太陽光発電の訪問販売が家にやってきたらどうしたらいいの?

太陽光発電の訪問販売は価格が高い

最近のエコブームから環境製品が注目されるようになりました。

そしてそれに便乗するように増えたのが、太陽光発電の訪問販売営業です。

訪問販売営業とは見ず知らずの営業マンが自宅にアポなしで訪問して太陽光発電を勧めと言った営業方法です。

この営業方法は基本的に人海戦術で営業マンを数多く抱えて『数打ちゃ当たる』営業ですが、考えてみれば分かりますが営業マンのコスト(人件費)が高くつく営業方法であると言えます。

なのでどんなに良心的な訪問販売であっても、インターネットを中心に販売している所のほうが圧倒的に太陽光発電システムの価格が安くなる傾向にあります。

太陽光発電の訪問販売の手口としては、『モニターになりませんか?』や『キャンペーン特別価格』などと誘い文句を言ってきますが、訪問販売は、そもそもの価格が高いのでそんなに魅力的でない事が多いです。

⇒ 太陽光発電販売業者によるモニター商法

訪問販売の営業に気をつけよう

そして、訪問販売の一番の特徴は即決を迫ってくることにあります。

『今日だけはこの価格です』
『年度末特別価格です』
『モニターあと一組だけです』

などと、即決文句を並べてきますので注意が必要です。

下記の表は、国民生活センターに寄せられた太陽光発電の訪問販売による相談件数の推移です。

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015
相談件数 2,015 2,808 2,970 2,802 2,432 1,640(前年同期 2,031)

相談の内容としては

  • 自宅に上がり込まれ強引に契約させられたが、解約したい
  • 契約締結後に業者と連絡がつかなくなってしまった
  • 今月中に契約すれば10万円割り引くと言われて不信感を持った
  • 契約日がおかしい

などがあります。

全ての太陽光発電を扱う訪問販売会社が悪いと言っているわけであはりませんので悪しからず受け取っていただきたいのですが、中には上記のような悪質な販売業者もいるという事です。

比較対象の一社として見積もりを取るくらいの余裕を持って訪問販売会社にあたることが大切だと言えます。

その余裕を持つ自信がないなら話しは聞くべきではありませんね。

一番はじめに上げたように、訪問販売の性質上価格は高くなりがちです。

価格を一番に考える方は訪問販売の営業マンの話しははなっから聞かなくてもよいでしょう。

都道府県別補助金