【完全保存版】サンパワー太陽光発電の特徴・シュミレーション・保証

サンパワーの太陽光発電の長所

保証が充実している

モジュール(パネル)の性能が高い

デザインがカッコイイ

なんと言ってもサンパワーの一番の魅力は世界最高水準の太陽光発電モジュール(パネル)にあります。

2016年上旬に発売される最新モデルでは公称最大出力345W、最大モジュール変換効率21.2%と世界最高性能です。

加えて、その高い性能の太陽光発電モジュールを25年間も保障するという安心感もあります。

高い発電量の確保の為に、セルとセルの間のグリッドライン(金属接着のライン)も消し真っ黒な洗練されたデザインも魅力の一つです。

サンパワーの太陽光発電の短所

実績が乏しい

モジュールの種類が少ない

高い性能を誇るサンパワーの太陽電池ですが、こと日本での実績は他のメーカーと比べると乏しいというのが正直なところです。

また、モジュールの種類も少ないので切り妻屋根などの太陽光発電向きの屋根には適しますが、日本に多い寄せ棟屋根などでは適さない場合もあります。

サンパワー太陽光発電メーカー保証内容

モジュール出力保証25年(無料)

機器保証25年(無料)

サンパワーの保障は実にシンプルです。

25年間の間に何か不具合が出た場合には、無償で対応してくれます。

ちなみに発電量は、当初の5年間の発電量の95%を出力保障として保障してくれます^^

機器保証の対象機器は以下になります。

  • 太陽電池モジュール
  • パワーコンディショナ
  • 接続箱
  • ケーブル
  • 架台

とにかく製品に自信があるからこその、手厚い保障です。

サンパワーの太陽光発電シュミレーション例

《東京都に5.06kWシステムを設置した場合》

  • 250Wモジュール(SPR-250NE-WHT-J)20枚
  • パワーコンディショナ(TPV-PCS0550B)1台
  • 真南設置
  • 屋根傾斜30°

発電量・・・6,021kwh

サンパワーの太陽光発電はこんな方におすすめ

とにかく発電量にこだわる人にはおすすめのメーカーと言えるでしょう。

私も現在(2016年現在)の『太陽光発電のおすすめはどこ?』と聞かれたらサンパワーと答えます。

発電量だけでなく、耐久性も他のパネルよりも強いです。

他のメーカーの太陽光発電よりも頭一つ抜きに出て高性能と言えるでしょう。

まとめ

サンパワーは太陽電池を扱っているメーカーになり、その他のパワーコンディショナだったり、カラーモニタだったりは扱っていません。

従って主にOEM(相手先ブランドによる製造のこと)での提供になり、市場では名前を変えて販売されています(日本メーカーでは東芝と提携しています)。

日本でサンパワー製の太陽光発電を考えるのであれば東芝にお願いする事になります。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム