東北地方(雪国)におすすめな太陽光パネルCISモジュールってなに?

CISモジュールの特徴

CISモジュールとは銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)から構成された太陽電池モジュールのことです

通常の太陽光発電パネルはシリコンの結晶で構成されているのに対して、CIAモジュールは化合物で構成されています。

CISモジュールの特徴としては以下の3点です。

  • 高温に強い
  • 影の影響を受けにくい
  • 長期間使用しても出力の劣化の割合が少ない

シリコン系の太陽光パネルの弱点を補うような特徴になっています。

一つづつ見てみましょう。

高温に強い

太陽光発電にとって温度というものが一つのキーワードになります。

一般的な太陽電池モジュールはシリコンの結晶で構成されていて、高温になると発電ロスが生じると言うデメリットがあります。

シリコン系太陽光発電は1度温度が上昇すると0.5%程度発電ロスが起きると言われています。

しかし、CISモジュールは高温になっても発電ロスを抑えられる性質を持っています。

真夏なんかの日にはモジュールの温度は80度近くにまで上昇します。

この時の発電ロスを結晶系モジュールと比べると、CISモジュールのほうが5%発電ロスを抑えられます

夏場なんかはほぼ毎日この80度に達していますから、一日単位で見るとたいした発電量に違いはないかもしれませんが、数年単位で見ると大きな発電量の違いになりますね。

影の影響を受けにくい

屋根に雪
通常の結晶系モジュールは、モジュールの一部に影などができるとシステム全てに影響して発電量が大きく低下してしまいました。

なので東北地方の雪の影響や、周辺環境に発電パフォーマンスが大きく左右されていましたが、CISモジュールは、一部の影によって出力は低下するものの出力の低下は影の部分だけになります

これは影だけでなく、モジュールの上に雪が乗っかった場合などにも有効です。

長期間使用しても出力の低下の劣化の割合が少ない

太陽電池モジュールの寿命はおよそ30年程度だといわれるように、長年使用すればモジュールの最大出力も低下とともに太陽電池自体が劣化していきます。

5年間の劣化率で言うと、シリコン系(単結晶)で3.2〜3.9%程度の劣化に対して、CISモジュールは1.5%程度の劣化率に収まります。

現在のモデルの太陽光発電はだいたい30年程度だと言われていますから、例え30年経過後も太陽電池の劣化割合が少ないのでCISモジュールは十分に発電する代物という事が言えます

CISモジュールまとめ

太陽光発電というとつい最大出力や変換効率ばかりにに目が行きがちですが、CISモジュールのように高温時や影が出来ても発電ロスが少なかったり、出力低下が低かったりなどの生涯発電量のほうが実は大切です。

あなたのお宅の設置環境と相談して、例えば辺りに木がたくさんあって落ち葉による影響を受けそうはお宅や、東北地方等のように雪を考慮するような地域にお住まいの方はCISモジュールの検討をおすすめします。

ちなみにCISモジュールを使用している代表的なメーカーはソーラーフロンティアになります。

雪国にお住まいの方や高温地帯にお住まいの方などにCISモジュールはオススメです^^

太陽光発電を安く導入したい人におすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビの利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

新着記事