洪水で太陽光発電が被害を受けた!そんな時には自然災害補償

太陽光発電の自然災害補償(水害)

洪水による被害には自然災害補償が適用されます

日本でも年に数回洪水による被害に見舞われる事があります。

そんな時に資産である太陽光発電が雨で浸水してしまったらなるの?

こんな質問をいただく事も多々ありました。

最初に結論から言いますと、洪水などによる自然災害では各メーカーが定める範囲の自然災害補償が適用されるので、実費によって被害を被る事はありません。

当サイトでご紹介している自然災害補償が付与されているメーカーは下記になります(無償と有償あります)。

例えば、サンテックの自然災害補償の抜粋内容が以下になります。

台風・落雷・火災・飛来物などによる災害で発生した太陽光発電システムの修理代金を補償します。

対象機器 太陽光発電モジュール・パワーコンディショナ・パワーコンディショナ用リモコン・接続箱・架台・ケーブル
補償対象 火災・落雷・風災(台風など)・雪災(豪雪など)・水災(洪水など)・外部からの物体の衝突など
補償対象外 地震・噴火・津波・製品を加工したことによる事故・小動物・虫食いなどによる損害など

サンテック公式ホームページより抜粋

自然災害補償を受ける際の注意点

上記でご説明したメーカーでは洪水などの被害が発生した場合には原則的に自然災害補償が適用されますが、ここで注意が必要になります。

またまたサンテックのからの引用になります。

自然災害補償はサンテックパワージャパンの自然災害補償に加入している販売店からの購入に限ります。
サンテック公式ホームページより抜粋

自然災害補償に関しては太陽光発電購入者が個別で費用を負担して入るわけではなくて、各販売店が自然災害補償に加入している必要があるというわけです。

上記で列記したメーカーを購入しても、それを販売している販売店が自然災害補償に加入していなければ水害による補償はうけられませんので、太陽光発電購入の際には販売店の自然災害補償加入の確認が必要になります。

小さな販売店などは加入していない可能性も多々ありますので、注意が必要です。

なお、災害補償の有無や、信頼できる販売店かどうかは簡単な方法で見つける事ができます^^

そちらも参考にしてみてください。

都道府県別補助金