【元営業マンが教える】太陽光発電はリスクが回避できちゃうワケ

太陽光発電のリスク回避策

太陽光発電を設置したする際の一番のリスクは、本当に発電してくれるの?という発電に関してのものでした。

また、天気が悪い日が続いちゃったら発電してくれなくて損しちゃうんじゃないの?というお客さまもいらっしゃいました。

いや、分かります、その気持ち!

そりゃあそうです!あんなに高い買い物をして『やっべ、失敗しちゃった』じゃ済みませんもんね^^;

ただ、私達がどんなに『大丈夫です!』と言ったところで、実際に発電してみなければ実感できませんし、頭で理解しようとしても不安が残るのも無理ありません。

そこで、太陽光発電には出力保証と日照補償というリスク回避の保証制度があります。

納得して設置する為にも出力保証と日照補償をきちんと理解しておきましょうね^^

出力保証とは

出力保証とは、メーカーが一定期間モジュール(パネル)の発電量を保証してくれて、それを下回るようだったら無償で修理、交換してくれるサービスです。
シャープの場合の出力保証は下記のようになります。

保証期間 モジュール最大出力の下限値(公称最大出力の90%)
引き渡し日から10年 90%
11年〜15年 85%
16年〜20年 80%

《例》
引き渡し日から10年以内のシャープ4.2kWシステム(210Wモジュール(NQ-210AD)20枚)を設置した場合の出力保証値は以下のようになります。

4.2kW×0.9=3.78kW(モジュール最大出力の下限値)

3.78kW×0.9=3.4kW

シャープ4.2kWシステムを設置した場合の出力保証値は3.4kWになります。

この値を下回るようだったら無償で修理、交換をしてくれるサービスが各メーカーの出力保証というサービスになります。

期間だったり値は各メーカーで定められているので、ご検討のメーカーの出力保証値を確認しておきましょう。

日照補償とは

日照補償とは、日差しが平均日照時間に満たない場合(気象庁テータ)は日照補償制度として現金が支給される制度です。

当サイトで日照補償のサービスがあるのはQセルズになります。

Qセルズでは最大で5万円の現金が日照補償によって支給されます。

またメーカー以外では、各販売店が独自のサービスとして日照補償を付与していケースがあります。

太陽光発電設置に関して不安がある方は、このような保障が充実しているメーカーや販売店を選ぶ事も大切ですよ^^

設備の費用が回収できるのは9年

太陽光発電を相場通りの価格で購入し正常に稼働したとしたら、太陽光発電はだいたい9年ほどで元をとることができます。

もちろん節電して売電に励めば9年よりも早く設備の費用が回収できるでしょうし、せっかく太陽光発電で作った電気をガンガン自家消費として使うようであれば回収期間は長くなります。

回収期間が長引けばそれだけリスクは高くなるということですね。

太陽光発電のリスク回避まとめ

太陽光発電に関してのリスクは設備の費用が回収できないという回収リスクをお持ちの方が大勢いらっしゃいました。

回収リスクは、すなわち発電してくれるのか?売電してくれるのか?というリスクですよね。

これは出力保証と日照補償で最低限は保証してくれていますが、私のお客様でもこの保証を使った方は一人もいらっしゃいませんでした

太陽光発電は大量生産の時代に突入したことで、設備のクオリティーも均一なものを市場に出すことができています。
逆に不良品がでるようであったら、それは大量の不良品が市場にあることを意味するわけです。

設備のクオリティーは安心していただき、発電に関してはかこの数値を元に設定された保証制度があります。

太陽光発電はにおいての設備回収リスクは、今の日本での太陽光発電の普及率10%程度という数値を見ていただいて判断していただければと思います。

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