太陽光発電は停電のとき使えますか?

太陽光発電は停電の時でも使える

太陽光発電は停電の時でも、屋根で作った電気を家で使う事が可能です

設定方法はメーカーごとに違うので一概には言えませんが、大抵のメーカーでは太陽光発電で作った電気を家に使う電気に変換するパワーコンディショナに付いている自立運転モードに切り替えることで、パワーコンディショナにコンセントを繋いで家で使う電気となるイメージです。

※当たり前ですが、この方法が使えるのは太陽が出ている昼間だけです。

パナソニックパワーコンディショナ自立運転
パナソニックホームページより画像を引用させていただきました。
http://kadenfan.hitachi.co.jp/solar/q_a/index.html

パワーコンディショナで扱える電気容量は一般家庭のコンセント規格からほとんどのもので1500Wが上限となっています。

1500Wでは家全体の電気をまかなう事はできませんが、ご飯を炊いたり選択をしたりなど生活する上での最低限のことはまかなえます。

災害の時にこそ太陽光発電は力を発揮する

何を隠そう私は、2011年3月に起きた東北地震の際は仙台で太陽光発電の営業マンをしていました。

その時の仙台は、2日ほど停電が続きましたし、津波の被害が大きい沿岸地方は1週間もの間停電と言う状況が続きました。

地震が落ち着いたあとにお客様の所に状況確認でご挨拶に伺った際、一番喜ばれたのがこの太陽光発電システムによるパワーコンディショナの自立運転モードでした。

炊飯器が使えたことを喜んでいるお客様が多かったです^^

このように太陽光発電の魅力は、電気が売れるだけでなく万が一の時にも役に立つ頼もしい奴なんです(笑)。

設定方法もスイッチ一つで簡単に設定できる容易さも、太陽光発電の魅力の一つです^^

太陽光発電と聞くと、つい太陽電池モジュール(パネル)に頭が行ってしまいますが、停電の時に使えるなどの価値も忘れてはいけませんよね。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近い最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

また、2017年(平成29年)4月からは住宅用売電価格が現在の31円から28円に、産業用売電価格は24円から21円に下がる事が決定しました

なるべく早く最安値の販売店を見つけてメリットが出るようであれば前向きに検討する事をおすすめします!

タイナビのご利用は無料です^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム