東芝太陽光発電の口コミ

東芝の口コミ

良い口コミ

思ったよりも売電があった

太陽光と蓄電池を活用しながら毎日生活しています

実は、妻は以前から太陽光と蓄電池に興味を持っていて、販売店さんからSシリーズをすすめられた時も『東芝って発電効率がいいんだよね。』って。妻だけにまかせっきりにならないよう、私も販売店さんに質問してみたり、詳しい知識を持つ友人に話しを聞いたりして勉強しました。

以前から『夜間が割安になる電気プラン』を活用していたので、ハイブリッド蓄電池を導入しました。

割安な深夜電力を蓄電池にためて朝夕に使用し、昼間太陽光で発電した電気はできるだけ売電しています

買う電気をどれだけ少なくできかを考えて太陽光と蓄電池を活用しながら毎日生活しています。

東芝だけ3kW設置できた

夫婦の新居として購入した新築住宅。駅近なので狭小地の3階建てですが、狭い屋根でも太陽光を設置できるスペースはあったんです。

せっかくのスペースを活かさないのはもったいないし、防災時の電力時給のことも考え、太陽光発電の設置を検討。

数社に見積りを依頼したら、設置容量は1kW台、良くて2kW台程度。そんな中、今回の販売店さんからは『東芝の345Wのパネルなら効率よく設置できますよ』と提案を受け、実際に現場を調査してもらい、345Wの太陽光パネルがぴったり9枚設置できることを確認。
なんと他社ではできない3kW超えが実現できたんです。

売電した分は貯蓄して、繰り上げ返済に回しています

東芝は変換効率が一番いいと聞いて、他社ともいろいろ比較した結果、年間でみると一番発電量が多いのがやはり決め手になりました

売電した分は貯蓄して、繰り上げ返済に回しています。

もうすぐ1年になりますが、10年ぐらいで太陽光発電設置分の元はとって、その後の10年で売電した分は住宅ローンの返済に充てようと考えているんです。

20年後ぐらいにはいい蓄電池が出ているでしょうから、その後は蓄電して自宅で使いたいなと。

曇りの日でもしっかり発電しているので嬉しくなりますね

以前は電気代を私が細かくチェックしていたんですが、今では減っていることが当たり前になり、確認することもなくなりました。

毎朝起きるとまず天気をチェックするのですが、毎日の天気には一喜一憂しています。ただ、東芝の太陽光は曇りの日でもしっかり発電しているので嬉しくなりますね

着々と貯まっていく太陽光貯金。今はまだ手をつけていませんが、5年後くらいに家族で沖縄旅行に行きたいな

多い月は2万円くらい売電収入がありました

太陽光発電を設置して、はじめて電気明細を見た時、電気って売れるんだ~となんだかすごく不思議な気分でした。

私たち夫婦は共働きなので、平日の昼間はほとんどいません。自分たちがいない間にこんなに発電してくれているんだ!ともうびっくり。

さすが東芝の太陽光発電。発電力は予想以上で、なんと、多い月は2万円くらい売電収入があるんです

本当に満足しています

実際に設置してみて、本当に満足しています。デザインもシンプルで、歴史情緒あふれるわが街にもすっと溶け込んでいます。

カラー表示器もわかりやすく、中学生の息子も興味津々。家の中でどれくらい電気を消費しているのかが一目でわかるので、家族に節電の意識が芽生えるきっかけにもなりました。

さらに、売電収入は家族の楽しみを増やしてくれています。車を買い替える資金の一部になったり、子どもが好きなコンサートに行ったり。

今後も、毎年家族で行く花火大会や旅行など家族サービスに使っていきたいです。

悪い口コミ

東芝倒産で保証が効かずってことがなければ良いのだが


 2020年における太陽光発電のメーカーを価格や性能、特徴などの面からランキング形式で比較しました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。

東芝の最新相場は1kW260,000円

※2020年1月時点での相場になります。
※大手販売会社4社の平均価格で算出しています。

1kWあたり260,000円(税別)

太陽光発電の価格推移に関しては別ページにてまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

最新パネルSシリーズ

東芝最新パネルSシリーズ
2018年3月15日、東芝は世界最高の高効率を実現したSシリーズのパネルの発売を開始しました。

今回新たに発売されたパネルの特徴は以下になります。

小売り価格(税抜) 型式 セル種類 変換効率 公称最大出力 寸法(mm) 質量
262,800円 SPR-X22-360 単結晶 22.1% 360W 1559×1046×46 18.6kg
SPR-X21-265 単結晶 21.3% 265W 1559×798×46 15.0kg
182,500円 SPR-E20-250 単結晶 20.1% 250W 1559×798×46 15.0kg

