あしたでんきは一人暮らしだと逆に高くなる!?お得になるラインはココ

あしたでんき切り替えの目安は電気使用量150kWh以上

あしたでんきシミュレーション結果
あしたでんきは基本料金0円というとても魅力的な料金プラン(標準プラン)が用意されていますが、電力量単価は25円50銭/kWhで東京電力の第一段階の料金(19円52銭)よりも高くなります。

従って使用量によっては現在の電力会社のままのほうがお得になることもあります。

あしたでんきの料金シミュレーションで、例えば東京に住む一人暮らしで昼間は学校、夕方から夜間にかけてアルバイトなどの生活をする大学生だと想定すると、契約アンペア20Aで月の使用量150kWhで計算するとあしたでんきに切り替えてしまうと年間で1,595円損をすることになってしまいます。

ちなみに契約アンペアを30Aにするとあしたでんきに切り替えた方がメリットは大きくなります。(年間最大1,775円)

大手電力会社の料金は契約アンペアによって基本料金が高くなる仕組みになっていますが、そもそもあまり電気を使わないような生活をしている学生などでは契約アンペアを下げるだけであしたでんきに切り替えるよりもメリットは大きくなります。

目安にはなりますが、月に150kWh以下の電気使用量であれば20Aでも十分に生活していけますので、あしたでんきへの切り替えよりも契約アンペアの見直しをおすすめします。

全国600社の新電力から最適な会社が見つかる!

新電力と呼ばれる電気の小売り事業を営む会社は全国に600社以上あります。
その会社ごとに特徴やプランなどが違ってきますので家庭にとって最適なプランを探すのはかなり困難状況です。

そこで、家庭の電気使用量やライフスタイルなどから、電気の専門アドバイザーが全国の新電力の中から最適な会社とプランを選んでくれるサービスがおすすめです。

面倒な切り替え手続きもサポートしてくれたり、料金の交渉も代行してもらえます。

無料で相談することができ、今だとキャンペーンで3万円のキャッシュバックも受けられます

電気料金の相談にも乗ってもらえるので、気軽に使ってみるとよいでしょう。

\3万円のキャッシュバックあり!/

あしたでんきの料金単価表(標準プラン)

※あしたでんきの対象エリアは以下の6つの電力エリアで北海道電力エリア、北陸電力エリア、四国電力エリア、沖縄電力エリアは対象外になります。

エリア 電力量料金
東京電力 25.50円
東北電力 25.50円
中部電力 25.50円
関西電力 21.50円
中国電力 23.50円
九州電力 22.50円

セット割やポイント付与のサービスはない

あしたでんきのデメリットとしてガストのセット割引や電気使用量に応じたポイントの付与などがないことがあげられます。

例えば東京ガスであれば、第3段階の料金は26.99円とあしたでんきよりも高くなりますが、電気料金1,000円につき15ポイントが付与される特典が受けられます。

貯まったポイントは東京ガスが運営するwebショップで使えたり、nanacoやTポイント、Ponta(ローソン)などでも使う事ができます。

あしたでんきのプランは確かにシンプルで分かりやすい反面、特典やサービス面などでは他電力会社に劣っていると言えます。

Looopでんきからあしたでんきへ切り替える人が多数


2019年6月に同じく電気小売り事業を行っているLooopでんきより個人情報流出(メールアドレス7,676件)の事件が起きました。

Looopでんきもあしたでんき同様基本使用料0円をウリに料金の安さで勝負している会社ではありましたが、顧客情報流出事件後、顧客はあしたでんきに切り替える人が増えています。

それだけ、あしたでんきのプランは魅力的なんですね。

あしたでんきは電力小売り事業に参入したのは2018年4月で他電力会社よりも新しくシェアもそれほど多くはありませんが、Looopでんき(シェア10位)からの顧客が流れてくることや、プランのシンプルさからこれからシェアが伸びることが予想されます。

あしたでんき基本情報

運営会社 TRENDE株式会社
供給エリア 東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア
料金プラン 標準プラン
たっぷりプラン
支払い方法 クレジットカードのみ
特典 アマゾンギフト券2,000円

まとめ

あしたでんきの切り替えは電気使用量150kWh未満であれば切り替えて損をすることも考えられますので、特に一人暮らし世帯では自分の電気使用量をよく確認して検討するようにしましょう。

一般的な世帯(3~4人家族)であれば切り替えによるメリットは見込めますので、電力の切り替えをおすすめします。

なお、関東地方エリアだけでも電気小売り事業を営む新電力会社は50社以上ありますので、あしたでんきも含めて電力会社の比較をするようにしましょう。

おすすめ新電力比較サイト
当サイトでは、手っ取り早く最もオトクな電力会社を探したい方に電気料金比較サイト『電気チョイス』をおすすめしています。

電気チョイスでは、家庭の電気使用量やエリアに応じて、最もオトクな電力会社を選んで紹介してくれます。

また面倒な交渉や見積もりのやり取りも全て代行してもらえます。

7月中に利用すると最大で3万円のキャッシュバックも受けられます!

無料で使えますので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の電力会社を見ておきましょう。

⇒ 電気チョイス公式ホームページ