カテゴリー:問題点・課題

日本の太陽光発電新規導入量が伸びることによる設置者の注意点

日本は太陽光発電の普及が進んでいる 太陽光発電が再生エネルギーの中でも特に注目を集めていると言われていますが、その流れは特に日本で顕著な動きを見せました。 ソーラーパワー・ヨーロッパ(旧欧州太陽光発電産業協会)の発表によると、2015年の太陽光発電の新規導入量導入量が日本は世界で2番目の13%増(前年同期比)の1100万kWでした。 ちなみに1位は中国の46%増の1515万kWでした。 2014年 […]

2018年における太陽光発電の5つの問題点

今や新規のお宅の4割に太陽光発電が設置 2014年に建てられた注文住宅のおよそ4割に太陽光発電が設置されました。 国や市区町村からの助成(国からの助成は平成26年3月31日(当日消印有効)を以て終了しました)や買い取り価格の影響で日本でも太陽光発電というものが徐々に認知され始めています。 その一方でまだま現在の太陽光発電については問題点があると言われています。 現在、あげられる太陽光発電の問題点を […]

太陽光発電の電磁波の影響を身の回りの電化製品と比較してみた

太陽光発電によって家庭に新たに電磁波が発生する 太陽光発電を設置すると過剰に電磁波が発生するから、身体を壊すのでは?と言ったイメージを持たれている方もいらっしゃいます。 実際、私のお客様も気にされる方がいらっしゃいました。 『家の電気をまかないましょう!』 なんてフレーズで、大規模に家に設置するとなると小さな発電所になりますから、そのイメージを持つのも分かります。 確かに太陽光発電を設置する事によ […]

逆潮流(太陽光発電)が増えることによる余計な出費

逆潮流とは電気が家庭側から電力会社側に流れる事 太陽光発電を設置していないお宅は、当然ですが電力会社から電気を買っています。 この時の電気の流れは電力会社から家庭というもので、潮流(ちょうりゅう)と言います。 しかし、太陽光発電を設置すると太陽光発電で作っている電気が家庭で使っている電気よりも多くなり電気が家庭側から電力会社側に流れる事になります。 この、家庭側から電力会社側に電気が流れることを逆 […]

太陽光発電のトラブル【※被害者の声あり】

施工店による手抜き工事 急激に太陽光発電が一般家庭に普及したことで、施工技術者が足りなくなる現象が起きました。 それによってどうゆう事が起きたかと言えば、一日に4〜5件の施工を行うという無理な施工会社が現れ施工がずさんになり、それによって雨漏りなどのトラブルが発生しました。 また、無理なスケジュールをこなそうと職人さんのスキルが不足している状態で施工を任され雨漏りなどのトラブルに発展するケースもあ […]

太陽光発電によるモニター商法例【※実際の被害者の声あり】

モニター商法とは 太陽光発電販売業者で主に訪問販売業者がよく使う販売手法にモニター商法があります。 これは太陽光発電だけでなくオール電化やリフォーム業者などもよく使う手法です。 モニター商法とは、モニターになってくれたら割引、もしくはタダにしますよ〜という販売手法になります。 簡単に言ってしまえば、嘘やオーバートークによって商品を購入させようとする悪質な手法になります。 太陽光発電がここまで普及す […]

太陽光発電を設置したら電気代が5万円から1万円になりました【※実際の口コミ】

日本全国で電気代の値上げが決まる 2015年5月から電力10社で一斉に電気代が値上げされる事が決まりました。 値上げの額は各電力会社によって違いますが12円~156円の範囲で値上げが行われます。 これは太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーを電力会社が買い取る際の財源になるものと考えられます。 当サイトは太陽光発電のサイトなので太陽光発電を使って分かりやすく例えると、太陽光発電を設置していない人 […]