公開日: 更新日:

太陽光発電は何年で元がとれるか元営業マンが計算しちゃる

太陽光発電の設備の費用はいつ元がとれるのか?

太陽光発電システムの価格はおおむね10年程度で元がとれると言われています

ただ現在は太陽光発電の低価格化の流れも受けて、この回収期間は短縮されている傾向にあります。

太陽光発電にかけた費用をきちんと元をとる為にも、設置を検討している太陽光発電システムの以下の点をよく見てみましょう。

  • システムの販売価格
  • 補助金の額
  • 売電価格
  • 電気代使用量

だいたいの計算目安もご紹介しますので参考にしてください。

システムの販売価格

2019年太陽光発電の価格推移(1kWあたり)
当たり前のことですが、販売価格が相場よりも高いと元が取れる期間も長くなります。

システムの費用に関しては、全体的な費用をシステム数で割った時の1kWあたりの価格で見るようにしましょう

《1kWあたりの価格算出例》

システム費用:120万円
システム数:4kW
1kWあたりの価格:30万円

この時に注意すべき点は、全体的な費用には施工費を含めた価格で算出することです

ちなみに2019年時点での1kWあたりの価格は30万円程度となっています。

ただ、これはあくまでも全体的な太陽光発電の価格相場であり、メーカーによっては20万円前半で推移しているメーカーもあります。

1kWあたりの価格相場はメーカーによって変わりますので、各メーカーの最新相場を確認しておくことをおすすめします。

補助金の額

国からの補助金は終了してしまいましたが、県や市区町村からの補助金は継続されていますので、お住いの補助金額によっても元が取れる期間は変わってきます。

補助金は定額と1kWあたりいくらという形の2パターンあります。

補助金の締切期限は各自治体によって変わりますので注意が必要です。

また、毎年締め切り間近になると駆け込み需要の影響でどっと申し込みが増える傾向にあります。

補助金は各自治体の予算範囲で運営されていますので、予算が尽きてしまったらもらうことはできません。

各自治体の補助金の額と締め切り日の確認はしておきましょう。

売電価格

太陽光発電売電価格推移グラフ【2019年最新版】
太陽光発電の設置時期によって売電価格も変わってくるため、元が取れる期間にも影響してきます。

残念ながら売電価格は毎年下がっていて、2019年時点では10kW未満のシステムで1kWあたり24円(出力制御対応機器設置義務地域は26円)、10kW以上のシステムはまだ未定(2019年3月頃に決まる予定)となっています。

10kW未満のシステムでは太陽光発電で作って自家消費できなかった余剰電力が電力会社に売れますので、節電して売電に務めることでドンドンと元が取れる期間が短くなります。

売電価格はこの先も低くなっていくことが予想されますので、なるべく高単価のうちに設置することをおすすめします。

なお、詳しい売電単価の推移やこの先も売電価格が下がっていった時のシミュレーションは別ページでしていますので、そちらのページをご覧ください。

電気代使用量

太陽光発電で電気を作っているかといって電気をバンバン使用するのは、売電収入が減ることを意味しますので当然元が取れる期間にも影響します。

またオール電化に切り替えて深夜の安い電気を中心に使うようにするなどの工夫をすると、より売電収入が期待できます。

電気代は家族構成やお子さんの年齢などによっても上昇したり、下落したりするので最初のシミュレーションで家族構成や将来的な展望なども踏まえて計算してもらうとよいでしょう。

東芝太陽光発電システム5.0kW設置した場合のシステム費用回収シミュレーション

東芝太陽光5.0kW設置した場合の費用回収シミュレーション

東芝太陽光発電システム5.0kWの年間の発電量は5,829kWh(東芝カタログ数値参照)

現在の電気代10,000円の内訳を昼に3割(3,000円)、夜に7割(7,000円)とします。

昼間の電気代が3,000円なのでこれを電力量に換算すると約242kWh
3,000円÷34.56円(昼間のおトクなナイト10の1kWhあたりの料金)=約87kwh

87kWh×12ヶ月=1,044kWh(一年間の昼間使用の電力量)

5,829kWh−1,044kWh=4,785kwh(実際に売れる電力量)

4,785kWh×26円(売電価格)=124,410円(一年間に実際に売れる電気代)

3,000円(太陽光発電によって相殺された電気代)×12ヶ月=36,000円(太陽光発電によって買わずに済んだ電気代)

124,410円(一年間に実際に売れる電気代)+36,000円(太陽光発電によって買わずに済んだ電気代)=160,410円(年間メリット)

1,500,000円(システム購入代金)÷160,410円(年間メリット)=約9.3年

上記の計算でいくとシステムの元がとれるのは9年目という事になります。

もちろん、昼間の電気代をもっと節約して売る電気に回したら元がとれるのはもっと早くなります

また各地域によって補助金の額も変わってくる事から、上記の計算はかなり最低の数値となっています(上記の計算では最低の条件として補助金がもらえないケースで計算しています)

また冒頭でもご説明したようにメーカーや地域によっても計算は変わってきます。

しっかりとご自分が検討している太陽光発電システムによるシミュレーションをおすすめします。

太陽光発電の元がとれる期間まとめ

太陽光発電を相場通りの価格で購入すれば元をとるのは9年前後ということになりますが、当然バカ高い金額でシステムを購入してしまったらそれだけ元をとる期間は長くなることになります。

また、価格だけにとらわれて太陽光発電設置後の点検などがなかったり、保証が薄くかったり、販売業者が倒産してしまってアフターサポートが受けられなかったりなどしたら本末転倒ですよね。

しっかりと元をとるためにも、実績のあるしっかりとした販売店を選んで太陽光発電を購入することをおすすめします。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【タイナビ】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

メールでの簡易見積りにも対応してくれるので、概算で相場を知ることもできます。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ 【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!