発電しない?太陽光発電って曇りや雨の日ってどうなるの?

日照補償が付いているメーカーであれば決められた金額の返還がある

太陽光発電にとって一番の敵は悪天候です。

いくら太陽光発電が環境にとってエコで良いものだとしても、太陽が出ていなかったら発電してくれません。

せっかく安くない金額を支払って太陽光発電を導入したのに、発電しないなんて考えただけでもゾッとしますよね。

毎年、日本の平均日照時間は変動しますがおおむね平均時間から遠くない時間になっています。

平均年間日照時間推移

なので天候が大きく崩れてそのまま一年中、天候が悪いというのはあまり考えられませんが、それでも不安な方はメーカーによる日照補償のサービスを受けることで、そんな天候不順な年もリスクなく太陽光発電によるメリットを受ける事ができます。

日照補償とは?

日照補償とは、メーカーが定める日照時間を割った場合一定額の補償額を受けられるサービスのことです^^

しかし、全てのメーカーで日照保障のサービスが受けられるわけではなく、日照補償が付帯されているメーカーは限られます。

当サイトでご紹介しているメーカーで日照保障が受けられるメーカーはQセルズになります。

⇒ Qセルズ太陽光発電の特徴・シュミレーション

例えばQセルズでは、連携日より一年間だけですが、過去の日照時間の平均時間よりも実績が下回った場合には、最大で5万円の補償額を受け取る事ができます。
※Qセルズの無料サービスになります。

日照時間に対して不安がある方はこのように日照時間の補償サービスが受けられるメーカーを選ぶ事で不安は軽減されるかもしれません。

最後に、上記の平成20年〜平成23年の平均年間日照時間の推移を見てもお分かりかと思いますが、1950h〜2050h前後で過去も推移しています。

太陽光発電の寿命は30年間と言われていますので、その期間には日照時間が2000h時間よりも少ない年も出てくるとかと思いますが、反対に2000hよりも長い年というのも出てきます。

従って、日照時間の長短はあるものの、平均してみると2000h程度に収まります。

年間日照時間を2000h程度で考えていると大きな期待はずれもないかと思います^^

ちなみに、日本で最も日照時間が長い地域は山梨県となっています。

太陽光発電は曇りでも発電する

最初に太陽光発電と聞くと勘違いされている方が多かった事の一つですが、直射日光がなければ発電しないというイメージです。

確かに太陽電池モジュールは太陽の光を利用して発電しますが、それは明るさによるものです。

太陽光発電は夏場であれば朝の5時〜6時くらいから発電して18時〜19時まで、冬場であれば6時〜7時から発電して17時〜18時まで発電してくれます

曇っていても雨が降っていても昼間に電球を照らして歩いている人っていませんよね?

それは最低限の明るさがあるという事です。

この明るさがある時に太陽光発電は仕事をしてくれるというわけです。

しかし、雨の日の発電量はゼロにはなりませんがかなり少なくなります。

目安になりますが0.1kW〜0.3kWと言ったところでしょう。

ちなみに影や曇りに強いメーカーはソーラーフロンティアになります。

⇒ ソーラーフロンティア太陽光発電の特徴・シュミレーション

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事