太陽光発電の初期費用のマジックに騙されるな!

太陽光発電の初期費用

太陽光発電の初期費用に関してはメーカーや設置するモジュール(パネル)枚数によってもまちまちなるので、一概には言えませんが最低価格としては150万円くらいです(施工費含む)。

ちなみに、私のお客様の最低システム価格はサンヨー(現在パナソニック)2.7kwのシステムで200万円弱でした。(平成24年時点サンヨー価格)

そして、この価格に対して初期費用がいくら必要かという事ですが、結論から言ってしまえば初期費用は必要ありません

と言うのも、太陽光発電の購入にはまとまった資金が手元にない人の為に、リフォームローンとソーラーローンの支払い方法が用意されていて、再生利用可能エネルギーの中でも特に太陽光発電の普及を国が応援してくれていることもあり、ほとんどの方(だいたい8割くらいの人)が初期費用0円で太陽光発電を設置していました。

簡単に言ってしまえば、システムの費用を分割で支払うということになり、最初に頭金などのまとまった資金は必要ないということです

ちなみに、2017年時点での1kWあたりの太陽光発電の価格相場は35万円程度です。
もちろんメーカーによって価格は変わってきますので、あくまでも目安にしてください。

出来れば一括支払いが理想

太陽光発電の支払い方法では、一括での支払いのほうが断然メリットが大きいです

これはよく考えれば分かる事ですが、案外よくいただく質問でした。

太陽光発電は高額商品のため、ほとんどの場合が最大で15年間の支払い方法を選択されます。

しかし私は、お金に余裕がある人は絶対に一括でのお支払いをおすすめしていました。

それはローン組みにすると当然ですが利息が発生するからです。

利率は毎月変動するので一概には言えませんがだいたい2.5%〜2.75%の間で推移しています。

簡単に利息を支払った場合の総額を計算してみます。

《例》
200万円のシステムを利率2.75%で15年間の支払いしたとすると、その総額は2,442,953円になります。

利息だけで40万円以上にもなることが分かりますね。

利息を支払っても十分に元がとれるのは別ページのシュミレーション例を見てもらえば分かるかと思いますが、一括でのお支払いを選択されたほうがそのメリットは大きい事は当然のことです。

一括でのお支払いが厳しい方も、ボーナス月で一気にお支払いをされたりとなるべく早く太陽光発電の支払いを済まされるとメリットは大きくなります。

太陽光発電の支払い方法

太陽光発電の支払い方法は、大きく分けて2種類あります。

現金一括払いか、金融機関を利用したローン(分割)払いです。

またローンの支払い方法も2種類あり、太陽光発電を購入するための専門の支払い方法で各信販会社が用意しているソーラーローンと家のリフォームとして支払うリフォームローンがあります。

ソーラーローンの場合は最長で15年になりますが、リフォームローンでは20年のものもあります。

また、金利で言えば毎月変動するものなので一概には言えませんが、ソーラーローンもリフォームローンも遜色なく2.4%~2.6%と言ったところです。

どちらが良い、悪いというのはありませんが、ソーラーローンは太陽光発電専門ものになるので、太陽光発電の設置に関しては融資が付きやすいというメリットがあります。

ちなみに住宅ローンがまだたくさん残ってるというお客さまでもソーラーローンであれば、与信枠の範囲外で審査してくれるので過去にクレジットによる事故がなければ審査は通りますので、ご安心ください^^

一括返済と分割返済比較

メリットの大きい一括返済ですが、太陽光発電は高額な商品ですので私のお客様でも一括返済を選択される方は1割といった感じでした。

太陽光発電はソーラーローンを使った分割返済でも十分にメリットがでる商品なりますが、分割での支払いには金利が発生してしまいます。
金利を含んだ額でメリットを現金一括と比較してみます。

※本当は一括返済では当然ですが、毎月の返済は発生しませんが、分割返済と比較するために140万円を180ヵ月で割って毎月の支払金額としています。

【条件】
1kwあたり35万円の太陽光発電を4kW購入で総額140万円(税込み、施工費込み)
ソーラーローンはジャックスの金利2.5%、元利均等返済方法、ボーナス返済なし、15年(180ヵ月)返済

毎月の支払額 支払総額
現金一括返済 7,777円 1,400,000円
分割返済 9,335円 1,680,309円
差額 1,558円 280,309円

 

太陽光発電の初期費用支まとめ

太陽光発電は国が認めたエコ商品で普及の後押しとして補助金や17年の減価償却が認められています。

そして、太陽光発電が車や住宅と違う一番のポイントは、設置すると売電収益が発生して立地環境やライフスタイルによっては支払い額よりも多い売電収入を得られたりもできる点にあります

上記の返済シュミレーションを使えば、ソーラーローンを使って毎月9,335円を支払っても売電収入として10,000円あればプラスになりますし、こうゆうお宅は珍しくありません。
私のお客様でも何十件もあります。

現金一括では確かにメリットは大きいですが、無理しなくてもメリットはありますし、ソーラーローンは残債型なので資金に余裕のある時にまとめて返済してもよいでしょう。

ただ、太陽光発電はどのお宅でもメリットが出る商品でもありませんので注意してください。

設置検討の際にはきちんと自分のお宅でどれだけの電気を使っているのか、立地環境からどれだけ電気が売れるのか、設備の初期費用はいくらなのかをシュミレーションしてもらってメリットがあるようだったら前向きに検討してみてください^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事