東北大地震の停電の時に太陽光発電が大活躍した話し

災害の時にこそ太陽光発電は力を発揮する

何を隠そう私は、2011年3月に起きた東北地震の際は宮城県仙台市で太陽光発電の営業マンをしていました。

その時の仙台は、2日ほど停電が続きましたし、津波の被害が大きい沿岸地方は1週間もの間停電と言う状況が続きました。

地震が落ち着いたあとにお客様の所に状況確認でご挨拶に伺った際、一番喜ばれたのがこの太陽光発電システムによるパワーコンディショナの自立運転モードでした

炊飯器が使えたことを喜んでいるお客様が多かったです^^
また、他の太陽光発電を設置していないお宅を呼んで電気を分け与えることもできたとおっしゃっていました。

このように太陽光発電の魅力は、電気が売れるだけでなく万が一の時にも役に立つ頼もしい奴なんです(笑)。

設定方法もスイッチ一つで簡単に設定できる容易さも、太陽光発電の魅力の一つです^^

太陽光発電と聞くと、つい太陽電池モジュール(パネル)に頭が行ってしまいますが、停電の時に使えるなどの価値も忘れてはいけませんよね。

太陽光発電は停電の時でも使える

太陽光発電は停電の時でも、屋根で作った電気を家で使う事が可能です。

パワーコンディショナが非常用電源となりますので、パワーコンディショナにコンセントを装着させて使うことになります。

パワーコンディショナの設定方法はメーカーごとに違うので一概には言えませんが、大抵のメーカーでは太陽光発電で作った電気を家に使う電気に変換するパワーコンディショナに付いている自立運転モードに切り替えることで、パワーコンディショナからの電気が家で使える電気となります。

当たり前ですが、この方法が使えるのは太陽が出ている昼間だけです。

パナソニックパワーコンディショナ自立運転
パナソニックホームページより画像を引用させていただきました。
http://kadenfan.hitachi.co.jp/solar/q_a/index.html

パワーコンディショナで扱える電気容量は一般家庭のコンセント規格から1500Wが上限となっています。

1500Wでは家全体の電気をまかなう事はできませんが、ご飯を炊いたり選択をしたりなど生活する上での最低限のことはまかなえます。

家電製品の電気容量

自立運転モードの時に太陽光発電で作った電気を使える容量は1500Wになりますので、家の使う家電の使用容量を一覧にしました。
ご使用になる家電によっても使用量は変わってくるかと思いますので、あくまでも目安として使ってください^^

電子レンジ 1500W
IHクッキングヒーター 1400W
炊飯器
(5.5合炊飯時)
1300W
ドライヤー(強) 1200W
掃除機(強) 1000W
洗濯機 300W
ドラム式洗濯乾燥機
(洗濯時)
200W

 
例えば、晴れている日に停電が起こったとしても、太陽光発電住宅であれば洗濯機と掃除機が一緒に使えることになりますし、一番電気を使う電子レンジも他の電気を使っていいなければ自立運転モードで使うことができるというわけです。

停電と太陽光発電まとめ

太陽光発電が優れている点の一つとして、使い方が非常に簡単なことがあげられます。

日常では、何も手がかからず勝手に電気を売ったり買ったりしてくれますし、もしも停電時にパワーコンディショナから電気を引っ張って使いたいとなればスイッチ一つで自立運転モードにするだけで使えます。

ただ、注意点としては停電が解除されても自動で自立運転モードは解除されないので、またスイッチを元の通常モードに戻す必要があります。
自立運転モードでは電気を売ることができません。

太陽光発電は万が一の時の停電時にも非常に活躍してくれます!
安心を買うという意味でも、太陽光発電の設置を考えてもよいでしょう^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事