公開日: 更新日:

JAソーラーの口コミ【2018年最新版】

JAソーラーの口コミ

  • 家を建てる時に、屋根の形や方角などの観点から一番最適だったのでJAソーラーを選びました
  • 設置して2年経ちますが、発電状況には大変満足しています
  • 夏場は使った電気よりも売れた電気のほうが多い月もありました
  • 価格は他のメーカーよりも安かった
  • 近所のシャープの太陽光発電を設置しているお宅よりも我が家の方が発電しているので、密かに優越感に浸っています
手っ取り早く太陽光発電の費用を知りたい方はこちら!

《無料/全国対応》100万人が利用!太陽光発電の公式一括見積もりサイト

JAソーラーの最新相場

まとまった数値を集めることができず、相場価格が分かりませんでした。

なお、2018年までの太陽光発電の価格相場の推移に関しては別ページで詳しくまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

最新パネル一覧

※スマートフォンで閲覧する時には横にスクロールしてご覧下さい。

型式 小売り価格 セル種類 最大モジュール変換効率 公称最大出力 寸法 質量 保証
JAM6(K)-60-300/PR オープン価格 単結晶 18.35% 300W 1650×991×40 18.2kg 25年
JAM6(K)-60-295/PR オープン価格 単結晶 18.04% 295W 1650×991×40 18.2kg 25年
JAM6(K)-60-290/PR オープン価格 単結晶 17.74% 290W 1650×991×40 18.2kg 25年
JAM6(K)-60-285/PR オープン価格 単結晶 17.43% 285W 1650×991×40 18.2kg 25年
JAM6(K)-60-280/PR オープン価格 単結晶 17.12% 280W 1650×991×40 18.2kg 25年
JAM6(K)-48-245/PR オープン価格 単結晶 18.67% 245W 1324×991×40 15.0kg 25年
JAM6(K)-48-240/PR オープン価格 単結晶 18.29% 240W 1324×991×40 15.0kg 25年
JAM6(K)-48-235/PR オープン価格 単結晶 17.91% 235W 1324×991×40 15.0kg 25年
JAM6(K)-48-230/PR オープン価格 単結晶 17.53% 230W 1324×991×40 15.0kg 25年
JAM6(K)-48-225/PR オープン価格 単結晶 17.15% 225W 1324×991×40 15.0kg 25年
2018年における太陽光発電のメーカーを価格や性能、特徴などの面から比較しました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。

⇒ 太陽光発電のメーカーを比較したいあなたへ

JAソーラーの長所

  • 保証面が充実している
  • 高性能モジュール(パネル)
  • 価格が安い

JAソーラーの一番の長所は保証面やパネルの性能が高いにもかかわらず価格が安いというコストパフォーマンスの高さにあります

保証面ではバックアップ保証を敷いていて、万が一JAソーラーが経営難になってしまった時や日本からの撤退となってしまった時も、日本国内の損害補償会社がJAソーラーの代わりに保証面を面倒見てくれます。

また、パネルの性能も高く、反射防止ガラスを採用していたり、自動洗浄機能で発電ロスを抑制したり、風圧荷重2400Pa積雪荷重5400Paなどの耐性テストにクリアしたパネルになります。なので気候の変化や環境の厳しい東北地方でも安定した発電が期待できます。

JAソーラーの短所

  • 扱っている販売店が少ない

JAソーラーは元々中国のメーカーで2005年に日本に進出してきた日本では比較的新しいメーカーです。

現在は主に住宅メーカーと提携しています。

太陽光発電専門の販売店との提携が進んでおらず、JAソーラーを検討するってなったら限られた住宅メーカーと相談しなければならない現状です。

確かに価格は安くコストパフォーマンスに優れているJAソーラーですが、住宅でお世話になった住宅メーカーでJAソーラーを扱っていなかったら検討もできません。

限られた太陽光発電の販売店ではJAソーラーを扱っていますが、それも現在お住まいの地域にあるとは限りません。

検討材料の少なさが現在のJAソーラーの短所と言ってよいでしょう。

反対に、JAソーラーを設置できる環境にいるのであれば、前向きに他のメーカーと比較検討するべきでしょう!

