太陽光発電のトラブル【※被害者の声あり】

施工店による手抜き工事

急激に太陽光発電が一般家庭に普及したことで、施行技術者が足りなくなる現象が起きました。

それによってどうゆう事が起きたかと言えば、一日に4〜5件の施行を行うという無理な施行会社が現れ施行がずさんになり、それによって雨漏りなどのトラブルが発生しました。
また、無理なスケジュールをこなそうと職人さんのスキルが不足している状態で施工を任され雨漏りなどのトラブルに発展するケースもあります。

施行会社に実績があるのはもちろん確認したいところですが、無理なスケジュールで施行を行っていないかもトラブルの予防の為に確認しておきたい所ですね。

悪質業者による高額販売

現在(2017年11月)は国からの補助金は停止していますが、2011年に国からの補助金や買い取り価格がそれまでの倍の48円だったりしたことで、販売店も急増しました。

目立って増えたのが一軒家に訪問して販売する訪問販売業者です。

そして太陽光発電についてよく分からない高齢者に通常よりも高額で太陽光発電システムを強引な勧誘によって契約させてしまうトラブルが頻発しました

もちろん全ての訪問販売業者が悪い業者なわけではありませんが、訪問販売という営業手法は人海戦術なので人件費(経費)が多くかかるというこで、システムの価格は通常よりも高い傾向にあります。

訪問販売業者による強引な勧誘は今も根強く残っているので、興味のない場合にはしっかりと断りましょう。

発電シュミレーションの水増し

各メーカーによって発電量が違いますし、一件一件屋根の大きさや形、ライフスタイルも違うのでどれだけの電気が作れてどれだけの電気が売れるのかは家の屋根の立面図を見てシュミレーションをしなければ正確には分かりません。

そして、このシュミレーションで過度なシュミレーションをして消費者を騙す業者が出てトラブルの元となりました

しかし、このシュミレーションに関しては一般的にはよく分からない計算をすることになるので、単純に出された数値を信じるのではなくその根拠となる計算式まできちんと見せてもらうことが大切です。

ちなみに私がお客様のところで行っていたシュミレーションに関しては別ページにてご紹介していますので、興味があるかたはそちらも見てみてください。

家の前に急に高い建物が建設されて屋根が影になってしまった

太陽光発電を設置してしまった後で家の前に大きなマンションが建ってしまって屋根が影になってしまうこともあります

このようなトラブルを避ける為に、太陽光発電を設置する前にはきちんと近隣の環境も把握してから設置に踏み切りましょう。

特に、家の前が空き地になっているお宅や畑になっているお宅は、今はとても日差しが良いかと思いますが、その空き地にマンションなどの高い建物が建つ可能性は十分にあります。

私達には日照権という、最低限の日差しを受ける権利が確保されていますが、それでもマンションの建設などになると弁護士の力を借りる事になりかなりの労力を使う事になります。

太陽光発電設置前にあらかじめ、周辺環境を頭に入れてから検討したほうが良いでしょう。

反射光による訴訟

反射光によるトラブルイメージ図
2012年に太陽光パネルに太陽の光が反射して近隣住宅からクレームがあり、訴訟にまで発展し結局太陽光パネルの撤去に踏み切るというトラブルが発生しました。

この時は撤去費用や損害賠償などを施工店が払い終結しましたが、その費用は220万円にまで登っています。

近隣のお宅とのトラブルなんて最悪です!ましてや今回のようい訴訟にまで発展してしまったら時間も使うことになります。
それまで以上に近隣に気を使うことにもなります。

最悪のケースのトラブルと言ってよいでしょう。

自然災害によるシステムの不具合

最近で言えば2011年に起きた東北地方太平洋沖地震が記憶新しいですが、それによって家とともに太陽光発電もダメになってしまうお宅もありました。

太陽光発電を家に設置すると家の火災保険に太陽光発電を組み込む事ができますが、別途手続きが必要になります。

また、その火災保険には地震による損失は対象外とされている事が多いです。

そして、メーカーによっては災害保証をうたっている所もありますが、その保証も地震による損失は対象外となっているメーカーがほとんどです。

日本と言う国は地震が多いと言う特徴がある国です。

太陽光発電の地震保険には必ず入るようにしましょう。

また、2015年6月には強風によって200枚の太陽光発電のパネルが吹き飛んでしまったトラブルもあります
自然災害に関しては保険面でカバーすることになりますが、それでも周囲にも影響を及ぼしますし、怖いの一言です!

太陽光発電のトラブルは年間4,000件以上

太陽光発電の相談件数近年、太陽光発電というものが国や県などの補助金や発電した電気を買い取ってくれるサービスなどの影響で私達にとって身近な存在になりました。

しかし、普及する太陽光発電とともにトラブルも出てきています。

少々古いデータになりますが、2014年時点での国民生活センターへの太陽光発電に関する相談の件数は4,364件にもなっています。
中でも強引な勧誘による訪問販売による相談のケースが増えています。

訪問販売に対しては規制も厳しくなり徐々に相談の件数も減ってきていますが、以前悪質な業者が存在するというのが現状です。

太陽光発電トラブルに遭った被害者の声

平成24年10月に太陽光発電を設置し今に至りますが、昨年のいつからかは忘れましたが、雨漏りがしてきました。

パネルは南側につけていて初めのころは気にしていなかったのですが、今年の9月の中旬ごろから音が大きくなってきだしましてこの台風21号で天井にシミができてきました。

雨漏りの個所はパネルを取り付けている南側ではなく、北側の屋根の塗装だけ塗り替えた側から雨漏りがしているようです。
参照元:平成24年10月に太陽光発電を設置し今に至りますが、昨年のい… – Yahoo!知恵袋

暴風で災害用公営住宅に取り付けてあった太陽光パネルが、駐車していた自動車の上に落下したそうである。

どんな取付をしていたのだろうか?
参照元:暴風で災害用公営住宅に取り付けてあった太陽光パネルが、駐… – Yahoo!知恵袋

太陽光発電トラブルまとめ

太陽光発電のトラブルについては回避可能なものから自然災害などの回避不可能なものまであります。

規制の強化などによってトラブルが減少傾向にあるとは言え、トラブルの可能性は頭に入れつつトラブルに巻き込まれないように行動していきましょう。
自然災害などのようなトラブルに関しては保険の適用でカバーし、信用できる業者に一任することで万が一トラブルが起きてしまっても迅速に対応してもらえます。

トラブルが起きても迅速に対応してくれる実績のある業者の選定がなによりも大切になるということですね。

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事