太陽光発電の設置工事期間は一日!注意点は?

設置工事期間半日

太陽光発電の設置工事期間はだいたい半日程度です

太陽光発電と聞くと大規模な工事を想像される方もいらっしゃるかと思いますが、太陽光発電の設置工事はおよそ半日程度で完了します。

当日施工する人数も3〜4人と言ったところです。

ただ、設置工事の前に家に足場を組みます。

この足場を組む作業自体も半日程度で完了しますが、施工業者の日程によって足場をかけてから一週間ほどして施工にとりかかる所もあります。

また、太陽電池モジュールの設置は屋根での工事になりますので、施行中に雨や風などが強くなってくると施工の中断をせざるを得なくなります。

そうなると施工が二日に渡ることもありますが、なにもない日であれば半日程度で完了します。

ちなみに太陽光発電を設置すると、近所でちょっとした話題になります^^

派手にその日を迎えたい方は祝日や休日、粛々と行い方は平日に行う事をおすすめします^^

足場を組まずに施工する業者は要注意?

太陽光発電の設置はどんな施工法でも屋根への設置に関しては足場を組んでから行うのが通常です。

それはきちんと法律で決まってるんですね。

労働安全衛生規則第518条
事業者は、高さ二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部を除く)で作業を行う場合において墜落により労働者に危険をおよぼすおそれのあるときは足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない。

もちろんこの法律に関しても、施工業者は知っています。

太陽光発電の施工に関しては誰でも行えるわけではなくて、各メーカーが発行する施工IDを取得せずに施工してしまってもメーカー保障が受けられません。

ちなみに施工IDの取得は、15日間の研修期間が必要で費用は22万円程度になります。

このように法律で決まっている事に関しても、安さをウリにするような販売店は施工費を少しでも削る為に、足場を組まずに施工する業者もいます。

だけどこれって消費者側からしたら安くなるんだからいいんじゃないの?って感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、よく考えてみて下さい。

足場を組む必要があるのは労働者保護のためです。

屋根の上って万が一のこともある危険な場所です。

そこで作業する労働者を守ろうとしない会社の精神には私は共感できませんし、施工会社にそのような所を使っている販売店も私は信用しません。

現に太陽光発電においての一番のトラブルの原因は施工によるものです。

設置してからトラブルになるより、トラブルのニオイがする業者とは付き合わない事が賢明ですね。

太陽光発電を安く導入したい人にオススメのサイト
当サイトでは太陽光発電をなるべく安く設置したい人に、わずか1分であなたのお住まいからなるべく近くて最安値の販売店を見つけてくれるタイナビをオススメしています。

タイナビを利用した事で最大104万円安く太陽光発電が設置できた例もあります!

タイナビのご利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください^^

⇒ タイナビ公式ホームページ

全国の販売店の口コミ・評判

太陽光発電主要メーカー

東芝太陽光発電システム


シャープ太陽光発電システム


パナソニック太陽光発電システム


京セラ太陽光発電システム


三菱太陽光発電システム


ソーラーフロンティア太陽光発電システム


サンテック太陽光発電システム


カナディアン・ソーラー太陽光発電システム


フジプレアム太陽光発電システム


ソラキューブ太陽光発電システム


キングダムソーラー太陽光発電システム


Qセルズ太陽光発電システム


トリナ・ソーラー太陽光発電システム


RECソーラー太陽光発電システム


LIXIL太陽光発電システム


サンパワー太陽光発電システム


長州産業太陽光発電システム


アブリテック太陽光発電システム