太陽光発電は新築と既築どちらに付けたほうがいいの?注意点は?

太陽光発電は出来れば新築に設置しましょう

私は基本的に太陽光発電は良い物だと思っています。

『基本的』になんて、思わせぶりな書き方をしてしまいましたが、要はその家に一番合った太陽光発電を設置する事ができれば良い物となるし、家にミスマッチな太陽光発電を設置したらメリットの少ない高価な物となるということです。

太陽光発電を設置したらその月から屋根で電気を作ってくれて自己消費または売電によって恩恵を得る事ができます。

家に合ったメーカーの太陽光発電をなるべく早く設置すれば、システムにかかった費用も15年〜17年で回収も可能です。

そしたらいよいよ光熱費0円住宅の恩恵を受ける事ができます。

そうゆう意味で、新築から太陽光発電を設置することおすすめします

また余談ですが、太陽光発電の良さは経済的なメリットだけでなく、小さいお子さんにとっては天候と言うものを身近に考える子へと成長させる影響もあります。

家族にとっても『今月ウチでこれだけ発電したよ。』『うわぁ!今日晴れているから凄く発電してるね。』などの、コミュニケーションツールにも一役買ってくれます。

『太陽光発電』というと、イメージ的に『価格が高い』『いくら売電できるの?』などと、お金の話しにいきがちですが、家族が一つになってエコに取り組む事ができる素晴らしい商品だと言う認識を持つと、もっと心が豊かになるかもしれませんよ^^

新築時に太陽光発電を設置する時の注意点

国土交通省の2014年の調べによると、注文住宅の4割に太陽光発電が設置されているといいます。

参考:【2014年度】注文住宅4割に太陽光発電が設置されました

小さな工務店から全国的に知名度のある住宅メーカーまでありとあらゆる所が太陽光発電を扱っている状態ですね。

ただ、ここで注意点ですが工務店や住宅メーカーの扱っているメーカーは太陽光発電専門業者に比べて少なくだいたいの所が1〜3メーカーになります。

当サイトでは16のメーカーの特徴やシュミレーションをご紹介していますが、メーカーによって価格や特徴、発電量、保障などが変わります。

言い換えると、工務店や住宅メーカーで太陽光発電を設置するというのは、選択肢の少ない太陽光発電の中から選び、その中で最適なプランを強引に設置していると言うわけです

あまりに強引な考え方ですよね?

なので、私は『餅は餅屋』という言葉もある通り、太陽光発電は太陽光発電専門業者にお願いするべきだと唱えています。

住宅メーカーでは太陽光発電はあくまでもオプションの一つという考え方ですし、細かく言うと支払いも住宅ローンに加味されてしまいますので、住宅に回せる資金が乏しくなる可能性もあります。

私のおすすめは、新築のお宅を建てた後に(だいたい1〜2ヶ月後)に複数の太陽光発電業者から見積もりをとって一番、シュミレーション結果の良い販売店で太陽光発電を設置するというものです。

太陽光発電の支払いは国でも優遇されている低金利のソーラーローンを活用出来ますし、与信も住宅で使ったものではない枠の外で審査してもらえます。

要は、資金を気にせずに家や周辺環境に最適な太陽光発電が設置できるというわけです。

太陽光発電は新築のお宅に専門業者でお願いする!というのが、おすすめです^^

⇒ 太陽光発電買うなら低金利のソーラーローンで決まり!