築25年でも太陽光発電によるメリットが受けられる理由

家の強度がしっかりしていれば築25年でもメリットはある

垂木固定方式太陽光発電は主に自宅の屋根にビスを打って設置します。

施工は各メーカーの規定に沿って行われますが、それでも屋根には負担になります。

なので屋根が痛んでいたり屋根が汚かったりすれば、それだけ雨漏りなどのリスクも生じてきます。

ちなみに屋根の塗装の頻度としては10年に一度行う事が理想的だと言われています。

もしも太陽光発電の設置を検討していて屋根の塗り替え時期前後だったとしたら、迷わず屋根の塗り替えをしてから太陽光発電の設置に踏み切りましょう。

なので、大切なのは物件の古い新しいというよりも、物件の手入れをしっかりと行えているかどうかというのがポイントになるということですね^^

施工前には現地調査を行う

太陽光発電を設置する際には施工会社が実際に屋根に登って屋根を計ったり、屋根の状態を見る現地調査というものを行います

現地調査によって、最終的に太陽光発電の設置が可能かどうかということが判断されます。

現地調査では主に

屋根面積の確認

目視による屋根の不具合、強度の確認

屋根に影などがないかの確認

屋根材の確認

野地板、家屋の確認

パワーコンディショナの設置位置確認

などを行います。

先に現地調査を無料で行ってくれる業者もあるので、ご自宅の屋根が設置可能かどうか見てもらってから検討してもいいかと思いますよ^^

倉庫やカーポートにも太陽光発電が設置できる

家の屋根に太陽光発電を設置するのが不安な方は自宅に倉庫やカーポートがあれば、そちらにも太陽光発電は設置が可能です

もちろん全ての倉庫やカーポートに設置が可能なわけではなく、倉庫の屋根を支える垂木があったり、メリットの出る面積かどうかなどをクリアした場合に限ります。

ただ、今の太陽光発電は一昔前に比べて小さくて発電能力の高いパネルが年々登場していますので、家の屋根が小さくてメリットが出なかった家にも設置が可能な状況です。

家のどこに太陽光発電を設置したら一番メリットがでるかどうか、悩む前に一度信頼のおける業者に見てもらってシュミレーションしてもらいましょう。

悩むのメリットを確認してからにしましょう^^

築25年の家でも太陽光発電のメリットは出るまとめ

現在の太陽光発電の寿命はだいたい30年程度と言われています。

そう考えると新築時から太陽光発電を設置するのが望ましいのは言うまでもありませんが、木造住宅の寿命は65年、コンクリート造の住宅では120年もつと言われています

そう考えると太陽光発電を後から設置しても十分にメリットが出る商品だと言えます。

ただ、住宅に関してもメンテナンスの有無によって劣化具合が変わってきます。
あまり手をかけていない住宅であれば、寿命よりも早い経年劣化が考えられます。

現地調査で家の不安な点なども含めて見てもらうことをおすすめします。

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