メディオテックで太陽光発電を設置した方の口コミ

メディオテックの口コミ・評判

メディオテックの口コミを投稿する方はこちら

  • 福島県ではトップクラスの実績だったのでお願いしました
  • 良いお話しだけでなく、最悪のケースのお話しもしていただけました
  • メディオテックさんは、業界のなかでも『施工実績ランキング第1位』ということもあって、信用して工事もお任せすることができました
  • 詳しい見積りの提供と、納得できる説明に満足しています
  • コストだけでなく収益についても分かりやすく説明してくれたので、安心して任せることができました
  • 見積りを申し込んだら、後日すぐに電話が来て、日取りを決め直接来てくださいました
  • 電気の使い方のアドバイスまでいただけたので、家族の節電意識が向上しました
  • 提携している金融機関から低金利の融資が受けられました
  • 一括見積りサイトから紹介していただきましたが、価格は一番安かったです
  • 固定電話の留守電がメディオテックという太陽光発電の会社からのメッセージで埋まっていた
\で、結局いくらなの?って方はこちら!/

取扱いメーカー

メーカー名をクリックすると詳しい特徴やシミュレーションが見られます。

 2019年における太陽光発電のメーカーを価格や性能、特徴などの面からランキング形式で比較しました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。

メディオテックのウリ

メディオテックのウリ
メディオテックでは太陽光発電の提案から販売、施工、アフターサポートまでグループで一貫して行ってくれます。

施工に関しては子会社であるメディオテクノが行ってくれます。

定期的な点検サービスはありませんが、自社で施工チームを持っているので万が一システムに不具合が生じても迅速に対応してくれます。

住宅用、産業用(10kW以上の大規模なシステム)どちらにも対応しています。
⇒ サラリーマンが産業用太陽光発電を設置する時の注意点

外注を使っていないので、中間マージンの削減に尽力しているので価格は安いです。

会社概要

会社名 株式会社 メディオテック
設立 1996年7月
資本金 59,000,000円
事業内容
  • 太陽光発電システムの販売・施工
  • HEMS、遠隔監視システムの企画・製造・販売
  • 住宅リフォーム
所在地 東京都新宿区新宿1-28-11
小杉ビル8階
連絡先 TEL:03-3226-5500

メディオテック口コミまとめ

メディオテックは東京都新宿区に本社がある(支店は東京都国立、福島県郡山市とあります)太陽光発電とオール電化の販売と施工を行っている会社になります。

住宅用太陽光発電システム、産業用(10kW以上の大規模なシステム)どちらも対応可能です。

メディオテックでは、自社で太陽光発電の施工IDを取得しているので太陽光発電の販売から施工、アフターサポートまで一貫して行っています。

その為、価格面も安いです。

実績面も信頼面も申し分ありません!

メーカー保証に加えて、10年間の施工補償もオリジナルサービスとして付与されます

価格も適正価格ですし扱っているメーカーも多いので、関東圏内にお住まいの方はメディオテックを比較検討の候補に入れましょう。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【ナコウド】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる一括見積もりサイト『ナコウド』をオススメしています。

ナコウドでは専門のアドバイザーが無料で顧客の要望に合った業者を数社紹介してくれます。

また、見積りだけでなく補助金や現在の太陽光発電の事情などの相談もできますので、自分で色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

利用は無料(土日祝も対応してくれます)ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ ナコウド公式ホームページ
太陽光

コメント一覧
  1. 久保真一郎 より:

    メディオテックより小型風力発電設備を、購入しました。
    退職後の生活費のために2017年に3500万円を銀行からお借りして、新設の小型の風力発電施設をメディオテックより購入しました。

    1.風車が停止され売電がストップ
    今年の1月に同じ型式の他の風車に事故(風車が折れて落下)があり、行政の要請によりメーカーより風車を止められました。また、同型の風車に関する海事教会からの認証も停止し、4ヶ月を経過しても稼働していません。

    私が購入したモデルの同じメーカーの前モデルの風車も認証が停止、取り消された事実を初めて知りました。
    また、提案見積書では、その停止した旧モデルで提案されており、認証停止があったため、発注書では、後継のモデルに変わっていました。
    その説明も受けていません。

    勿論、メディオテックからは、風車の認証や停止、それが、他の物件であっても発生する、リスクを説明されていません。

    投資目的でリスクとリターンが重要な商品にも関わらず、契約行為に当たって、直近で停止処置を受けた後継製品にも関わらず、その重要な事項を告げられていません。
    返品させて欲しいと言って以降、営業担当も電話にも出ません。
    法務担当を設けて、同社は無関係であり、知ったことでは無いと内容証明を、送りつけてくる始末です。
    2,発電量に関わるシミュレーション
    勧誘時、年間400万円の売電収入のシミュレーションでした。
    しかし、一年経過し、240万円程度と160万円、40%もかけ離れた実態となりました。

    再生エネルギー設備の販売で、風力発電の販売事業者の上等文句である、固定買取制度の単価が高く、高い利回りが期待できる事で、当販売事業者も同様です。

    加えて、メディオテックは勧誘時には、①同社の提示するシミュレーションは、多くの事業者が使うNEDOの数値とは異なり、精緻な予測で実測値に近い結果が期待できる予測モデルを使っていて、シミュレーション値の信頼度が高い
    ②風况の良いのは東北と北海道と一部で、場所は限られ、早い者勝ち
    ③この設備は、自社で運用しようとしている物件
    との説明をされました。
    このような事業者をおすすめするのでしょうか?

コメントを残す