太陽光発電が発電しない?故障なの?騙されたの?

条件次第では太陽光発電は発電しない?

私は太陽光発電は良い製品だと感がじています。

しかし、全ての家で太陽光発電がおすすめできるものかというと、残念ながらそうではありません。

太陽光発電の設置に対して向かない家があるということです。

私が考える太陽光発電の設置に向かい家とは以下の3点です。

  • 屋根が狭い家
  • 屋根が影っているいる家
  • 北向きの屋根

一つづつ説明しますね。

屋根が狭い家

太陽光発電でメリットを受ける為には、各メーカーで指定されているモジュール(パネル)が最低枚数屋根に乗る事が条件です。

各メーカーで指定されている最低枚数が屋根に乗らなくても太陽光発電は設置できますが、効率が悪くそうそうメリットはでません。

また、各メーカーで指定されている施工方法で工事しなければ各メーカーの保証は受けられません。

だから例えば、狭い屋根にメリットを出そうとして屋根からはみだしてシャープの太陽光発電を設置したとしても、シャープの場合モジュールが軒先から30cm以上離れていないとメーカー保証が受けられないんです。

私はこのように極端に屋根が狭い家には太陽光発電はおすすめしません。

屋根が影っている家

太陽光発電は太陽の光を利用して発電しますので、太陽の光が屋根まで届かないと発電は小さくなります。

例えば、家の周りが高層マンション群だったり、家の周りが林で覆われている家などで昼間でも太陽の光が屋根まで届かない家は発電量はゼロにはなりませんが、メリットと呼べるほどのメリットがでません。

通常の住宅街であればほとんど問題はありませんが、周辺に高い建物がある環境である場合は注意が必要です。

影のかかりかたにもよりますが、だいたい1/3程度屋根が影にかかってしまうようですと、おすすめできません。

ただこのように周辺環境が悪い場合にはCISモジュールを検討するなどして、できるだけ影の影響を最小限に抑える事が必要になりますね。

⇒ 日陰に強い太陽光メーカーCISモジュールってなに?

北向きの屋根

太陽光発電を設置する方角として一番適した方角は南になります。

その南の方角を100%の発電だとすると北側は65%にまで落ちてしまいます。

実に35%の発電ロスが発生するというわけです。

上記に、屋根の1/3が影ってしまったらおすすめできないと書きましたが、北側の設置でも同程度の発電ロスが生じる事になりますので、おすすめできません。

⇒ 北?南?太陽光発電(パネル)を設置する方角ってどっち?

太陽光発電が発電しなかったらどうしたらいいの?

本来、太陽光発電の設置前に現在の家族のライフスタイルや電気の使用量、設置を予定する太陽光発電システムの規模を元にシュミレーションを行い、メリットがでて太陽光発電設置の検討するかと思いますが、中には過剰なシュミレーション数値を提示して、さもメリットがあるようにお客を欺く悪徳業者も存在します。

この場合には、シュミレーションしてもらった用紙を元にまずは国民生活センターに相談してみましょう。

クーリングオフ期間(通常は契約書の日付から8日間)が過ぎても、販売業者に明らかな瑕疵があった場合には、解約も行えます。

国民生活センターの事例では、太陽光発電設置から2ヶ月経過してからのクーリングオフが認められた事例もあります。

⇒ 契約して2カ月経過後にクーリング・オフが認められた事例

また、太陽光発電自体の不具合によって発電量が少ない場合には各メーカーが定める数値に従って出力保証が適用されます。

出力保証が適用されれば、メーカーが無償で太陽光発電の交換や修理を行ってくれます。

何にしても太陽光発電を設置してからのトラブルは本当にストレスのかかるものです。

トラブルを未然に防ぐ為にも、慎重に販売店は選びましょうね。

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト

当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