屋根が狭くてもメリットがでるルーフィット設計とは?デメリットは?

ルーフィット設計を使えば効果的に太陽光発電が設置できる

ルーフィット設計とは屋根の大きさに合わせてサイズが違うモジュール(パネル)を組み合わせて配置させる仕組みのことです

ルーフィット設計によって、より多くのモジュールが配置できますので発電量もアップさせる事が可能です。

例えば、下記のようなモジュールの配置だと屋根をフルに活用できていません。
ルーフィット設計1

ルーフィット設計であれば、サイズが違うモジュールを組み合わせてシステムを組む事ができるので、屋根の大きさに合わせて効率的に設置できます。
ルーフィット設計2

同様に寄せ棟屋根の場合にルーフィット設計を使用する時には三角モジュールを使います。
※屋根についての説明はコチラをご覧下さい。 → 太陽光発電と屋根の関係

ルーフィット設計3

現代の日本の屋根はオシャレな屋根が増えた反面、太陽光発電を設置する上では不利な屋根と言わざるを得ませんでした。

しかし、ルーフィット設計によって屋根が小さい屋根でも必要な量を発電するモジュールを設置できるようになったり、大きな屋根は今まで以上の発電をも混める状況になりました^^

ルーフィット設計のデメリット

狭い屋根にもより多くの発電量が期待出来るルーフィット設計ですが、デメリットは2点あります。

    • 価格が割高になる
    • 性能がイマイチ

例えば、シャープの三角モジュール(NQ-101RE)と通常のモジュール(NQ-210AD)で比較してみましょう。

公称最大出力 モジュール変換効率 価格
NQ-101RE 101W 14% 62,000円
NQ-210AD 210W 18.2% 120,000円

三角モジュールのほうが最大発電量、変換効率が低く全体的に性能が低いですが、価格が占める割合は大きい事が分かりますね

このような事から、私がお客様に提案する時にはルーフィット設計の優先順位は低く、東芝のように小さくて発電量のあるメーカーをおすすめし、それでも十分に発電量が確保出来ない時にルーフィット設計をおすすめするという流れです。

ただ、近年では三角モジュールの性能も上がって、京セラのRoofleX(ルーフレックス)のように性能の良い三角モジュールも誕生しています。

まだちょっと割高感はありますが、性能も格段に上がりましたので前向きにルーフィット設計を視野に入れてもよいでしょう^^

あつ副産物ですが、ルーフィット設計は屋根に綺麗に配置されるのでデザイン的な外観はカッコいいですよ^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事