京都府の蓄電池補助金【2022年最新版】

国からの補助金

SII(環境共創イニシアチブ)から家庭用蓄電池への追加公募がありました。

受付期間 2020年04月07日~2020年8月31日
※先着順
対象者 ① 日本国内において登記された法人および、日本国内に居住がある個人・個人事業主であること。
② 経済産業省から補助金等停止措置又は指名停止措置が講じられていない者であること。
③ 応募書類「暴力団排除に関する誓約書」に記載されている事項に該当しないこと。
④ 申請に関する情報及び補助対象設備の活用状況等について、国及びSIIに情報提供が行われること
について同意すること。
⑤ 処分制限期間の間、導入設備等を補助事業の目的に即して継続的に維持運用できる事業体制を有
すること。
⑥ 導入した補助対象設備等に関する使用状況や設備導入による事業効果等について、SII及び国からの依頼により調査を実施する場合、必ず協力できること。
⑦ 申請者は、機器の導入にあたってSIIに登録する節電要請窓口に対して、補助要件を満たすために必要となる情報を提供することに書面をもって同意できること。
補助対象設備 ① 補助対象の要件を満たす家庭用蓄電システムであること。
② 災害発生時(停電時)に宅内給電へ切り替えることができ、また災害復旧後には国または電力会社が供給力不足による節電を要請した場合、グリーンモードへ切り替える機能、もしくはグリーンモード固定で運転する機能
を具備すること。
③ 災害発生時の宅内給電切り替えは自動および不測の事態用として手動切り替えができること。
④ 災害復旧後に、遠隔からの動作状態を監視できる機能を具備すること。
補助金額 一律20,000円
問い合わせ先 環境共創イニシアチブ(事務局)
https://sii.or.jp/kateichikudenchi31/public_add.html
TEL:03-5565-3820

京都府からの補助金

現在、京都府から蓄電池への補助金制度はありません。

なお、最新の京都府の補助金情報に関しては下記から問い合わせください。

環境部エネルギー政策課
http://www.pref.kyoto.jp/index.html
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
電話番号:075-414-4297
ファックス番号:075-414-4705

▼全国の補助金一覧はこちら!

京都府の市町村一覧

※クリックすると市区町村の補助金情報が見られます。
 |  |  |  |  |  |  | 

綾部市 2021/4/1~2021/12月末まで 1kWあたり15,000円
上限90,000円
蓄電池及び電力変換装置(インバータ、コンバータ、パワーコンディショナ等)で構成される一体の装置のもの。
住宅に電気を供給するために設置され、常時太陽光発電システムと接続し、同システムが発電した電気を充放電するもの。
未使用のもの。
宇治市 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり20,000円
上限120,000円
蓄電容量が1kWh以上の、住宅用であること 太陽光発電設備と接続され、その発電する電力を充放電する設備であり、蓄電池部、インバータ、コンバータ及びパワーコンディショナ等の電力変換装置が一体的に構成されていること。
日本工業規格に掲げる密閉型小型二次電池の安全性、その他関係法令が定める安全基準を満たしていること。
充放電能力がメーカーによって出荷後も保証されており、かつ、保証開始日が申請日の前後一年以内であること。
メーカー等によって設置後のメンテナンス体制が用意されていること。
乙訓郡大山崎町 2021/5/6~2021/12/28 1kWあたり15,000円
上限90,000円
太陽光発電と常時接続し、電力を充放電できる蓄電池及び電力変換装置で構成される設備で、電力を供給するために設置するもの。
リースで設置するシステム、保証・保守にかかる費用でないこと。
日本工業規格又は、一般社団法人電池工業会規格に適合しているもの。
蓄電池容量が1kWh以上のもの。
電気事業者との電力受給契約開始日後6ヵ月以内のもの。

亀岡市 2021/4/1~予算がなくなるまで 1kWあたり17,000円
上限102,000円
太陽光発電システムと常時接続しており、同システムが発電する電力を充放電できる蓄電池および電力変換装置で構成される一体の装置であり、住居部分に電力を供給するために設置されているもの。
蓄電池の容量が1kWh以上であるもの。
木津川市 2021/4/1~予算がなくなるまで 1kWあたり15,000円
上限90,000円
太陽光発電と同時設置することが条件。
太陽光発電設備の合計出力が10kW以上である場合、余剰電力の売電を行うことがわかる契約書等が必要。
京田辺市 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり20,000円
上限120,000円
京田辺市に住所を有し、住所地の自らが居住する住宅に、住宅用蓄電池システムと太陽光発電システムを新たに同時設置した個人が対象です。
京丹後市 2021/4/1~2021/7/16 1kWあたり15,000円
上限90,000円
未使用品、未着工であること。
補助事業者による使用であること(発電した電気を含む)。
京丹後市内の設置施工等業者の設置・施工、または一部施工等を伴うこと
京都市 2021/4/12~2022/3/1 一律100,000円 太陽光発電と同時設置すること(各設備を設置し,同時に申請すること。)。
2021年4月1日から2022年3月31日までに他の補助事業の補助金の交付額の決定を受けるもの。
久世郡久御山町 予算がなくなるまで 1kWあたり40,000円
上限240,000円
JIS規格または一般社団法人電池工業会規格に準拠し、蓄電容量が1kWh以上であり中古品でないもの。

城陽市 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり20,000円
上限120,000円
下記のいずれかの場合が補助対象となります。

