公開日: 更新日:

2018年の太陽光発電はメリットよりデメリットのが大きい?

メリットだけでなくデメリットもしっかりと確認する

私は約3年ほど太陽光発電の営業マンとして太陽光発電に関わってきました。

職業柄、商品である太陽光発電をおすすめしてきましたが、当然どんなに優れた商品であっても必ずメリット(良い面)とデメリット(悪い面)があります。

それは太陽光発電も例外ではありません。

私は以前に東北地方で太陽光発電の営業マンをしていましたが、お客様に必ずそんな太陽光発電のメリットとデメリットの両方を説明させていただいて、納得していただけたお客様にだけ商品の購入を検討していただきました。

太陽光発電を取り巻く環境は、年々変化していてメリットやデメリットも変化しています。

2018年において私が考える太陽光発電のメリットとデメリット、それに加えて実際に私がお客様に提案させていただいた当時からの太陽光発電のメリットとデメリットも併せてご紹介します。

2018年における太陽光発電のメーカーを価格や性能、特徴などの面から比較しました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。
⇒ 太陽光発電のメーカーを比較したいあなたへ

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットを6つご紹介します。

よく言われているメリットから元営業マン目線からのメリットからの、かなり玄人なメリットもありますが悪しからず見てやってください。

環境に優しい

太陽光発電は太陽の光をエネルギー(電気)に変えるので二酸化炭素も排出することない地球に優しいエコな商品であると言えます。

確かに太陽光発電を作る過程では二酸化炭素は排出されますが、これはエネルギーペイバックの考え方から2〜3年で太陽光発電作成によって排出された二酸化炭素は設置しない状況とトントンになると言われています。

そして、太陽光発電の寿命はだいたい30年程度で現在も更新中といった具合です。

⇒ 太陽光発電の寿命が絶賛記録更新中なワケ

寿命とエネルギーペイバックの観点言って、太陽光発電は環境に優しい商品であると言えるでしょう。

家族が一つになる

太陽光発電を設置すると家の中にカラーモニタと言われるリアルタイムで屋根の上でどれだけの電気が作られていて、使っていて、売られているのかが一目で分かるようになります。

※節約方法でも毎日のレシートチェックや家計簿を付けるという方法がありますが、太陽光発電においてのカラーモニタには節約効果もあります。

⇒ カラーモニタの使い方を知ると太陽光発電が面白くなる

これは経済的な面もさることながら、家族の一つのコミュニケーションの一つにもなります。

太陽光発電を設置してから一番に行う事がカラーモニターによる発電量の確認と言われる方も多かったです。

今日は天気がよくてたくさん電気が売れているからみんなで外食にでも行こうか?など、天候が一つのコミュニケーションのネタにもなります。

また、親御さんからの嬉しい声としては、子供がエコや環境について考えるきっかけになったと、よく聞きましたね。

経済的にも優しい

太陽光発電を検討されるお客様の中で一番多かったのが経済的な要素でした。

太陽光発電を設置する事によって、将来的に電気代ゼロ住宅を目指せるというのはかなりの経済的メリットだと言えます。

また屋根や周辺の環境が良ければ、月々いくらかのおこずかいを得ながら太陽光発電を設置できるお宅も存在します。

※毎月の売電代>太陽光発電のシステム価格のお宅が存在します。

⇒ 太陽光発電とオール電化の相性が良いワケ

マンションから一軒家に住み替えるのは将来の家賃がゼロを目指せるからですよね?

太陽光発電もその発想で、将来的な電気代ゼロを目指しましょうという商品になります。

ステータスになる

これは隠れたメリットになりますが、太陽光発電を設置する事によって地域の住民からの目が変わります。

これは太陽光発電のイメージが世間的にエコな商品、高額な商品(ブランド価値)、ハイテクなどというプラスのイメージを持っていることから、設置することによって地域の住民から尊敬の視線を集める事ができます。

