発電量・発電効率

太陽光発電の発電量や発電効率についてのカテゴリーになります。これから太陽光発電を検討される方の参考になればと思います。

太陽光発電が発電しないワケ

目次 1. 条件次第では太陽光発電は発電しない?2. 屋根が狭い家3. 屋根が影っている家4. 北向きの屋根5. 太陽光発電が発電しなかったらどうしたらいいの?6. 太陽光発電が発電しないまとめ 条件次第では太陽光発電は発電しない? 太陽光発電の普及率が10%程度となり、これからますます普及していくことが予想されますが、残念ながら全ての家で太陽光発電が同じように発電するわけではありません。 太陽光 […]

4人家族で使う電気代を太陽光発電でまかなう事は可能なの?

目次 1. 太陽光発電で4人家族の電気代はまかなえる2. 最低でも4kW〜5kW程度のシステムは欲しい3. 私が屋根一杯に太陽光発電の設置をすすめるワケ4. 設置する枚数も大切ですが、本当に大切なのは発電メリット5. 条件6. シュミレーション例7. 太陽光発電で4人家族の電気代をまかなうポイント8. 4人家族に最適な太陽光発電は?9. 4人家族の太陽光発電まとめ 太陽光発電で4人家族の電気代はま […]

太陽光発電の発電量の計算の仕方

目次 1. 発電量の計算方法2. 都道府県別日照時間ランキング3. 発電量シュミレーション4. 太陽光発電の発電量の計算まとめ 発電量の計算方法 年間発電量=日射量(時間)×設置容量(kW)×0.85(システム出力係数) 太陽光発電は太陽の光をエネルギーに変えるため、日射量が発電に大きく左右します。 システム出力係数とは、パネルで作られた電気が配線やパワーコンディショナなどを経由することによる発電 […]

太陽光発電の変換効率の計算方法

目次 1. 変換効率を理解しよう2. 最大モジュール変換効率の計算方法3. メーカー別モジュール変換効率ランキング4. パワーコンディショナにも変換効率がある5. 変換効率が良いと何がいいの?6. 変化効率まとめ 変換効率を理解しよう 太陽電池モジュール(パネル)は太陽の光を電気に変えるわけですが、現行の太陽光発電では太陽の光全てを電気に出来るわけではありません。 メーカーごとに性能が違いますが、 […]

ダブル発電とシングル発電どちらがお得なのか?

目次 1. ダブル発電とは2. 【2017年】ダブル発電の売電価格3. 蓄電装置、エネファームの価格が高い4. ダブル発電シュミレーション5. 私なりのダブル発電に対する考え6. ダブル発電まとめ ダブル発電とは ダブル発電とは太陽光発電と蓄電装置、もしくは太陽光発電とエネファームを組み合わせたシステムのことです。 蓄電装置、またはエネファームと太陽光発電を組み合わせて使うこと経済的効果をもっと高 […]

太陽光発電が一番発電する季節

目次 1. 太陽光発電は春に一番発電する2. 夏場は発電ロスが大きくなる?3. 高温に強いパネルもある4. 設置する季節は春先がいい?5. 曇りが心配なら日照補償6. 日照補償とは?7. 太陽光発電は曇りでも発電する8. 太陽光発電が一番発電する季節まとめ 太陽光発電は春に一番発電する 太陽光発電にはいくつか間違ったイメージが定着しているふしがあります。 その一つに太陽光発電が一番発電する季節につ […]

太陽光発電の出力制御とは一体なに?

目次 1. 出力制御とは2. 出力制御ルール3. 各地域の接続可能量と制御条件4. 出力制御による影響度 出力制御とは 2010年に国が太陽光発電の普及をもくろんで、太陽光発電で作って余った電気の価格(買い取り価格)をそれまでの倍の48円に設定した事によって太陽光発電の認知度が高まりました。 現時点(2017年11月時点)での買い取り価格は28円(出力制御機器設置義務地域は30円)とだいぶ下がって […]

カラーモニタの使い方を知ると太陽光発電が面白くなる

目次 1. カラーモニタとは2. 家計簿代わりになる3. 家族の節電意識が高まる4. 晴天に感謝できるようになる5. カラーモニタ口コミ6. カラーモニタまとめ カラーモニタとは 太陽光発電というとモジュール(パネル)の最大出力やパワーコンディショナーの電力変換効率にばかり目がいきがちですが、何気に大切なのはカラーモニタになります。 カラーモニタとは、リアルタイムで現在自分の屋根でどれだけの電気が […]