メーカー保証内容

  • モジュール出力保証25年(無料)
  • 機器保証10年(無料)
  • 10年施工保証(無料)

他の海外メーカーだとやっぱり日本からの徹底した後どうなるかと言った不安がつきまといますが、JAソーラーの場合上記の保証面はバックアップで日本国内の損害補償会がケアしてくれているので安心です。

高性能なパネル、周辺機器を一定期間安心して安心して使えるのは、本当に嬉しいですね。

シミュレーション例

太陽光発電選びの一つの指標として発電量があげられますが、パネルの公称最大出力よりも大切なのは実発電量になります。

公称最大出力とは、JIS(日本工業標準調査会)で 、AM(エアマス)1.5、放射照度1000W/†、モジュール温度25度で定められた出力数値になります。

当然、地域によって放射照度も違いますし気温も違います。
太陽光発電は熱に弱いという性質を持っていることから、真夏日が長く続くような地域では発電ロスが大きくなります。

自然環境の中に太陽光発電を設置した時に、一年間でどれだけ発電したかという実発電量が大切になってくるわけです。

《4.6kWシステムを設置した場合の年間発電シミュレーション条件》
230Wモジュール(JAM6(K)-48-230/PR)20枚
真南設置
屋根傾斜30°
  • 札幌市(北海道)4,859kwh
  • 仙台市(宮城県)4,9k36wh
  • 東京都4,782kwh
  • 金沢市(石川県)4,539kwh
  • 大阪府5,009kwh
  • 広島県5,337kwh
  • 福岡県5,038kwh

なお、詳しい発電メリットの計算方法に関しては別ページにまとめましたので、そちらのページをご覧ください。

JAソーラーはこんな方におすすめ

  • 東北地方の方
  • コストパフォーマンス重視の方

正直に言えば、JAソーラーよりも性能の良いメーカーは他にもたくさんあります。

ただ、価格と性能のコストパフォーマンスの観点から言えば、JAソーラーが他のメーカーよりも頭一つ抜きに出ています

パネルというのは年々新しいものが出て、その度に性能も上がっていますが、実は太陽光発電ではこのコストパフォーマンスの観点で選ぶと一番効率が良いです。

また、JAソーラーのシステムは風圧テスト、積雪テストもクリアした耐久性に優れたパネルになります。日本で言えば東北地方などの雪が影響する環境でも安定した発電が期待できます。

東北地方に住むコストパフォーマンス重視の方にJAソーラーをおすすめします

JAソーラー口コミまとめ

JAソーラーの口コミをまとめると

  • 発電には満足している
  • 価格が安かった

と言った感じです。

JAソーラーは2005年に日本に進出し2007年にはナスダックに上場していて、太陽電池モジュールの出荷量は世界第4位(2016年時点)と信頼性の高いメーカーです。

また、JAソーラーではパネルを構成するセル、ウエハーを自社で一貫して製造している為、低価格で消費者に太陽光発電を提供できています。

日本での実績は1万件程度になります(2017年10月時点)。

そのほとんどが住宅メーカーを通して最初から家に設置されているものなので他のメーカーに比べて知名度は低いかもしれませんが、JAソーラーは世界的に見てもシェア10位、セル単体で言えば世界2位のメーカーです。

ちなみに日本で使われているパネルの8枚に1枚がJAソーラーのものです

その実績から、信頼性の高さがうかがえると思います。

最近では住宅用だけでなく産業用(10kW以上の大規模なシステム)にもJAソーラーが使われることが多くなりました。

価格だけでなく発電量、耐久性、保証面と言った総合的観点からJAソーラーを他のメーカーと比較する事をおすすめします。

おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ 《無料》タイナビ公式ホームページ