今回の目玉はなんと言っても、世界最高の発電効率を実現したSPR-X22-360になります。

最大モジュール変換効率22.1%は他メーカーを圧倒していますね。

寸法、質量ともにほとんど変わらずに変換効率だけが向上しているので、屋根の上という限られたスペースに設置する際には最高の仕様となっています

また、今回は寸法の違う長方形のSPR-X21-265とSPR-E20-250も新登場して、さらに効果的に屋根面積にパネルを敷き詰められるようになり今までよりも10%~20%も全体的な発電量アップも期待できるようになりました。

パネル一覧

型式 小売り価格 セル種類 変換効率 公称最大出力 寸法(mm) 質量 保証
SPR-X21-345 258,800円 単結晶 21.2% 345W 1559×1046×46 18.6kg 25年
TGX-280PM-WHT-J 126,800円 単結晶 17.1% 280W 1650×990×40 19.0kg 25年
TML-270N-WHT-J 178,200円 単結晶 18.2% 270W 1480×1000×40 15.2kg 25年
LPV-125E-BLK-J 78,800円 単結晶 15.1% 125W 838×983×46 10.3kg 25年
LPV-83LE-BLK-J 74,700円 単結晶 12.9% 83W 838×983×46 8.3kg 25年
LPV-83RE-BLK-J 74,700円 単結晶 12.9% 83W 838×983×46 8.3kg 25年
SPR-250NE-WHT-J 182,500円 単結晶 20.1% 250W 1559×798×46 15.0kg 25年
LPV-200E-BLK-J 126,000円 単結晶 15.4% 200W 1318×983×46 15.7kg 25年
TMX-205P-WHT-J 110,700円 多結晶 15.8% 205W 1318×983×46 14.8kg 25年
SPR-125NE-WHT-J 106,500円 多結晶 19.6% 125W 799×798×46 7.7kg 25年

東芝のパネルは世界NO.1の高性能のパネル(変換効率22.1%)

バックコンタクト方式(東芝)
東芝のウリはなんと言っても最新パネルSPR-X22-360の変換効率22.1%が他のメーカーよりも頭一つ抜きに出ている点にあります

これは東芝製のパネルがバックコンタクト方式で製造されている為です。

バックコンタクト方式とは電極をモジュール(パネル)の裏面に配置して光のロスを減らしたモジュールのことです。

太陽電池モジュールは太陽の光を利用して発電するわけですが、その全てを電気に出来るわけではありません。

ということで、少しでもこのロスぶんを減らしたいわけですが、通常のモジュールは表側に電極を設置してあるので光が反射してしまってロスが発生してしまいます。

この反射ロスを低減させる為に、モジュールの表面にはARコートと言われる光の反射を抑える特赦なガラスを採用し、その光の抵抗を低くするために電極をモジュールの裏側に設置したモジュール構造をバックコンタクト方式と言います。

バックコンタクト方式で作られたモジュールはそうでないものに比べて、朝や夕方の弱い光でも発電してくれるので年間でみると通常のものより大きな発電が期待できます。

また他のメーカーの太陽光発電よりも小さくて軽いので、限られた屋根面積を有効に使って発電してくれますし、家への負担も抑える事ができます。

ただ世界最高のパネルを持つ東芝ではありますが、2010年から太陽光発電に参入したので、まだ太陽光発電に関しての実績は多くありません。

また、パネル自体はアメリカのサンパワー社の商品をOEM(他メーカーの商品を独自ブランドとして販売する事)として販売しています。

なのでサンパワー社の実績が東芝の太陽光発電の実績とイコールになるわけですが、サンパワー社自体は1985年から太陽光発電事業を開始していて業界では老舗企業です。

そのような経緯も合ってモジュール変換効率世界一のシステムが開発できたのでしょう。

今回、短所としてあげた実績というのは太陽光発電を販売する上でのお客様対応やクレーム処理がまだまだ未熟な感があるという事です。

加えて東芝は、自社でパネルや周辺機器の製造を行っていないのでモジュールの種類が少ないのも日本の複雑な屋根には合いません

東芝のパネルはバックコンタクト方式で製造されている為、通常の単結晶や多結晶パネルと比べて価格が高くなります。

他のメーカーと比較すると1枚あたり5,000円~6,000円程度高くなりますね。

これは、バックコンタクトモジュールを作る工程が面倒なため、製造コストが上がってしまうからです。

日本では国内シェアNO.1のパナソニックと比較されることが多いですね。

なお、パナソニックとの比較に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

メーカー保証内容(パワフル保証は2019年11月に廃止)

