停電だけど我が家は大丈夫!太陽光発電の自立運転のやり方まとめ

自立運転とは

自立運転とは、太陽光発電で作った電気を自分の家で使えるようにパワーコンディショナの設定を変更することを言います

太陽光発電仕組みとして(10kW以下のシステム)は、パネルで作られた電気(直流電流)を家の電化製品で使えるようにパワーコンディショナに集約して交流電流に変換させてから各電化製品へと渡り、使いきれなかった分が各地域を管轄している電力会社へ売電します。

自立運転では、パワーコンディショナの設定を変更することで、パネルで作った電気が家に流れずパワーコンディショナで留まることになり、この電気を使うことが出来ます。

最も自立運転が活躍する時は地震や電力会社の不備で大規模な停電が発生した際です。

記憶に新しい所で言えば、2019年10月に千葉県を襲った台風15号がありましたが、JPEA(太陽光発電協会)の調べによると太陽光発電ユーザーの8割(486件のうち、自立運転機能を利用した件数は388件)は自立運転によって難を逃れています。

ただ中には自立運転の機能自体を知らないお宅や、自立運転自体は知っていたが停電によって調べる詳しい稼働方法が分からず使えなったお宅もありました。(アンケート全体の60件)

自立運転による自家消費は太陽光発電を設置するメリットの一つですが、自立運転する上での条件や各メーカーのパワーコンディショナの使い方、また自立運転する上での注意点もありますので、ご紹介します。


 パワーコンディショナの使い方を徹底的にまとめましたのでご覧ください。

⇒ パワーコンディショナの使い方を元営業マンが全力で説明してみた

自立運転の為の条件

太陽光発電を自立運転させる為には3つの条件があります。

この3つ条件が揃って初めて自立運転として稼働させることができます。

自立運転の前に前提条件を確認しておきましょう。

太陽が出ている時しか自立運転は使えない

売電の仕組みイメージ図
太陽光発電は当然ですが太陽が出ている時にしか発電しませんので、自立運転は太陽が出ている日の出から日の入りまでの時間になります

日の入り後(夜)は自立運転は使えません。

パワーコンディショナには蓄電機能は装備されていませんから、あくまでもその時に発電している分の電気の総量が家で使えるマックスの電気になります。

上記の図で言うとオレンジの部分の『売電』とピンクの部分の『自家消費』の部分が自立運転で活用できる電気になります。

現在の太陽光発電は曇りの日や日の出直後、日の入り直前までしっかりと発電してくれます。

パワーコンディショナを自立運転モードに切り替える必要がある

これは現在(2019年1月時点)の自立運転のデメリットでもありますが、自立運転には手動での対応が必要になります

自立運転モードへの切り替えは各メーカーのパワーコンディショナにより変わってきます。

特に自立運転モードへの切り替えは難しいものではありませんが、それでも自立運転にしたことがない人は不安があると思いますし、太陽光発電の契約時にもそれほど自立運転に関する詳しい説明をしてくれる業者も多くありません。

また手動で切り替えるために、売電モードに戻す時にも手動での対応が必要になります。

すぐに切り替えて、停電が納まったら売電モードに戻すことができれば問題はありませんが、慣れていなければ停電が収まってもずっと自立運転モードになっていて売電ができていなかったことにもなりかねません。

自立運転モードに切り替えたら、その後は再度売電モードに戻すことを忘れず行いましょう

使える家電製品には限界がある

電流:アンペア(A):電気の流れの大きさ
電圧:ボルト(V):電流を流す力の大きさ
電力:ワット(W):電気がする仕事の大きさ

自立運転モードの時に太陽光発電で作った電気を使える容量は1500Wになります

これは一般的に使用されているコンセントの容量が15Aで設置されていることが多い為、最大で1500W(15A×100V(一般家庭の電圧))の設定とされているためです。

太陽光発電では最大で1500W以上の電気も発電してくれる時がありますが、この時にもマックスで使える電気は1500Wになります。

ちなみに15Aのコンセントに1500W以上の電流を流せば火花が出て火事の危険性もでてきます。

家で使う家電製品の使用電力もご紹介しておきます。

電子レンジ 1500W
IHクッキングヒーター 1400W
炊飯器
(5.5合炊飯時)
1300W
ドライヤー(強) 1200W
掃除機(強) 1000W
洗濯機 300W
ドラム式洗濯乾燥機
(洗濯時)
200W

メーカー別自立運転のやり方

パナソニック

※東芝はオムロンからOEM(納入先商標による受託製造)にてパワーコンディショナの仕入れを行っています。


停電時・災害時のご使用について | パナソニック

東芝(オムロン製)


停電時の自立運転切替方法について | 東芝

シャープ

自立運転モードの切り替え方法 | シャープ

三菱

三菱電機 三菱住宅用太陽光発電システム:停電時の使用(自立運転機能)に関するご案内 | 三菱

京セラ


パワーコンディショナ | 京セラ

ソーラーフロンティア


停電時の備え|ソーラーフロンティア

長州産業

【操作方法】連系運転(通常運転)と自立運転の切替方法のご案内 | 長州産業

カナディアンソーラー

停電時の連系運転と自立運転の切り替え | カナディアンソーラー

Qセルズ

停電時の使い方(自立運転) | Qセルズ

太陽光発電の最も大きな長所は自立運転にある

私は2011年から2013年までの3年間に東北地方で太陽光発電の営業マンをしていました。

そして2011年3月には東北地方太平洋沖地震を経験し、私自身も停電の中数日の避難生活を送るという経験をしました。

⇒ 東北大地震の停電の時に太陽光発電が大活躍した話し

そして、それから一か月ほどして会社が営業を再開しまず行ったのは顧客へのサポート業務でした。

自分のお客さん一軒一軒に電話をし、被害の状況を確認しました。

電話のサポートと共に実際にお客さんの家に足を運び状況を目で見てお客さんから被害の状況を聞きました。

その時に嬉しかったのは、太陽光発電を設置したことによって停電時に自立運転を活用できたとの声でした。

自立運転で炊飯器でご飯が炊けたことや、近所の人を集めて電気を分け与えたとの話しを聞いた時に改めて太陽光発電を設置するメリットを確認しました。

太陽光発電のメリットと聞くとつい売電による収入が頭に浮かぶかと思いますが、実は太陽光発電の一番のメリットは万が一の時の心強さにあります

また、そんな万が一の状況の時に支え合うことができます。

これこそが太陽光発電の一番のメリットだと私は感じています。

まとめ

自立運転は太陽光発電の機能の中でも特に素晴らしい機能です。

ただ、手動で行う必要があるので電気を効率的に使う為にも、再度各メーカーのパワーコンディショナの使い方を確認しておくようにしましょう。

日本と言う国は世界の中でも特に地震の多い国であることからも(世界に十数枚しかないプレートのうち4枚が日本国土の周りを覆っている為)、万が一の対策として太陽光発電の設置を検討されてもよいかと思います。

ただ、その際にはきちんと実績のある業者シミュレーションしてもらうことをおすすめします。

おすすめ太陽光発電一括見積もりサイト【ナコウド】
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれる一括見積もりサイト『ナコウド』をオススメしています。

ナコウドでは専門のアドバイザーが無料で顧客の要望に合った業者を数社紹介してくれます。

また、見積りだけでなく補助金や現在の太陽光発電の事情などの相談もできますので、自分で色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています

利用は無料(土日祝も対応してくれます)ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ ナコウド公式ホームページ
太陽光