沖縄県の太陽光発電発電量(東芝/パナソニック/京セラ/三菱/シャープ)

沖縄県の日照時間と太陽光発電

沖縄県那覇市年間発電量2022年


参照元:2021年の沖縄県那覇市の年間日照時間グラフ | 気象庁

気象庁の発表する2021年における沖縄県那覇市の年間日照時間は1867.1時間でした

この日照時間データは日本で34番目の土地になります

沖縄は台風の影響が大きく、気候は暖かいですが日照時間が制限されてしまう地域です。
特に施工に関しての安全性が求められます。

ちなみに太陽光発電の発電量は、各地方の日射量×システム設置容量×0.85(システム出力係数)で求められます。

日射量(日照時間)の大きさが太陽光発電の発電量にはキモになります。

▼全国の発電量一覧はこちら!

東芝(6,542kWh)

東芝を沖縄県に設置した際の年間発電量
データ参照元:東芝シュミレーター

《条件》
5.4kWシステム
方角:真南
地域:沖縄県那覇市
傾斜角:30度

沖縄県那覇市に東芝5.4kWシステムを設置した際の年間発電量は6,542kWhとなりました。

5.4kWシステムを設置して6,542kWhの発電量ですので、およそ1.21倍(6,542÷5.4kW)の発電パフォーマンスということになります。

パナソニック(6,252kWh)

パナソニックを沖縄県に設置した際の年間発電量
データ参照元:パナソニックシュミレーター

《条件》
5.00kWシステム
方角:真南
地域:沖縄県那覇市
傾斜角:30度

沖縄県那覇市にパナソニック5.00kWシステムを設置した際の年間発電量は6,252kWhとなりました。

5.00kWシステムを設置して6,252kWhの発電量ですので、およそ1.25倍(6,252÷5.00kW)の発電パフォーマンスということになります。

京セラ(5,895kWh)

京セラを沖縄県に設置した際の年間発電量
データ参照元:京セラシュミレーター

《条件》
5.208kWシステム
方角:真南
地域:沖縄県那覇市
傾斜角:30度

沖縄県那覇市に京セラ5.208kWシステムを設置した際の年間発電量は5,895kWhとなりました。

5.208kWシステムを設置して5,895kWhの発電量ですので、およそ1.13倍(5,895÷5.208kW)の発電パフォーマンスということになります。

三菱(5,323kWh)

三菱を沖縄県に設置した際の年間発電量
データ参照元:三菱シュミレーター

《条件》
5.0kWシステム
方角:真南
地域:沖縄県那覇市
傾斜角:30度

沖縄県那覇市に三菱5.0kWシステムを設置した際の年間発電量は5,323kWhとなりました。

5.0kWシステムを設置して5,323kWhの発電量ですので、およそ1.06倍(5,323÷5.0kW)の発電パフォーマンスということになります。

シャープ(6,274kWh)

シャープを沖縄県に設置した際の年間発電量
データ参照元:シャープシュミレーター

《条件》
5.28kWシステム
方角:真南
地域:沖縄県那覇市
傾斜角:30度

沖縄県那覇市にシャープ5.28kWシステムを設置した際の年間発電量は6,274kWhとなりました。

5.28kWシステムを設置して6,274kWhの発電量ですので、およそ1.18倍(6,274÷5.28kW)の発電パフォーマンスということになります。

沖縄県の太陽光発電発電量まとめ

今回比較したメーカーの中では、沖縄県にはパナソニックが一番発電量が見込めるという結果になりました。

ただ、上記で紹介したシミュレーションはあくまでも一般的なもので、実際には一軒一軒屋根の形と大きさ、周囲の環境も違います。

なお、沖縄県には実績のある販売店が数多くありますので、インターネット見積りサービスを使うと効率的に販売店ごとの見積りや発電シミュレーションを得ることができおすすめです。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【タイナビ】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか60秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる『タイナビ』をオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

メールでの簡易見積りにも対応してくれるので、概算で相場を知ることもできます。

また、相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ公式ホームページ
太陽光発電