太陽光発電の出力制御とは一体なに?

出力制御とは

2010年に国が太陽光発電の普及をもくろんで、太陽光発電で作って余った電気の価格(買い取り価格)をそれまでの倍の48円に設定した事によって太陽光発電の認知度が高まりました。

現時点(2015年4月時点)での買い取り価格は33円(出力制御機器設置義務地域は35円)とだいぶ下がってしまいましたが、そのぶん太陽光発電の価格自体が安価になってきたこともあって(参考:太陽光発電の価格相場と推移)着々と日本における太陽光発電のシェアは増えてきました。

しかし、そんな増えた太陽光発電によって、電力会社の電気を作る量(厳密には太陽光発電によって作られた電気を買い取った電気)と各家庭に提供する使う量とのバランスが崩れてしまう恐れがでてきました。

この作る量と使う量は常に一定に揃えていないと、最悪の場合、電力会社が管轄する地域全域による大停電が起きます。

これを防ぐ為に経済産業省が、2015年1月から各電力会社ごとの接続可能量を設定し、それを越えて発電する太陽光発電システムに関しては売電を抑制(一旦中止)することを出力制御といいます

ちなみに、出力制御はパワーコンディショナに内蔵されている対応機器によって、電力会社が制御をかけます。

2015年に発売されているモデルであれば、ほとんど全て内蔵されていますが、一部内蔵されていないものもあります。

現在は、全国で出力制御対応機器の設置が義務化されていませんが、今後の事も踏まえて考えると、出力制御対応機器が内蔵されているパワーコンディショナにしておくほうが無難かと思います。

出力制御ルール

各地域の接続可能量を上まわった場合の措置として3つのルールが適用されます。

《30日ルール》
年間30日以内で接続制御を実施するルール。

《360時間ルール》
年間で360時間以内で接続制御を実施するルール。

《指定ルール》
無制限に接続制御を実施するルール。

いずれのルールも出力制御機能付きのパワーコンディショナや付属の出力制御機器によって自動で実施され、自動で解除されます。

各地域の接続可能量と制御条件

太陽光発電を検討する人にとって出力制御はネックになる取り決めですが、全ての地域で同じように出力制御がかかるわけではありません。
電力各社の接続可能量、接続申込量の状況についての詳細
参考:再生可能エネルギー特別措置法施行規則の一部を改正する省令と関連告示を公布しました | 経済産業省

赤枠で囲った各電力会社の接続可能量を上回った場合に出力制御が行われます。

この数値は各電力会社が2011~2013年度の天候等に基づく出力実績と接続可能量算定時の太陽光発電・風力発電の出力想定をもとに太陽光発電の出力制御の見通しを算出しています。

接続可能量を上回った場合の措置としては10地域を4つのグループに分けて出力制御されます。

〜10kW 10kW〜50kW 50kW〜500kW 500kW以上
東京

中部

関西

出力制御対象外 出力制御対象外 平成27年4月1日以降に接続申し込みする案件から360時間ルールが適用される。 平成27年1月26日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。
北陸

中国

平成27年4月1日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 平成27年4月1日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 平成27年1月26日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 平成27年1月26日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。
四国

沖縄

平成27年4月1日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 平成27年1月26日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 平成27年1月26日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 平成27年1月26日以降に接続申し込みをする案件から360時間ルールが適用される。ただし、接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。
北海道

東北

九州

平成27年4月1日以降に接続申し込みする案件から指定ルールが適用される。 接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。 接続可能量超過後に接続申し込みをしたと認められる案件からは指定ルールが適用される。

出力制御による影響度

東京、中部、関西地方にお住まいの住宅用太陽光発電システム(10kW以下)を設置のお宅は出力制御対象外になりますのでほぼ関係のない話しになります。

それ以外の地域の方には心配になる話題になりますが、実際の所どの程度の影響がでるものでしょうか?

2013年データによる所で言うと各地域の影響度は下記のようになります。

  • 北海道・・・26日の制御(抑制率2.9%)
  • 東北・・・20日制御(抑制率4.6%)
  • 北陸・・・23日制御(抑制率3.3%)
  • 中国・・・17日制御(抑制率1.3%)
  • 四国・・・19日制御(抑制率4.5%)
  • 九州・・・16日制御(抑制率4.2%)
  • 沖縄・・・0日制御

あくまでも参考程度のデータになりますが、経済産業省が発表した新エネルギー小委員会(第8回)によるものです。
参考:総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会(第8回)‐配布資料

気にするべきは各地域の抑制率です。

一番高い地域で東北地方になるわけですが、単純に4.6%の売電収入が減る計算になります。

お住まいの地域の出力制御条件を加味して太陽光発電を検討してみてください。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近い最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

ご利用は無料です^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム