公開日: 更新日:

太陽光発電の発電量の計算の仕方

発電量の計算方法

年間発電量=日射量(時間)×設置容量(kW)×0.85(システム出力係数)

太陽光発電は太陽の光をエネルギーに変えるため、日射量が発電に大きく左右します。

システム出力係数とは、パネルで作られた電気が配線やパワーコンディショナなどを経由することによる発電ロスの値になります。

日射量は各都道府県によって変わってくるため、都道府県別の平均データを使用して求めます。

都道府県別日照時間ランキング

1993年~2012年までの20年分の日照量(時間)の平均値です。

県名を選択すると、2017年度の日照時間と各都道府県の業者一覧がご覧になれます

ランキング 都道府県 日射量(時間)
1位 山梨県 2213.9
2位 高知県 2158.0
3位 静岡県 2144.5
4位 群馬県 2133.1
5位 宮崎県 2122.6
6位 愛知県 2114.9
7位 徳島県 2096.5
8位 岐阜県 2082.9
9位 三重県 2078.9
10位 和歌山県 2076.7
11位 香川県 2041.7
12位 広島県 2035.1
13位 大阪府 2029.2
14位 岡山県 2028.6
15位 愛媛県 2021.8
16位 兵庫県 2016.5
17位 大分県 2002.9
18位 神奈川県 2001.4
19位 熊本県 1998.9
20位 佐賀県 1969.9
21位 茨城県 1961.3
22位 鹿児島県 1952.3
23位 栃木県 1939.7
24位 千葉県 1933.2
25位 東京都 1921.8
26位 埼玉県 1914.8
27位 山口県 1889.1
28位 福岡県 1873.7
29位 長崎県 1862.0
30位 奈良県 1805.0
31位 宮城県 1799.4
32位 京都府 1778.9
33位 滋賀県 1736.6
34位 福島県 1728.3
35位 沖縄県 1710.5
36位 長野県 1692.0
37位 島根県 1690.7
38位 北海道 1684.6
39位 石川県 1683.7
40位 岩手県 1664.2
41位 鳥取県 1649.9
42位 新潟県 1636.5
43位 福井県 1634.8
44位 富山県 1614.7
45位 山形県 1597.2
46位 青森県 1553.2
47位 秋田県 1489.5

発電量シミュレーション

東京都を例に発電シミュレーションしてみます。

《太陽光発電設置条件》
・東京都の日照時間1921時間
・真南設置
・設置角度:30度
・設置容量:5kW

1921時間×5kW(設置容量)×0.85(システム出力係数)=8,164kWh(年間発電量)

これは簡易的な発電シミュレーションになります。

実際には、各メーカーのパネルの性能によって上記の年間発電量が上下していきますが、大まかな数値としては間違っていないはずです。

また、太陽光パネルを設置する角度によっても発電ロスが生まれます。(真南が100%だとしたら、東西は85%、北側は65%程度の発電になります)

実際のシミュレーションではもっと細かく計算してきます。
【シミュレーションあり】太陽光発電の売電収入例

太陽光発電の発電量の計算まとめ

日射量データを見ても分かるように、東北だから調子が悪いとか、九州だから調子が良いものではないことが分かっていただけるかと思います。

また、太陽光パネルは熱に弱い性質がありますので、真夏よりも春先に最もよく発電してくれます。そうゆう性質上、単純に沖縄が暖かいから太陽光発電に向いているんじゃないかと考えるのは早計ということですね。

これにくわえて、屋根の大きさや形などによっても発電の仕方は大きく変わってきます。

設置検討の際には、自分の家の屋根でどれだけの電気が作れて、どれだけの電気が売れるのかをシステムの費用とをシミュレーションしてもらってください。

メリットがあるようだったら前向きに検討することをおすすめします。
おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ タイナビ公式ホームページ