『太陽光発電の付いた家の隣』などという、周囲のシンボルにもなります。

これはお金には換えられない価値であると言えます。

また、最近では企業なども積極的に自社ビルの屋上などに太陽光発電を設置するケースが増えています。

これは、太陽光発電が持つクリーンな印象で企業イメージの向上の効果を狙ってのものです。

近年では太陽光発電で電気を作る自給自足のライフスタイルがスマートハウスの代表とされ注目されています。

非常時の電源になる

これも太陽光発電の設置理由として多かったですが、太陽光発電は大規模な地震や停電などの時の非常用電源として使うことができます。

私は2011年3月11日に起きた東日本大震災の時、仙台で太陽光発電の営業をしていました。

⇒ 東北大地震の停電の時に太陽光発電が大活躍した話し

その後、お客様の状況確認で一軒一軒訪問点検をさせてもらいましたが、太陽光発電のおかげで炊飯器が使えた!とか、近所の人にもその電源を貸してあげたなど、多数の非常用電源の活躍を耳にしました。

あの時改めて、『太陽光発電の営業してて良かったぁ』って感じました。

また、最近では2018年9月に発生した北海道地震でもパワーコンディショナを自立運転にさせてスマートフォンの充電などに役にたったという声が多かったです。

⇒ 停電だけど我が家は大丈夫!太陽光発電の自立運転のやり方まとめ

なお、詳しい非常用電源(パワーコンディショナの)の使い方や選び方は別ページにまとめましたので、そちらのページを参考にしてください。
⇒ 太陽光発電のパワーコンディショナを全力で説明してみた

他の自然エネルギーと比べてメンテナンス費用が格段に安い

太陽光発電は稼働する部分がないのでメンテナンス費用が他の自然エネルギーと比べて格段に安いです!

太陽光発電の場合、10年間でだいたい5万円程度のメンテナンス費用なのに対して、住宅居よう風力発電では1kWあたり年間5,000円程度かかると言われていますので4kW設置されたお宅であれば年間20,000円の費用になり、10年間では200,000万円んも費用となります。

太陽光発電と比べると4倍の費用がかかるわけですね。

いかに太陽光発電のメンテナンス費用、維持費が安いかが分かっていただけたかと思います。

より詳しい太陽光発電のメンテナンス費用に関しては下記ページをご覧ください。
⇒ 【住宅用】太陽光発電のメンテナンスにかかる費用

太陽光発電のデメリット

太陽光発電を設置する事でのデメリット面もきちんとお客様に説明させてもらっていました。

また、当時はデメリットとして考えていませんでしたが、2018年現在になってデメリットとして浮上してきたものもあります。
最新の太陽光発電のデメリット事情をご紹介します。

設備の費用が高額

一昔前に比べるとだいぶ太陽光発電の価格は落ち着きましたが、それでもまだまだ太陽光発電は高額商品です。

⇒ 【2018年】太陽光発電の価格相場と推移

しかし、太陽光発電が他の家や車などの高額商品と違うのはただ消費するだけでなく、売電によってアナタの口座にお金が返ってきます。

ここの部分はシミュレーションを例を参考にしてもらえれば分かるかと思いますが、単純な出費にはならず、お宅によってはむしろ毎月プラスの収益を得ながら太陽光発電を設置できます。

高額商品ではありますが、支払い方法も一括での支払いと分割での支払いがあり(ソーラーローン)、約9割のお客様が分割での支払い方法を選択されていました。

太陽光発電は思い付きで買えるものではありませんが、それでもシミュレーションしてもらえれば太陽光発電の設置にかなり前向きになれるはずです。

実績が乏しい

太陽光発電のイメージはエコや売電のおかげで比較的良いお客様が多かったですが、それでも日本での実績は60年程度とまだまだ実績は乏しいです。

高額商品の実績が乏しいのはなんとも不安なデメリットであると言えます。

モジュールの出力機能や耐用年数(寿命)も記録更新中という状況です。

ちなみに、日本で一番古い太陽光発電は長崎県尾上島の灯台に設置されたシャープ製の太陽光発電になります。

⇒ シャープ太陽光発電の口コミ(※売電2万円いきました)