  • モジュール出力保証25年(無料)
  • 機器保証10年(無料)
  • 定期点検として1年、4年(有料)

東芝のモジュールは世界NO.1の発電効率を誇っていますが、その出力を公称最大出力の90%の90%未満となった場合は無償でモジュールの交換を行ってくれます。(出力保証)

また、機器保証も10年間付いていて、対象となる機器は太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、昇圧ユニット、接続箱、太陽電池モジュール用架台になります。

どれも正常に作動しなくなったら無償で交換してくれます。

なお、東芝には『パワフル保証(有償)』のサービスがありましたが、2019年11月29日で新規受付が終了しています。(すでに加入している人は契約日満了まで保証が継続されます。)

他メーカーとの保証内容の比較に関しては別ページでまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

都道府県別発電シミュレーション例

2019年-2020年東芝都道府県別発電シミュレーション
画像参照元:TOSHIBA

太陽光発電選びの一つの指標として発電量があげられますが、パネルの公称最大出力よりも大切なのは実発電量になります。

公称最大出力とは、JIS(日本工業標準調査会)で 、AM(エアマス)1.5、放射照度1000W/†、モジュール温度25度で定められた出力数値になります。

当然、地域によって放射照度も違いますし気温も違います。

太陽光発電は熱に弱いという性質を持っていることから、真夏日が長く続くような地域では発電ロスが大きくなります。

自然環境の中に太陽光発電を設置した時に、一年間でどれだけ発電したかという実発電量が大切になってくるわけです。

《5.4kWシステムを設置した場合の発電シミュレーション条件》
360Wモジュール(SPR-X22-360)15枚
パワーコンディショナ(TPV-PCS0550B)1台
真南設置
屋根傾斜30°
  • 北海道6,436kwh
  • 宮城県6,473kwh
  • 東京都6,453kwh
  • 福井県6,047kwh
  • 大阪府6,479kwh
  • 広島県6,919kwh
  • 福岡県6,514kwh
▼より詳細な発電メリットが知りたい方はこちら!

メールで概算見積りする

https://www.tainavi.com/

東芝は発電量重視の方(住宅用)におすすめ

太陽光発電に経済的パフォーマンス(発電量)を期待する方には東芝をおすすめします

その理由はやっぱり世界一のモジュール変換効率で発電量が多く、それでいてモジュール自体は小さいので小さい屋根、大きい屋根問わずメリットの出るお宅が多いからです。

しかし、パネルのバリエーションはそれほど多くありませんので、複雑な屋根には規格が合わないケースが多いです。

出来るだけ切り妻屋根、寄せ棟屋根などのお宅におすすめします。

東芝口コミまとめ

東芝の口コミをまとめると

  • 世界No.1の発電力に魅力を感じた
  • パネル以外の機器も使いやすい
  • 国内ブランドだから安心

と言った感じです。

なんと言っても東芝の一番のウリは性能の高いモジュールです。

業界ナンバーワンのパネルも東芝製のものです。

当サイトでも、2020年の太陽光発電ランキングにおいて東芝は一番におすすめしています!

設置者は東芝の発電能力の高いパネルに満足している方が多いようですね。

また、世界で最も革新的な企業100社を選出する『Top100グローバル・イノベーター2017』が発表されましたが、東芝は7年連続で受賞するなど企業としても安定した業績を築いています。

2018年になっても性能の良い最新パネルを発売するなど、まさに東芝は現在の太陽光発電業界を牽引していると言ってもいいでしょう。

東芝は、口コミ評価、パネルの性能、実績、全てにおいて日本でトップクラスの太陽光発電のメーカーと言っても過言ではありません。

比較検討の際には必ず東芝を選択肢の中に入れましょう!

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【タイナビ】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか60秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる『タイナビ』をオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

メールでの簡易見積りにも対応してくれるので、概算で相場を知ることもできます。

また、相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ公式ホームページ
太陽光発電