公開日: 更新日:

中古の太陽光発電をおすすめしないワケ

太陽光発電の中古品はおすすめできない

太陽光発電の中古品はおすすめできない
家屋の建て直しや取り壊し、震災などで発生して使い手がなくなった太陽電池モジュールを検査し再販売する太陽光発電の中古品が存在します。

性能的には最新パネルというよりは5年〜10年前の型落ち品が多い印象です。

当然、最新のものよりも発電量、発電効率ともに劣ります。

また、中古の太陽光発電システムは販売店保証は付きますが、メーカー保証は受けられません

確かに価格は安く魅力的ですが、保証内容や販売業者の実績などが現状、不安定な事からまだ太陽光発電の中古品はおすすめできないレベルだと感じています

ちなみに太陽光パネルの耐用年数は30年程度だと言われています。

30年を経過したらパタッと発電が休止するわけではありませんが、10年程度経過した太陽光パネルでは元が取れた所で性能が低下してしまう可能性があります。

長い目で見た場合、信頼できるメーカー(東芝やパナソニックなどの大手企業)で保証を受けて、精神的に安定した状態で太陽光発電の導入に踏み切る事をおすすめします。

最後に、中古の太陽光発電の設置には助成対象外と言う市区町村も多く存在します

中古の太陽光発電を検討している方は、市区町村の助成が受けられるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

太陽光パネルの中古相場

太陽光パネルの中古の相場は型式などにもよりますが、おおむね新品価格の10分の1程度になります。

なので1枚あたり5万円~2万円程度で販売されています。

また現在では、ヤフーオークションなどでも中古の太陽光発電が取引されています。

相場価格だけを見るとかなり魅力的ではあります。

太陽光発電は中古より新品のほうがメリットが大きい

中古の太陽光発電の一番の魅力は価格の安さにあります。

ただ、5~6年前の型落ちのモデルが多く(稀に新品の太陽光発電も取引されます)現在、出回っているモデルに比べると発電量が大きく下回ります。

例えば、東京に真南向きの屋根にシャープ製の太陽光発電を設置したとしたらパネルの種類が違えば当然ですが発電量は変わってきます。

≪2016年の最新パネル≫
NQ-220AE×24枚=6,380kW

≪2010年の最新パネル≫
ND-160AW×24枚=4,000kW

6年前のパネルと現在のパネルで比較すると年間発電量でおよそ2,400kWも違うことが分かります。

2,400kWを金額換算すると売電に回せば、2,400kW×26円=62,400円もの金額になります。

いくらシステムの価格が安いからと言って費用対効果の面から見ると、中古の太陽光発電パネルはおすすめできないことが分かりますよね。

ちなみに上記のND-160AWパネルの発電量の計算では太陽光発電システムの経年劣化は考慮していません。
※太陽光発電(単結晶パネル)は、10年で7~8%程度劣化すると言われています。

一概に、太陽光発電の中古はダメ!新品がおすすめ!とは、もちろん言えませんので、なんにしても設置検討の際にはきちんとシミュレーションしてもらってメリットの大きいほうでご検討すればいいと思います。

なお、パネルの劣化に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。
⇒ 太陽光発電が壊れた原因まとめ

産業用太陽光発電の中古は検討してもいい?

住宅用太陽光発電ではデメリットが目立つ太陽光発電の中古ですが、産業用と言われる10kW以上システムは中古の太陽光発電のメリットもあります。

  • 工事済みなので売電収入がすぐに受け取れる
  • 以前の高い売電価格で運用できる
  • 過去の実績から今後の見込みが立てられる

産業用太陽光発電の売電価格については、その物件が稼働してから20年間固定価格で売電することができます。
ただし売電価格は年々下がっていて、2017年時点の産業用太陽光発電の売電価格は1kWあたり21円に設定されています。

しかし、中古の太陽光発電では稼働した当時の売電価格でやり取りが続きますので、例えば2015年から稼働している太陽光発電であれば29円の高い売電価格で残り18年間運用できることになります。

売電期間も短くなりますので単純ではありませんが、物件によってはお宝物件にもなるのが中古の産業用太陽光発電と言えます

中古の太陽光発電まとめ

メリット、デメリットある中古の太陽光発電ですが、住宅用に関してはおすすめしません。

やっぱり万が一の不具合が怖いですし、それをカバーするメーカー保証がないのもリスクです。

私は太陽光発電って、イチかバチかのラッキーパンチ的エコ商品ではなくて、家族の安心のためのエコ商品だと考えています。

だから、メーカー選びにはパネルの性能だけでなく保証面も大切だとお客様には伝えてきました。

中古の太陽光発電に関してはシミュレーションも大切ですが、それよりも設置してからの発電実績をよく見ることをおすすめします。

おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ公式ホームページ