この太陽光発電は1959年に設置されたものになりますが。2018年現在でもしっかりと稼働しています。

悪徳業者が存在する

経済産業省資源エネルギー庁に寄せられた相談件数推移
参照元:経済産業省資源エネルギー庁

とても残念な事ですが、中には太陽光発電を法外な価格で提供している所やシミュレーションをいかにもメリットの出る計算式を使っている所があります。

⇒ 太陽光発電のローン返済シミュレーション【2018年最新版】

また工事がずさんな業者も存在します。

太陽光発電のクレームでも一番多いのは雨漏りなどの施工トラブルになります

太陽光発電を検討する時には、価格だけでなく販売店としての実績やサポート、メンテナンス、施工の実績なども考慮して比較検討する必要があります。

また、親御さんからの嬉しい声としては、子供がエコや環境について考えるきっかけになったと、よく聞きましたね。

全てのお宅でメリットの出る商品ではない

お隣の奥さんが太陽光発電がとても良い言っている。

だから私の家も、、、なんて安易に考えられるお客さまがいらっしゃいますが、一軒一軒屋根の大きさ、形、方角、角度が違いメリットの出方も違います。

お隣で使っているメーカーだからと安易に考えず、しっかりと3〜5メーカーの見積もりを取って比較検討して、自分の家に最適な太陽光発電を選ぶ事が大切です。

天候に左右される

太陽光発電の最大のデメリットと言っても過言ではないのが天気に左右されてしまう点にあります。

北海道や東北地方の方であれば雪の影響でパネルに雪が積もってしまうこともあります。雪がパネルを覆ってしまうと発電はゼロになってしまいますからね。

また、梅雨の時期なんかも発電量は弱いですし(曇りの日でも発電はゼロではありません)、太陽光発電パネルは熱に弱い性質を持っているので、夏場なんかは発電ロスも大きくなってきます。

このように天気に左右されて太陽光発電のパフォーマンスが上がったり下がったりしてしまいますが、私がお伝えしていたのは太陽光発電のパフォーマンスを一年を通してみてくださいということでした。

調子の良い時があって、悪い時もある!それをトータルで見たときにメリットがあれば検討してみてくださいって。

周辺環境に左右される

太陽光発電は太陽の光を電気に変える商品ですが、直射日光は必要なくてあくまでも太陽光の明るさ(明度)によって発電量が変わってきます。

その為、太陽光発電を設置してから自宅前に大きなマンションが建ってしまって発電量が落ちてしまうことも考えられるわけです。

マンションだけでなく、大きな木が育ってしまって発電量が落ちてしまうこともありますよね。

一応、太陽光発電を設置しているお宅には日照権という権利があり大型マンションの建設に対する意見を言う権利はありますが、そもそもそうゆう事態になる事自体がおっくうですよね。

FIT終了後の売電が確定されていない

現在(2018年11月時点)の太陽光発電では住宅用(10kW以下のシステム)で10年間、産業用(10kW以上のシステム)で20年間決められた価格で発電した電気を買い取ってくれるFIT制度(固定価格買取制度)の恩恵が受けられます。

ただ、この10年後、20年後の売電に関してはまだどのようになるのか定かではありません。

売電の向う先に関しては定かではありませんが、それでも2016年4月から施行された電力の自由化の影響で電力事業に名乗りをあげる企業もいくつもあることから売電に関しては問題なくメリットが受けられることになりそうです。

2019年にはFITが開始して10年経過するシステムが出てきますが、既に新電力であるスマートテック社では売電の継続が発表されています。

FIT終了後の売電に関しては、新電力も含めて一番メリットのある会社に決めるようにしましょう。

太陽光発電のメリット・デメリットまとめ

太陽光発電のメリットとデメリットをご紹介しましたが、一軒一軒メリットとデメリットに対する考え方が違っていました。

環境のメリットを一番に考えて太陽光発電を設置される方もいらっしゃれば、天候を気にしながら生活するのは嫌だから設置しないと言われる方もいらっしゃいました。

大切なのは何が自分にとってメリットと感じるのか、デメリットと感じるのかを整理して設置するしないを決めることです。

なので私も全ての方に太陽光発電は良いものです!とは言えないんですね。

ただ、最近の太陽光パネルの価格下落や性能のアップもあってメリットが出るお宅が一昔前に比べて多くなったのは事実です。

メリットの出方も変化していきますので、ご自分で定めたメリットが出るまで待つというのもアリでしょう。

その為にも、現在のあなたのお宅でどれだけの電気代が作れてどれだけの電気が売れるのかをシミュレーションしてもらう事をおすすめします。
おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ 《無料》タイナビ公式ホームページ