カラーモニタの使い方を知ると太陽光発電が面白くなる

太陽光発電というとモジュール(パネル)の最大出力やパワーコンディショナーの電力変換効率にばかり目がいきがちですが、何気に大切なのはカラーモニタになります。

カラーモニタとは、リアルタイムで現在自分の屋根でどれだけの電気が作られていて、どれだけの電気を使っていて、どれだけの電気を売っているとかという数値を確認できるモニターになります。

カラーモニタがもたらす効果についてご紹介します。

家計簿代わりになる

毎月の発電量、消費量、売電された額をメモったりすることで電気の家計簿代わりになります。

無意識のうちに売電された電気が口座に振り込まれたとしても、あぶく銭のようにどこかに消えてしまう事でしょう。

毎月の電気の収支をメモすることで、使ったお金、入ったお金を管理する事ができます。

家族の節電意識が高まる

なんでもそうですが、人は見えると意識します。

現在、どれだけの電気を使っていて、屋根で作っていて、売っているかが見えれば人の心情的に少しでも電気を売りたいと考えます。

これによって今電気を使いすぎているから節電しよう!という家族の節電意識が向上します。

そしてそんな家族の節電意識の向上がコミュニケーションの材料にもなったりもします。

晴天に感謝できるようになる

当たり前ですが、太陽光発電を設置する事によって売電が発生します。

それはつまり晴天の日には屋根が自然とお金を生んでくれるということです。

そうなれば雨や曇りの日には残念な気持ちになりますが、晴天の日には感謝する事になります。

天候を気にかける豊かな心を得る事ができます。

通常、液晶パネルは太陽光発電と一緒に設置しなくてもいいものですが大抵のお宅では上記のような理由から設置しています。

私は必ずカラーモニタの取り付けをおすすめしていました。

電気という見えない物体を見えるようにしたカラーモニタの存在は大きいです。

カラーモニタの大切さが分かったら、今度は太陽光発電を設置する上で一番の目標になるであろう光熱費ゼロ円です。

しかし、これにはカラクリがあるんです(笑)。

そのカラクリについてはコチラ → 太陽光発電を使って電気代を0円にするカラクリ

都道府県別補助金