公開日: 更新日:

【2018年】太陽光発電の売電価格!

2018年の10kW以下(住宅用)の売電価格は26円

2018年の売電価格は26円?
参照元:再生可能エネルギーの現状と本年度の調達価格等算定委員会について | 経済産業省

太陽光発電を設置する醍醐味の一つとして、売電がありますが、この売電価格は毎年経済産業省の調達価格等算定委員会によって決まります。

調達価格等算定委員会では翌年の太陽光発電をはじめとする自然エネルギーの売電価格や今後のシステムの価格の目標値なども発表されますが、2017年の調達価格等算定委員会で2018年、2019年の売電価格の目安が既に発表されています。

それによると、10kW未満の2018年の売電価格は出力制御対応機器設置義務なし地域で26円、出力制御対応機器設置義務あり地域で28円とのことです。

2017年の売電価格から2円の下落となりそうです。

2019年における売電価格や設置のポイントは別ページにまとめました。
頑張ってまとめましたのでよろしかったら、そちらのページもご覧下さい。

⇒ 【2019年】太陽光発電の売電価格が24円でも逆にお得な理由

売電価格が2円下がると収益はどうなる?

もしも太陽光発電の売電価格が2円下落したら、設置者には年間でどの程度の影響があるのかシミュレーションしてみます。

東芝太陽光発電システム5.0kWの年間の発電量は5,829kWh(東芝カタログ数値参照)
⇒ 東芝太陽光発電の口コミ(※10年以内に費用が回収できそうです)

自家消費として3割の電気を消費し7割は売電とする。

【売電価格28円】
5,829kWh×70%×28円=114.248円

【売電価格26円】
5,829kWh×70%×26円=106,087円

売電価格が2円違うだけで、年間8,160円の差がでてくるわけですね。

太陽光発電の買取期間は10年になるので、売電価格が2円下がるだけでおよそ8万円程度の損ということになります。

今後の売電価格はさらに下がる?

経済産業省では今後の売電価格の目標まで発表されていて、それによると2020年以降早期に1kWあたりの売電価格を11円にまで下げるとのことです(10kW以上の産業用太陽光発電システムでは2030年で7円を目標にしています)。

これからは11円という目標に向かって年々売電価格は下がっていくことは間違いなさそうですね。

特に自然エネルギーの中でも太陽光発電は国からの助成なども手厚くして普及を促進していた経緯もあって、現在の売電価格でも世界的に見るとかなり優遇されている状況を考えると2020年以降は売電価格の下がり方も世界の標準に近づいていくことでしょう。

なるべく早く太陽光発電の設置に踏み切ったほうがトク?

太陽光発電はまだ早いなんて設置に二の足を踏んでいた人も、売電価格による損を考えたらそんなことも言っていられないですよね?

これからどんどん売電価格下がっていくことは誰の目にも明らかです。

また、最近ではパネルの進化もあって一昔前よりも小さくて発電力のある太陽光発電が登場してきて、今までメリットが出なかったお宅や、メリットが少なかったお宅にもメリットが出やすい状況となりました。

⇒ 屋根が狭くてもメリットがでるルーフィット設計とは?

売電価格が大幅に下がる前に、太陽光発電の設置をするのが10年間でみれば8万円程度得なことを考えても、これからはなるべく早く太陽光発電の設置を検討したほうがメリットは大きいと言えるでしょう。

⇒ 【シミュレーションあり】太陽光発電の売電収入例

というより、設置するしないの前に現在のシステムや売電単価でどれだけのメリットが受けられるのかシミュレーションしてもらってメリットがあるようだったら検討するようにしましょう。

なお、その際にはきちんと実績のある販売店で見積もりを取るようにしてください。

2018年の10kW以上(産業用)の売電価格は18円

10kW以上の産業用太陽光発電システムに関しては2018年2月に行われた経産省の『調達価格等算定委員会』で1kWあたり18円になると決定しました

2017年と比べると3円の下落となりました。

また今回の有識者会議であと数年で産業用の売電価格は10円前後にまで引き下げる意向であることも発表されています。

⇒ サラリーマンが産業用太陽光発電を設置する時の注意点

産業用に関しては住宅用と違い全量買取制度(発電した分は全て電力会社に売れるシステム)ですので、売電の額は非常に大切です。

ただ、産業用の場合には費用対効果でものを考えることが大切ですので、売電の下落とともにシステム全体の価格が下落している現状ではむしろ今年のほうがメリットがあったりもします。

売電の額にまどわされずにシステムの総額と売電との兼ね合い(年利)でメリットの確認をするようにしましょう。

2018年売電価格まとめ

残念ながらこれから年々売電価格は経済産業省が定めた目標額1kW11円という額に向けて下がっていきます。

売電価格の下落は太陽光発電の魅力の低下を意味します。

一昔前は売電価格も高かったですが、同時に太陽光発電の価格も高い状況でした。

しかし、現在は太陽光発電の価格も落ち着いてきて売電もそこそこあるという、言わば理想的な状況と言ってもよいでしょう。

太陽光発電の売電単価はこれから年々下がっていきます。

ただ、太陽光発電は屋根面積がそこそこあり、日当たりが良いお宅であればメリットが受けられるお宅がほとんどです。

後悔しないためにも設置検討は、現在の自分のお宅の状況を確認してからにしましょう。
おすすめのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか30秒であなたのお住いからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用の際は『ご意見・ご要望をご記載ください。』の欄に『最安値の販売店を希望しています。』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。

この方法で最大104万円も安く太陽光発電が設置できた方もいるなど、タイナビは利用するだけでとてもお得なサービスです。

利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

⇒ 《無料》タイナビ公式ホームページ