太陽光発電は出力保証と日照補償があるから恐くない!

太陽光発電を設置したする際の一番の不安な点は、本当に発電してくれるの?、ではないでしょうか?

また、天気が悪い日が続いちゃったら発電してくれなくて損しちゃうんじゃないの?というお客さまもいらっしゃいました。

いや、分かります、その気持ち!

そりゃあそうです!あんなに高い買い物をして『やっべ、失敗しちゃった』じゃ済みませんもんね^^;

ただ、私達がどんなに『大丈夫です!』と言ったところで、実際に発電してみなければ実感できませんし、頭で理解しようとしても不安が残るのも無理ありません。

そこで、太陽光発電には出力保証と日照補償という保障制度があります。

納得して設置する為にも出力保証と日照補償をきちんと理解しておきましょうね^^

出力保証

出力保証とは、メーカーが一定期間モジュール(パネル)の発電量を保証してくれて、それを下回るようだったら無償で修理、交換してくれるサービス
シャープの場合の出力保証は下記のようになります。

保証期間 モジュール最大出力の下限値(公称最大出力の90%)
引き渡し日から10年 90%
11年〜15年 85%
16年〜20年 80%

《例》
引き渡し日から10年以内のシャープ4.2kWシステム(210Wモジュール(NQ-210AD)20枚)を設置した場合の出力保証値は以下のようになります。

4.2kW×0.9=3.78kW(モジュール最大出力の下限値)

3.78kW×0.9=3.4kW

シャープ4.2kWシステムを設置した場合の出力保証値は3.4kWになります。

この値を下回るようだったら無償で修理、交換をしてくれるサービスが各メーカーの出力保証というサービスになります。

期間だったり値は各メーカーで定められているので、ご検討のメーカーの出力保証値を確認しておきましょう。

日照補償

日照補償とは、日差しが平均日照時間に満たない場合(気象庁テータ)は日照補償制度として現金が支給される制度です。

当サイトで日照補償のサービスがあるのはQセルズになります。

Qセルズでは最大で5万円の現金が日照補償によって支給されます。

⇒ Qセルズ太陽光発電の特徴・シュミレーション

またメーカー以外では、各販売店が独自のサービスとして日照補償を付与していケースがあります。

太陽光発電設置に関して不安がある方は、このような保障が充実しているメーカーや販売店を選ぶ事も大切ですよ^^

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト

当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ比較

太陽光発電主要メーカー比較

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム