パネルの種類・特徴

太陽光発電のパネルの発電性能や種類、特徴などをまとめたカテゴリーになります。自宅に合う太陽光発電の設置の参考にしてもらえると嬉しいです。

【太陽光発電】京セラとシャープ比較まとめ

京セラとシャープは比較されやすい 太陽光発電において京セラとシャープという実績のある日本を代表するメーカーということでよく比較されるメーカーでもあります。 また、京セラはSAMURAIやRooflex、シャープはBLACKSOLARと寄棟屋根に適した三角モジュールの充実と特徴も似ています。 昔の日本の家屋のように切妻屋根のだだっ広い屋根であればより発電量のあるパネルがあるメーカーを選べばよいと考え […]

【太陽光発電】カナディアン・ソーラーとQセルズ比較まとめ

カナディアン・ソーラーの特徴 カナディアン・ソーラーの特徴は、なんと言っても圧倒的な安さから来る、コストパフォーマンスの良さです。 2018年時点のカナディアン・ソーラーの1kWあたりの相場は210,000円になりますが、太陽光発電の性質上システム容量が大きくなればなるほど1kWあたりの価格は安くなります。 産業用では、1kWあたり200,000円を切ってくることから、常に比較検討の一つとして有力 […]

【太陽光発電】東芝とパナソニック比較まとめ

東芝とパナソニックの特徴比較 東芝太陽光発電の特徴 東芝の特徴は、なんと言っても世界ナンバーワンの高変換効率パネルによる圧倒的発電力です! 正直言って、他のパネルよりも頭一つ抜きに出てパネルの性能が良いです。 また、2017年に行われた太陽光発電設置者を対象にした満足度のアンケートでは、堂々の1位を獲得したメーカーでもあります。 東芝は、発電力にこだわる方には是非ともおすすめしたいメーカーです。 […]

【太陽光発電】シャープと三菱比較まとめ

シャープと三菱はよく比較される シャープと三菱は日本を代表する太陽光発電のメーカーですが、特徴も似ている為よく比較されるメーカーです。 その特徴とは、シャープはBLACKSOLAR(ブラックソーラー)、三菱はDIAMONDSOLAR(ダイヤモンドソーラー)という、どちらも高性能な三角モジュールを販売している所にあります。 現在の日本の屋根の主流は寄棟屋根であるため、この二つのメーカーの比較というこ […]

カッコイイ太陽光発電の画像まとめ

屋根一体型太陽光発電はカッコイイが、、、 通常の太陽光発電というと屋根の上に太陽電池モジュール(パネル)を置くスタイルです。 現在、ほとんどのお宅でこのオーソドックスな太陽光発電システムを使っていますがが、この太陽光発電ではモジュールの色が黒だったり青だったりなどの違いはあるものデザイン的にはほとんど変わりません。 しかし、お客様の中には太陽電池モジュールが屋根にこれみよがしに設置されている事に抵 […]

【太陽光発電】ソーラーフロンティアとパナソニック比較まとめ

ソーラーフロンティア太陽光発電システムの特徴 ソーラーフロンティアは他の太陽光発電メーカーと違い、パネルが化合物で構成されています。 CISモジュールと言われる、Copper(銅)+Indium(インジウム)+Selenium(セレン)でパネルが作られています。 CISモジュールの特徴は、パネルを流れる電気が細いため、部分的な影の影響がパネル全体にまで及びません。 その為、例えば、雪がパネルの一部 […]

太陽光発電の色(青?黒?)と発電の関係性

黒は単結晶、青は多結晶 太陽光発電のキモと言ってもいいのが、太陽電池モジュール(パネル)ですよね。 屋根の上に乗る一番目立つ部分でもあります。 この太陽電池パネルですが、メーカーによってサイズや発電量、重さや特徴まで変わってきます。 そしてその違いの一つにパネルの色があります。 パネルの色は大きく分けて、黒色と青色があります。 太陽電池パネルはシリコンの結晶で構成されていて、黒色のほうは、単結晶( […]

太陽光発電に雪が積もっても発電しますか?

太陽光発電に雪が積もったら発電しない 太陽光発電は太陽の光を受けて電気を生み出します。 太陽光発電の上に雪が積もってしまったら、太陽の光が遮断されてしまうので発電はストップしてしまいます。 しかし、例えば雪がモジュールの一部に積もっている場合にはその一部だけ発電ロスが起き全体の発電がストップするわけではありませんのでご安心くださいね。 また、あらかじめ雪国にお住まいの方で雪が積もるのが分かっている […]

海、潮風による太陽光発電の劣化と塩害対策メーカーはこれ!

海の近くにお住まいの方には塩害対策済みのメーカーがおすすめ 正直に言って、海に近い(海まで1km圏内)お宅はそうでないお宅よりもシステムの消耗が激しいと言われています。 海水の影響で金属類が錆びやすいというのは避けられないことです。 しかし、そんな海岸近くでもきちんと塩害対策が施してあるメーカーであれば海岸という環境を気にする事なく太陽光発電が設置する事ができます。 例えば、三菱のモジュールは耐候 […]

中古の太陽光発電をおすすめしないワケ

太陽光発電の中古品はおすすめできない 家屋の建て直しや取り壊し、震災などで発生して使い手がなくなった太陽電池モジュールを検査し再販売する太陽光発電の中古品が存在します。 性能的には最新パネルというよりは5年〜10年前の型落ち品が多い印象です。 当然、最新のものよりも発電量、発電効率ともに劣ります。 また、中古の太陽光発電システムは販売店保証は付きますが、メーカー保証は受けられません。 確かに価格は […]

太陽光発電と太陽熱温水器の違い

太陽熱温水器とは 2010年の買い取り価格48円(いきなりそれまでの買い取り価格の倍)や国からの補助金が7万円になったりしたおかげで太陽光発電はそのシェアを伸ばし、急速に私達の身近になりました。 しかし、太陽光発電がここまで普及する前に一時期流行していた環境商品で太陽熱温水器というものがあります。 なんだか名前も『太陽光発電』と『太陽熱温水器』で似ているし、少しごっちゃになりがちだったのでその違い […]

太陽光発電を設置する理由ベスト5

注文住宅の4割に太陽光発電が設置される 最近は本当に太陽光発電をそこいら中で見かけるようになりましたね。 最近では4割の注文住宅には太陽光発電が設置されていると言います。 では、みんなどんな理由で太陽光発電を設置するのでしょうか? 私が接してきたお客さんの主な設置理由ベスト5をご紹介します。 光熱費の削減のため なんと言っても電気代を安くする為に太陽光発電を設置する方が多かったです。 割合にしたら […]

太陽光発電は日本製と海外製のどちらがいいの?おすすめは?

実績を重視するなら日本製 太陽光発電は業界自体がまだ未成熟で耐久性、劣化、強度などが実績が十分にありません。 もちろん様々な角度から認証試験をして数値として提示されていますが、本当に自然の中に設置した時に果たしてどれくらいのものなのか、という実績が不足しています。 世界最初の太陽電池は1954年にアメリカで誕生し、日本で一番古い太陽光発電(シャープ製)は1966年に長崎県にて設置されました。 ちな […]

太陽光発電は本当にエコだと言えるのでしょうか?

太陽光発電は地球に優しいエコな製品? 太陽光発電を設置する理由の一つとして、太陽光発電が化石燃料を使わず太陽の光をエネルギーに変えて電気を作るというエコな点をあげる人もいます。 しかし、太陽光発電を作る際の排出される二酸化炭素を気にされる方もいらっしゃいます。 これについてはエネルギーペイバックの観点から見ると太陽光発電が本当にエコな商品であることが分かります。 おすすめ記事太陽光発電を設置する理 […]

屋根一体型太陽光発電のメリット・デメリット

屋根一体型太陽光発電とは 通常の太陽光発電は屋根に架台(レールのようなもの)を取り付け、その上にモジュール(パネル)を設置します。 屋根一体型太陽光発電とは、架台を使用せず屋根の中に太陽光発電が埋めこまれたものを言います。 屋根に同化しているので、太陽光発電によって家の外観を気になさる方などは屋根一体型を検討されてもいいと思います。 ただ私自身は屋根一体型太陽光発電をおすすめしていません。 その理 […]

太陽光発電の寿命が絶賛記録更新中なワケ

太陽光発電の寿命は30年前後 現在の太陽光発電の寿命は30年前後だと言われています。 ちなみに、太陽光発電の法定耐用年数は17年と設定されています。 太陽光発電の場合、この17年という数値を元に減価償却していくことになります。 しかし、この30年という数字も現在記録更新中と言う状況です。 というのも太陽光発電自体、まだ歴史が浅く1954年に生まれたものが世界で一番古い太陽光発電になります。 日本で […]