありましたので、是非見積もりのをお取り寄せの際にはシミュレーションまで行ってほしいですね。

私は三菱の家電メーカーらしいパワーコンディショナーの電力変換効率や20年保証などに、企業としての信頼を感じました。

ちなみに、三菱は当サイトでも2019年の太陽光発電ランキングで補償面が優れているとしておすすめしています。

口コミを見ると、三菱のコストパフォーマンスの良さ、保証面の充実に魅力を感じて設置する方が多いようですね

一時の価格や流行で決めずに、メーカーの背景などから太陽光発電を選ぶと設置してからの後悔はないように思います。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【ナコウド】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる一括見積もりサイト『ナコウド』をオススメしています。

ナコウドでは専門のアドバイザーが無料で顧客の要望に合った業者を数社紹介してくれます。

また、見積りだけでなく補助金や現在の太陽光発電の事情などの相談もできますので、自分で色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

利用は無料(土日祝も対応してくれます)ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ ナコウド公式ホームページ
太陽光