未使用の住宅用蓄電池システムと住宅用太陽光発電システムを新たに同時設置した場合。
未使用の住宅用蓄電池システムと住宅用太陽光発電システムが設置された住宅を新たに購入した場合。
相楽郡笠置町 募集なし 0円 現在利用できる補助金制度はありません。
相楽郡精華町 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり20,000円
上限120,000円
精華町内に住所を有し、自らが所有し、居住する住宅に新たに太陽光発電設備と蓄電設備を同時に設置した、又は太陽光発電設備と蓄電設備を設置する新築住宅を購入した個人が対象です。
相楽郡南山城村 募集なし 0円 現在利用できる補助金制度はありません。
相楽郡和束町 募集なし 0円 現在利用できる補助金制度はありません。

綴喜郡井手町 2021/4/1~予算がなくなるまで 1kWあたり40,000円
上限240,000円
常時太陽光発電設備と接続し充放電できる、蓄電容量1kWh以上の未使用のもので、JIS規格または日本電池工業会規格に準拠しているものが対象です。
綴喜郡宇治田原町 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり20,000円 上限120,000円 太陽光発電設備と常時接続し、同設備で発電した電気を蓄電することができる住宅用の設備で、日本工業規格または一般社団法人電池工業会規格に適合し、蓄電容量が1kWh以上であるもの。
中古品や移設したものでないこと。
すでに太陽光発電設備が設置されている家屋に、追加で発電設備を設置し、同時に蓄電設備を設置する場合も対象とする。
複数の建物があっても、「母屋」(寝室のある家屋)以外は対象外とする。
発電した電気を全量売電するものは対象としない。

長岡京市 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり15,000円
上限90,000円
住宅用太陽光発電設備により発電する電力を充放電し、蓄電池及び電力変換装置(インバータ、コンバータ等)で構成される一体の装置であり、住居部分に電力を供給するために設置されるもの。
JIS規格若しくは一般社団法人電池工業会規格に準拠しているもの又は第三者認証機関により認証されたもので、蓄電容量の合計が1kWh以上であるもの。
未使用品であるもの。
南丹市 2021/4/1~2021/11/30 1kWあたり16,500円
上限99,000円
自らが居住する住宅に住宅用太陽光発電設備と住宅用蓄電設備を同時に設置し、電力会社と電力需給契約を締結した個人が対象です。

福知山市 2021/4/1~2021/12/25 1kWあたり30,000円
上限180,000円
住宅用太陽光発電設備と常時接続しており、同設備が発電する電力を充放電できる蓄電池および電力変換装置で構成される設備であること。
日本工業規格または一般社団法人電池工業会規格に適合しているもの。
蓄電容量が1kWh以上であるもの。
中古品でないこと。
未使用品であるもの。
船井郡京丹波町 2021/4/1~2021/12/25 1kWあたり15,000円
上限90,000円
太陽光発電システムと常時接続し、太陽光発電システムが発電する電力を充放電できるものであること。
蓄電池について、日本工業規格または一般社団法人電池工業会規格に準拠しているものであること。
補助対象設備を構成する蓄電池の蓄電容量の合計が、1KWh以上のものであること。

舞鶴市 2021/4/1~2021/12/28 1kWあたり15,000円
上限90,000円
常時「住宅用太陽光発電設備」と接続し、JIS規格またはその他これに準じるもの(JET、JQA等)で、蓄電容量が1kWh以上のもの。
宮津市 2021/4/1~2021/12/31 1kWあたり15,000円
上限90,000円
常時、住宅用太陽光発電システムと接続し、同システムが発電する電力を充放電できるもの。
助成対象設備を構成する蓄電池の蓄電容量の合計が1kWh以上であるもの。
向日市 2021/4/1~2021/12/24 1kWあたり15,000円
上限90,000円
向日市内に自らが所有し、かつ、居住する戸建専用住宅に対象設備を同時に設置した個人又は市内に対象設備を設置した戸建専用住宅を自ら居住する目的で取得した個人が対象です。

八幡市 2021/4/1~~2021/12/28 1kWあたり15,000円
上限90,000円
※太陽光発電と同時設置で50,000円加算
常時太陽光発電と接続し、かつ、太陽光発電が発電する電気を充電することができるもの。
日本産業規格又は一般社団法人電池工業会規格に適合しているもの。
蓄電容量が1kWh以上であるもの。
与謝郡伊根町 毎年4月から12月まで 1kWあたり15,000円
上限90,000円
新設の蓄電池容量が当該住宅の合計1キロワット時以上で、かつ、定格出力が500ワット以上のものであり、常時太陽光発電設備と接続し、太陽光発電が発電する電気を充電することができる設備が対象です。
与謝郡与謝野町 予算がなくなるまで 1kWあたり15,000円
上限90,000円
新設又は増設(既存の蓄電設備の全部又は一部を撤去してする新設又は増設を除く。)であって、蓄電池容量が当該住宅の合計で1kWh以上であること。
定置用で日本産業規格又は一般社団法人電池工業会規格に適合していること。

おすすめ蓄電池比較サイト『タイナビ蓄電池』
当サイトでは蓄電池をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビ蓄電池をオススメしています。

タイナビ蓄電池を利用の際は『ご意見・ご要望』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

また、相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場や販売店ごとのサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ蓄電池公式ホームページ
タイナビ蓄電池

京都府の方におすすめの記事