太陽光発電を構成する5つのシステムと仕組み

太陽光発電というと屋根の上にあるモジュール(パネル)にばかり目がいきがちですが、モジュールだけでは太陽光発電は作動しません。

太陽電池が太陽の光を受けて家で電気を自家消費し余った電気は電力会社に売る、その一連の仕組みの事を太陽光発電システムと言います。

太陽光発電システムを構成する装置一式をご説明します。

モジュール(パネル)

住宅用であれば屋根の上にある黒っぽいパネルが太陽電池です。

モジュールはシリコンの結晶で構成されています。

太陽光発電システムにおいて一番重要な役目である電気を作る働きをしてくれます。

パワーコンディショナ

モジュールで作られる電気は『直流電流』になりますので、これを家庭で使える『交流電流』に変換する変換機です。

太陽光発電システムの縁の下の力持ち的な役割を担ってくれます。

また停電時などでは、パワーコンディショナを自立運転モードにすることでモジュールで発電した電気で生活することもできます。

『パワコン』と略して使われる事もあります。

自立運転モードに関してはコチラ → 太陽光発電は停電のとき使えますか?

接続箱

モジュールで作った電気(直流電流)を一つに集めて、パワーコンディショナに送る箱です。

あまり目立つものではありませんが、太陽光発電システムでは欠かす事ができません。

また狭い屋根や入り組んでいる屋根ではメーカーが定める最低システム数が確保できないことがあります。

そんな時には昇圧回路付き接続箱を使用する事で、太陽光発電が設置できたりと、優れた活躍をしてくれたりもします。

電力量計(売電メーター)

通常のご家庭であれば電気の使用メーターが外壁に取り付けられている事と思いますが、太陽光発電システムを設置すると新たなに電気を売る売電メーターが取り付けられます。

見た目は現在設置されているメーターとほとんど一緒です。

この電力量計によって自動的に売電額が計算されて、その収入が口座に振り込まれます。

売電メーターは10年事に交換する事が義務づけられています。

交換費用はお住まいの地域によって変わります。

売電メーターの交換費用についての詳しい内容はこちらを参考にしてください。

カラーモニタ

リアルタイムで現在どれだけの電気を消費しているか、どれだけ屋根の上で発電してくれているか、どれだけの電気の量が売れているかを映し出してくれるモニターです。

カラーモニタは必ずしも太陽光発電に必要なものではありませんが、カラーモニタがあるのとないのでは太陽光発電のメリットの出方が変わってきます。

このことから大概のお宅では導入しています。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近い最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

ご利用は無料です^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム