産業用太陽光発電の20年後を考えている賢いあなたへ

20年後の産業用太陽光発電

20年後の売電は未定

住宅用太陽光発電システムでは太陽光発電で作った電気を自家消費して余った電気を10年間の間電力会社に買い取ってもらえますが(余剰電力の買取制度)、産業用太陽光発電システムと言われる10kW以上の大規模な太陽光発電では太陽光発電で作った電気は20年間電力会社に買い取ってもらえます(固定価格買取制度)。

そこで設置から20年経過したら売電はどうなるのかと言えば、売電の行方はまだ決まっていないという不透明な状況です。

20年というと、設備の費用も償却し終わって(ソーラーローンの最長返済期間は15年になります)、売電した分はほぼ全てプラスの収益となります。

実は太陽光発電は、この15年経過してから20年目にあたる5年間が一番儲かる時期になります。

だから産業用太陽光発電のイメージとしては1年目~15年目まではわずかづつでもプラスのキャッシュフローを得ながら、16年目から20年目の5年間でガンガン稼ぐというビジネスモデルになります。

2017年現在では、産業用太陽光発電設置後20年以降の売電については電力会社の買取義務はなくのでどうなるのか未知ですが、それでも電力会社が自分達で作る電気よりも産業用太陽光発電で作った電気を安く買えたとしたら、売電という仕組みは継続するものであるというのが有力な予測となっています。

日本よりも10年早く固定買取制度が始まったドイツでは買取価格は10円程度になって売電は継続されています。

20年以降は設備はどうなる?

20年以降の設備に関しては、太陽光発電を取り巻く環境によって左右されますので、様々な環境を想定して設備の行方をお知らせします。

《売電が継続した場合》
電力会社による売電が20年以降も継続したとしたら、売電価格にもよりますが基本的には設備もそのままにして売電収入をえることになるでしょう。

または、設備自体の売却も考えられます。

設備の費用は償却済で年間のメンテナンス費用(年間だいたい5万円~10万円)だけがかかってくることになりますので、売電価格が落ちたとしても購入者からしたら安定した定期的な収入となり、投資案件としては魅力的なものになるでしょう。

《売電が終了した場合①》
売電が終了したとしたら太陽光発電の設備は、撤去して土地を売るか貸すかします。

パネルは破棄することになり、一枚あたり1,000円程度のコストがかかります。

仮に20kWの設備を200Wのパネル100枚で構成されていたとしたら、この設備の撤去費用は20万円ということになります。

さらに撤去にかかる工事費が10kWで50万円程度かかってきますので20kWでしたら100万円程度かかってきます。

ちなみに産業用太陽光発電の場合、出口戦力としてこの撤去の費用も計算してシュミレーションをたててもらうことが大切です。

《売電が終了した場合②》
パネルなどの設備はそのままで、土地ごと売ってしまう。

太陽光発電の寿命は30年程度だと言われているので、20年経過後も稼働できる状態になる可能性が高いです。

太陽光発電のリサイクルで中古パネルとして活用する需要もあるので、中古のパネルとその設備、土地を一緒に売ってしまうというやり方ですね。

このやり方は出口もエコで理想的ですが、20年後の太陽光発電のリサイクル需要も未知数です。

20年以降のことを考えるのが面倒な方は土地付き太陽光発電

産業用太陽光発電を設置するとなったら遊休地や広い屋根が必要になります。

しかし、そうゆう土地を持っている方は少なく、投資家の間では土地付き太陽光発電が主流になりつつあります。

土地付き太陽光発電とは、土地と太陽光発電システム、メンテナンスなどが一式となっている投資案件になります。

そして20年目以降の不透明な事を心配されるのなら、土地付き太陽光発電の土地を賃貸のパターンにすることで、20年間の売電権利だけを得る投資スタイルもあります。

土地付き太陽光発電の土地賃貸スタイルでは、20年以降の撤去費用などがかからないや固定資産税がかからないなどのメリットはありますが、もしも売電価格がそんなに下がらなったとしたら損をした気分になるデメリットもあります。

土地を所有するのか、賃貸にするのか迷うところだと思いますが、今後の環境問題や電力会社の動向を予想しつつえらんでください。

loopでんきでは20年以降も電気を買い取ってくれる

looopでんき
2016年4月より電力自由かなり、私たちが電力会社を選べるようになりました。

それに伴い、昔からある大手電力会社以外にも電気事業をスタートさせる企業がいくつかあり、サービス内容や価格も企業ごとにまちまちとなっています。

東京都文京区に本社がある株式会社Looop(ループ)では『looopでんき』という電気小売り事業を行っていて、looop電気に太陽光発電で作った電気を売る契約を結べば、産業用太陽光発電の場合、固定価格買取期間である20年が経過しても買い取りを行ってもらえます。

looopでんきでは、固定価格買取期間経過後10年間6円(looop homeかまもるーぷ利用であれば7円)で買い取ってくれます。

固定価格買取期間終了後は売電はどうなるか分かりません。

looopのような電力会社で売電を確定させてしまうのも一つの手です。

⇒ looopでんき公式ホームページ

設置から20年以降の産業用太陽光発電まとめ

産業用太陽光発電の場合20年以降は不透明な部分が多く、最適な動き方は2017年時点では決めきれない状況ではありますが、最悪の場合を想定しても利益になる投資スタイルであれば産業用太陽光発電投資に踏み切ってもよいでしょう

産業用太陽光発電の場合、1年目~15年目まではわずかづつキャッシュフローがあり、16年目から潤沢にプラスのキャッシュフローを得るという投資スタイルです。

20年間の総合収支で設置に踏み切っても良いと感じられるだけの収益が確保できるかどうかが、産業用太陽光発電のキーポイントになります。

土地付き太陽光発電の土地賃貸スタイルも頭に入れながら、産業用太陽光発電をお考えください^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