陸屋根ですが太陽光発電は設置できますか?費用は?

平らな屋根にも太陽光発電は設置可能

大抵の屋根には傾斜が付いていて、その傾斜に太陽電池モジュールを設置します。

しかし、オシャレな屋根で平らな屋根も存在し、その屋根の事を陸屋根(ろくやね)と言います。

屋根についてはコチラ → 太陽光発電と屋根の関係

陸屋根の太陽電池モジュールの設置も特別なものではなく、通常の施行でも用いられる架台で固定します。

そして、陸屋根には傾斜がありませんから太陽電池モジュールが一番発電されると言われている真南の方角に30度の角度に架台を設定して固定します。

という風に陸屋根にも太陽光発電は設置できますが、普通の傾斜がある屋根に比べて陸屋根への設置には架台を多く使うのでそのぶん費用が若干高くなります。

費用は若干高くなりますが、太陽電池モジュールが一番効率よく発電する角度へ設置できるので、陸屋根への設置は良い面と悪い面の両方がありますね^^

陸屋根に適した施工法

屋根に設置する際には、直接屋根に太陽光発電を設置するのでパネルが吹き飛ばされるリスクはほぼゼロですが、陸屋根への施工に関して考えなければいけないことの一つに、強風によるパネルの吹き飛ばしリスクです。

もちろん通常の強風であれば問題ありませんが、大型の台風や突風によってパネルが飛ばされる事がありました。

しかし、このパネルの吹き飛ばしリスクを軽減させる重石工法があります。

重石工法では、コンクリート製のブロック(ブロック自体は一つ150kg程度)を太陽光発電の下に敷き、そのブロックに金属を取り付けて太陽光発電を挟んで設置すると言う施工法になります。

コンクリートの重さを利用してパネルの吹き飛ばしリスクを軽減させる方法ですね。

通常の施工に比べると若干費用は上がりますが、リスクを考えると重石工法はおすすめの施工法です^^

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム