太陽光発電による屋根への負担はありますか?

太陽光発電による屋根の負担

通常の太陽光発電システムは200kg〜300kgの重さがあります。

その重さが屋根に乗っかれば当然屋根への負担となります。

しかし、現在の家の構造ではこのくらいの負担ではびくともしない構造になっています。

また、太陽光発電設置の前に施行会社が実際に屋根に上って現地調査(屋根の寸法を測ったり強度を調べたりします)と言うものを行います。

太陽光発電によって屋根への負担が生じなんらかの問題の可能性がある場合は、ここの段階で設置に関して改めて相談という事になります。

また太陽光発電の場合、一カ所に200kg〜300kgの重さが加わるわけではなく、屋根全体に重さが加わるのでその負担は非常に優しいものとなります。

反対に、太陽熱温水器の場合には一か所に数百kgの重さが屋根にかかるので、屋根の負担は太陽光発電の比ではありません。

太陽光発電の施工には屋根に穴をあける場合がほとんど

重さだけでなく、施工に関しても屋根に負担がかかる場合があります。

現在、太陽光発電の施工に関してもっともポピュラーな施工法はアンカー工法と言われる屋根にアンカーと呼ばれる金具を設置し、そのアンカーに太陽光発電を設置するというものがあります。

アンカー工法の場合、屋根にアンカーを打つために数十か所穴を開けることになるわけですから、少なからず負担はあります。

しかし、屋根に穴を開けることに抵抗がある方には、屋根に穴を開けないシンプル・レイ工法という施工法もありますので、ご検討ください。

⇒ 屋根に穴を空けないシンプル・レイ工法が斬新すぎる

屋根への負担は気にしなくていい

結論を言ってしまえば、太陽光発電を設置する際に屋根への負担はあまり気にしなくてよいです。

もちろん築30年以上のお宅であれば、気にしなくてはいけませんが、それ以外のお宅では気にしなくてよいでしょう。

太陽光発電のトラブルの多くは施工にありますが、これは施工法に問題があるわけではなく、施工を行っている施工業者に問題があります。

経費の削減のために、必要な部材を使わかったり、必要な工程を飛ばしたり、雑な仕事になったりなどですね。

現在の日本の家屋はちょっとやそっとじゃびくともしませんよ^^

記憶に新しい所で言えば、2005年に起きた耐震偽装問題から、さらに建築に対する意識が高まりまりした。

屋根への負担を気にするよりも、太陽光発電を扱う販売、施工業者の選定が本当に必要なことですね。

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事