何kWのシステムを設置したらいいの?おすすめは何枚?

最低でも4kW〜5kW程度のシステムは欲しい

太陽光発電を設置する理由は人それぞれですが、太陽光発電の魅力の一つに光熱費ゼロ住宅が目指せるという事があります。

※ここで言う光熱費ゼロ住宅とは買電と売電気の相殺のことを指します。詳しくは下記記事をご覧下さい。

⇒ 一日の発電リズムを理解して光熱費ゼロを目指しましょう

確かに太陽光発電は少量のシステムを設置してもメリットは受けられますが、どうせ設置されるならよりメリットの大きいシステムを選ぶべきですよね?

でも本当に発電するか不安だから、、、

その気持ちも分かります。

実際に私のお客様でも最初、少量のシステムを設置される方もいらっしゃいました。

しかし、そのお宅のほぼ100%はシステムの増設に踏み切られていました。

私が屋根一杯に太陽光発電の設置をすすめるワケ

家の前に大木があってシュミレーション通りに発電する不安だからとか、家の前に大きなマンションが建ちそうだから発電状況が悪化しそうなどの理由があれば別ですが、そのように特別に太陽光発電の設置にマイナスなお宅でなければ、私は屋根一面に太陽光発電を設置する事をおすすめしています。

太陽光発電が他の商品と決定的に違う点として、太陽光発電自体がお金を稼いでくれる点にあります。

大きな金額を支払って商品を買っても、太陽光発電自体がその商品代金を自分で稼いでくれるとしたら?

もちろん、これに関しては一概には言えません。

一概には言えませんが、だいたいのお宅でメリットの出る条件にあるのが現在の太陽光発電の現状です。

何kwとか具体的な数字は家の屋根の大きさや形が違いますし、家庭ごとにライフスタイルも違うので一概には言えませんが、目安としては4kW〜5kW程度のシステムは欲しい所です。

だいたい4kW〜5kW程度のシステムであれば家族4人くらいの電気代くらいは稼いでくれます。

⇒ 一般家庭(4人家族)で使う電気代を太陽光発電でまかなう事は可能なの?

しかし、これはあくまでも目安になりますので参考程度にしてください。

設置する枚数も大切ですが、本当に大切なのは発電メリット

現在の太陽光発電システムでは各メーカーが定める最低枚数を満たして設置出来る屋根(土地)があれば、よっぽど周辺環境が悪いお宅でなければ少量のシステムでもメリットは出ます^^

ここでメリットとは、太陽光発電を設置する費用と太陽光発電で発電する電気代(自家消費分+売電)がそれほど大差ない状態になるということです。

本当に自分のお宅がこのようなお宅に該当していたとしたら太陽光発電を設置しない手はありませんよね?

なので、太陽光発電を設置する、しないに関わらず自分の家でどれだけの電気代が作られてシステムの価格はどれくらいで、費用対効果はどのくらいでなどの発電メリットを見ておくのが賢明です。

何kWの太陽光発電を設置したらいいのかというのは、シュミレーション結果を見てから決めたほうがいいでしょう^^

当サイトでもシュミレーション例を掲載しているので、よかったら参考にしてください。

⇒ 元営業マン直伝!究極のローン返済シュミレーション

都道府県別補助金